著者
岡本 一毅 奥西 淳二 渡邉 幸彦 西原 豊 池田 雅裕
出版者
一般社団法人 日本環境感染学会
雑誌
日本環境感染学会誌 (ISSN:1882532X)
巻号頁・発行日
vol.25, no.2, pp.68-72, 2010 (Released:2010-06-05)
参考文献数
12
被引用文献数
2 or 0

現在,アルコールベースの消毒薬は手指衛生において重要な役割を担っている.しかし,臨床的なニーズを充足できていない点も有している.その一つとして,近年その感染拡大が社会問題となっているノロウイルスなどのノンエンベロープウイルスに対する薬効が挙げられる.今回,我々はアルコールに有機酸と亜鉛化合物を組み合わせた処方を用いノンエンベロープウイルスに対する薬効(in vitro)と皮膚刺激性(in vivo)に着目した検討を行った.アルコールに有機酸を添加した処方では,ネコカリシウイルスに対して接触時間30秒以内に4 log以上の不活化効果を示したが,アデノウイルスに対しては消毒用エタノールと同程度の薬効であった.一方,アルコールに有機酸と亜鉛化合物を添加した場合,ネコカリシウイルスとアデノウイルスの両ウイルスに対して30秒以内に4 log以上の不活化効果を示し,消毒用エタノールよりも優れた薬効を示した.また,ウサギ皮膚を用いてこれら処方の皮膚刺激性試験を実施した結果,アルコールに有機酸と亜鉛化合物を組み合わせた場合,刺激をほとんど示さないことが明らかとなった.このように,アルコールに有機酸と亜鉛化合物を組み合わせた処方は,ノンエンベロープウイルスに対して従来にない有効性を示すと共に,スキンケアの観点から皮膚への刺激にも配慮した新しいアルコールベースの消毒薬を創出できる可能性が示唆された.
著者
奥西 淳二 長原 弘毅 辻谷 久美子 松瀬 仁 久川 和之 曽我 学
出版者
公益社団法人 日本薬学会
雑誌
YAKUGAKU ZASSHI (ISSN:00316903)
巻号頁・発行日
vol.136, no.9, pp.1233-1242, 2016 (Released:2016-09-01)
参考文献数
26

Environmental cleaning and disinfection plays an important role as a part of the standard precautions to prevent healthcare-associated infections, whereas hand hygiene is one of the most important strategies for breaking the chain of transmission. Cleaning and disinfection of high-touch areas in a health-care facility is emphasized. And wiping with an alcohol-saturated cloth which has features such as low corrosion and a wide range of antimicrobial activity is performed commonly for this purpose. Although alcohol provides immediate activity against enveloped viruses, its virucidal activity against certain non-enveloped viruses, including norovirus, is insufficient. We created a novel alcohol-based hand rub, MR06B7, which is safe for the skin, and is active against an extended spectrum of microorganisms including non-enveloped viruses. For environmental surface disinfection, a novel disinfectant MR13B15, which is based on MR06B7, has been developed. In vitro antimicrobial activity against a variety of pathogens, material compatibility, and simulated surface disinfection and decontamination efficacy of MR13B15 were investigated. According to the results, MR13B15 demonstrated potent bactericidal, fungicidal, mycobactericidal, and virucidal activity within a short contact time in addition to superior efficacy against non-enveloped viruses compared to ethanol for disinfection. Moreover, MR13B15 showed better material compatibility. Two simulation tests conducted for evaluating the disinfection and decontamination potency on environmental surfaces against feline calicivirus, a surrogate for norovirus, indicated that MR13B15 had superior efficacy for surface treatment compared to ethanol. These findings suggest that MR13B15, which satisfies most requirements of an environmental surface disinfectant, may contribute to accomplishing advanced standard precautions in preventing infections.
著者
岡本 一毅 奥西 淳二 渡邉 幸彦 西原 豊 池田 雅裕
出版者
Japanese Society for Infection Prevention and Control
雑誌
日本環境感染学会誌 = Japanese journal of environmental infections (ISSN:1882532X)
巻号頁・発行日
vol.25, no.2, pp.68-72, 2010-03-25
参考文献数
12
被引用文献数
1 or 0

現在,アルコールベースの消毒薬は手指衛生において重要な役割を担っている.しかし,臨床的なニーズを充足できていない点も有している.その一つとして,近年その感染拡大が社会問題となっているノロウイルスなどのノンエンベロープウイルスに対する薬効が挙げられる.今回,我々はアルコールに有機酸と亜鉛化合物を組み合わせた処方を用いノンエンベロープウイルスに対する薬効(<i>in vitro</i>)と皮膚刺激性(<i>in vivo</i>)に着目した検討を行った.アルコールに有機酸を添加した処方では,ネコカリシウイルスに対して接触時間30秒以内に4 log以上の不活化効果を示したが,アデノウイルスに対しては消毒用エタノールと同程度の薬効であった.一方,アルコールに有機酸と亜鉛化合物を添加した場合,ネコカリシウイルスとアデノウイルスの両ウイルスに対して30秒以内に4 log以上の不活化効果を示し,消毒用エタノールよりも優れた薬効を示した.また,ウサギ皮膚を用いてこれら処方の皮膚刺激性試験を実施した結果,アルコールに有機酸と亜鉛化合物を組み合わせた場合,刺激をほとんど示さないことが明らかとなった.このように,アルコールに有機酸と亜鉛化合物を組み合わせた処方は,ノンエンベロープウイルスに対して従来にない有効性を示すと共に,スキンケアの観点から皮膚への刺激にも配慮した新しいアルコールベースの消毒薬を創出できる可能性が示唆された.<br>