著者
座間味 義人 相良 英憲 萱野 由佳 小山 敏広 白石 奈緒子 江角 悟 鵣川 豊世武 千堂 年昭 氏家 良人 名倉 弘哲
出版者
一般社団法人 日本臨床救急医学会
雑誌
日本臨床救急医学会雑誌 (ISSN:13450581)
巻号頁・発行日
vol.19, no.3, pp.461-465, 2016-06-30 (Released:2016-06-30)
参考文献数
9
被引用文献数
1

エダラボンを用いた治療は患者の神経学的予後を改善する一方,急性腎障害発現のリスクがあると報告されている。本研究はエダラボン投与による急性腎障害発現を予防するために,エダラボン投与時の患者背景から危険因子を解析することを目的とした。岡山大学病院においてエダラボンが投与された患者を対象に,患者基本情報およびエダラボン投与情報,血液検査結果を電子カルテより遡及的に調査した。調査データから単変量解析を実施し,抽出した因子を用いて二項ロジスティック回帰分析を行った結果,感染症の併発が,エダラボンによる急性腎障害発現の有意な危険因子(予測因子)であることが示唆された。したがって,感染症の所見がある患者にエダラボンを投与する際は,急性腎障害発現に留意する必要がある。
著者
座間味 義人 小山 敏広 今井 徹 武本 あかね 相良 英憲 千堂 年昭 名倉 弘哲
出版者
公益社団法人 日本薬学会
雑誌
YAKUGAKU ZASSHI (ISSN:00316903)
巻号頁・発行日
vol.136, no.7, pp.987-991, 2016 (Released:2016-07-01)
参考文献数
6
被引用文献数
1

Pharmacists are expected to be active members of the healthcare team in emergency medicine, because many pharmaceuticals are administered to patients with life-threatening conditions. However, adequate education for pharmacists and pharmacy students is not provided. The “Emergency Pharmaceutical Sciences” course was introduced for the first time in Japan by the Department of Pharmacy, Okayama University, to offer advanced education in emergency medicine and research related to critical care. We offer an emergency pharmaceutical training program with high-performance simulators and have succeeded in improving the clinical skills and confidence of pharmacy students. In this review, we introduce our activities intended to mold pharmacy students into emergency pharmacists who can contribute to emergency medicine.