著者
竹井 巖
出版者
北陸大学
雑誌
北陸大学紀要 (ISSN:21863989)
巻号頁・発行日
no.46, pp.1-18, 2019-03-31

江戸時代の加賀藩では、「手木足軽」という職制があった。この手木足軽は、藩の庭園管理を主務とし、藩の荷物運搬にも携わっていた。この足軽は、「大男」で「剛力」であることが資質として求められ、「剛力」に関する特異な逸話も伝えられている。特筆すべき事として手木足軽は、金沢城の玉泉院丸庭園にあった雪を貯蔵する「氷室」の管理維持を担当しており、藩の雪氷利用を担当する技術職集団であったことである。この「手木足軽」と「氷室」について、加賀藩資料の関連記事を整理して論じた。
著者
竹井 巖
出版者
北陸大学
雑誌
北陸大学紀要 (ISSN:21863989)
巻号頁・発行日
no.46, pp.1-18, 2019-03-31

In the Edo era, there were the foot soldiers “Teko-Ashigaru” in the Kaga domain.They had been engaged in managing the gardens in Kanazawa castle and carryingofficial cargoes of the domain. They had to have the necessary qualities of big andstrong men; it was known that they“Teko-Ashigaru” had a lot of anecdotes about verystrong men. In addition, they had maintained the snow cellar "Himuro" situated in the“Gyokusenin-Maru” garden of Kanazawa castle, and were probably technical experts attaking care of the snow-ice stored in the domain. Matters of the “Teko-Ashigaru” and"Himuro" were collected and discussed by using historical documents connected withthe Kaga domain.