24 0 0 0 OA 大姫・乙姫考

著者
野村 育世
出版者
ジェンダー史学会
雑誌
ジェンダー史学 (ISSN:18804357)
巻号頁・発行日
vol.4, pp.17-29, 2008 (Released:2011-12-20)
参考文献数
15

It was customary in Japan from the Heian period on to use names for children that expressed the birth order of the siblings. Thus male children were called Taro (for the eldest) and Jiro (for a second son), and daughters were given names like Ohime (for the eldest daughter) and Otohime (for the second daughter). This essay will consider the significance of using such birth-order names for daughters, in spite of the fact that in principle inheritance went only to sons. This examination will clarify the roles of daughters in the medieval family, and changes that occurred over time. Finally I will consider the images that are attached to these names—Taro, Jiro, Ohime and Otohime.In the Heian and the Kamakura periods, Ohime was used for a legitimate daughter who was expected to live to serve her father's family, and sometimes this would in fact involve great sacrifice. This is the picture of "Ohime's" life as described by Baba Akiko. On the other hand, this daughter also exercised authority in the family, and as the beloved daughter of the father she would receive property as inheritance. In this kind of family, the younger daughter Otohime was simply seen as "a spare" in case something happened to her elder sister.This practice of using birth-order names disappeared toward the end of the Kamakura period. Along with the disappearance of the name, the authority that the elder sister had exercised was taken over by the eldest son. This was the beginning of an era in which "legitimate daughters" were no longer present.The "Oto" character, which has been used for a name for a younger sister, came to be applied to young women regardless of birth order. However, in the stories from this period, the "Otohime" have no obligations to their father's families. In the latter part of the medieval period, women who were driven out of their own families at the time of marriage, were all a kind of "younger daughter."In stories from this period, the love object of Otohime is Taro, the eldest son. However, it is important to note that this "Otohime" does not refer to a younger daughter.This essay thus looks at the shift from the "Age of Ohime" to the age of "Otohime"—or to the age in which Taro, the eldest son, becomes more powerful.
著者
野村 育世
出版者
国際日本文化研究センター
雑誌
日本研究 = NIHON KENKYŪ (ISSN:24343110)
巻号頁・発行日
vol.62, pp.9-34, 2021-03-31

有田焼の創始者の一人百婆仙は、豊臣秀吉の朝鮮侵略の際に、武雄の領主後藤家信配下の廣福寺別宗和尚に連れられ、被虜人として、夫の宗傳と共に渡来した。夫婦は内田に土地を与えられて陶器を焼いた。夫の死後、百婆仙は一族を率いて有田に移住し、磁器生産に励んだ。96 歳まで生き、1656 年に死去した。百婆仙は有田焼の創始者の一人であるにもかかわらず、これまでほとんど知られてこなかった。本稿は、百婆仙についての研究史を整理し、史料の紹介、校訂、読解を試みたものである。 百婆仙研究の嚆矢は久米邦武の仕事である。久米は百婆仙の碑文を校訂して紹介した。1930 年代後半になると、日本史の人名辞典に百婆仙が立項されたが、その背景には当該期の政策の中で植民地朝鮮の人物を国史に包摂していく方向性があった。戦後の辞典では韓国史上の人名は除かれたが、日本の伝統工芸の祖である百婆仙たちまでが削除された。1970年代になると、小説家が書いた『肥前おんな風土記』が百婆仙を取り上げたが、その虚実入り混じった内容は今もなお強い影響を残す。21 世紀の現在、日韓の市民の間で百婆仙に対する関心が高まっているが、学術研究においては出遅れている。 百婆仙の史料は、没後50 年に曾孫が建立した法塔が唯一のものである。原本は磨滅しているが、久米による写しが存在する。『後藤家御戦功記』新写本にも掲載されている。それらの写しと、碑文に残るわずかな文字を元に校訂を試みた。 碑文からわかる百婆仙の容貌は、眉を抜かず、耳にピアスの穴の跡があった。夫の宗傳(法名。日本名深海新太郎)の名について、近年「金泰道」とする説が出されたが、これは百婆仙の戒名を誤読したことによる謬説である。 最後に、百婆仙夫妻の渡来事情について、『後藤家御戦功記』新写本の解説と、碑文そのものの内容を比較すると、彼らが朝鮮において陶工であったのかなかったのか、後藤家信は彼らが陶工だから連れて来たのか、はたまた無差別な拉致であったのか、という議論を喚起しうる。 以上、現段階で可能な基礎的考察を試み、今後は科学技術を応用した碑文の読解が望まれること、国際的な学術交流が必要であることを展望した。さらに、韓国と日本のジェンダー史の流れを比較しつつ、2 つの社会を生きた百婆仙のジェンダー史上での立ち位置を考察することを、提唱した。