著者
Takuya MAKI Miho INOUE-MURAYAMA Kyung-Won HONG Eiji INOUE Masami MAEJIMA Norio KANSAKU Yuichi TANABE Shin'ichi ITO
出版者
Japanese Society of Animal Breeding and Genetics
雑誌
The Journal of Animal Genetics (ISSN:13459961)
巻号頁・発行日
vol.36, no.2, pp.95-104, 2008-12-01 (Released:2010-03-18)
参考文献数
20
被引用文献数
1 1

日本犬標準6品種 (柴犬、紀州犬、四国犬、北海道犬、甲斐犬、秋田犬) の中で、柴犬は飼育数も多く最も馴染み深い。柴犬には、信州柴犬 (日保系・柴保系) 、山陰柴犬、美濃柴犬の3内種が存在し、形態や性格が異なる。先行する日本犬研究の多くは、柴犬の3内種を区分けしないで扱ってきたため、各内種内の遺伝的多様性や、内種間の遺伝的分化の程度は明らかでない。本研究では、柴犬3内種 (信州柴犬/日保系、信州柴犬/柴保系、山陰柴犬、美濃柴犬の4集団) に、比較として加えた7品種 (北海道犬、秋田犬、四国犬、薩摩犬、琉球犬、日本スピッツ、ラブラドール・レトリーバーの7集団) の計11集団、合計430頭に対して、マイクロサテライト17座位を用いて、解析した。用いた17座位による柴犬3内種 (4集団) の期待ヘテロ接合度の平均は、信州柴犬/日保系が0.641、信州柴犬/柴保系が0.480、山陰柴犬が0.508、美濃柴犬が0.588であり、他の7犬種の平均0.603と、大きく異ならない値を示した。また、柴犬3内種 (4集団) 問の遺伝的分化の程度は高度に有意であった (P<0.Ol) 。11集団間の枝分れ図では、柴犬の3内種 (4集団) は相互に近い位置関係を示したが、山陰柴犬は、他の2内種 (3集団) からはやや離れた位置関係にあった。この結果から、山陰柴犬は、信州柴犬 (日保系・柴保系) や美濃柴犬と異なる可能性が考えられた。また、柴犬3内種 (4集団) に属する個体問の枝分れ図では、個々の内種内は遺伝的に密にまとまっており、 (社) 日本犬保存会【日保】と天然記念物柴犬保存会【柴保】両系の問にも明確な差が認められた。このことから、各内種を保存・育成する会で、独自に血統が保持されてきたことが示唆された。今回の結果から、柴犬3内種 (4集団) 問は統計的に高度に有意な遺伝的分化を示しており、今後の研究では、柴犬は3内種 (4集団) 別に区分けして取り扱う必要がある、と考えられる。
著者
Yusuke HORI Takatoshi OZAKI Yoshimitsu YAMADA Teruaki TOZAKI Heui-Soo KIM Ayaka TAKIMOTO Maiko ENDO Noboru MANABE Miho INOUE-MURAYAMA Kazuo FUJITA
出版者
日本ウマ科学会
雑誌
Journal of Equine Science (ISSN:13403516)
巻号頁・発行日
vol.24, no.3, pp.31-36, 2013 (Released:2013-09-30)
参考文献数
15
被引用文献数
2 5

Genetic polymorphisms in genes related to neurotransmitters or hormones affect personality or behavioral traits in many animal species including humans. In domestic animals, the allele frequency of such genes has been reported to be different among breeds and it may account for breed differences in behavior. In this study, we investigated breed differences in horses in the dopamine receptor D4 gene (DRD4), which has been reported to affect horse personality. We collected samples from seven horse breeds including those native to Japan and Korea, and compared the sequence of the DRD4 exon3 region among these breeds. We found that there were two types of polymorphisms (VNTR and SNPs) in the exon3 region, and some of them seemed to be breed-specific. In addition, we found that the allele frequency of G292A, reported to be associated with horse personality, differed greatly between native Japanese horses and Thoroughbred horses. The frequency of the A allele which is associated with low curiosity and high vigilance, was much lower in native Japanese horses (Hokkaido, 0.03; Taishu, 0.08) than in Thoroughbreds (0.62). This difference may account for breed differences in personality or behavioral traits. Further studies of the function of these polymorphisms and their effect on behavior are indicated.