著者
戸ヶ里 泰典 米倉 佑貴 井出 訓 Taisuke Togari Yuki Yonekura Satoshi Ide
出版者
放送大学
雑誌
放送大学研究年報 = Journal of The Open University of Japan (ISSN:09114505)
巻号頁・発行日
no.33, pp.11-25, 2015

保健・看護系の大学院生が、効率的に必要十分な統計学的知識の定着をはかり、データ解析ができるための学習支援のプログラムの開発に向けて、本学の保健・看護系修士課程大学院生における、①統計解析の学習に関する意向とニーズを明らかにすること、②統計解析スキル向上に向けた演習を構築しその評価をすること、③良く質問され、かつ研究遂行上重要なQ&Aを探索し整備すること、の3点を目的とした。 目的①に対しては一定の統計解析を行って修士論文を作成した本学保健・看護系大学院生・卒業生13名を対象とした自記式質問紙ないし構造化面接調査を実施した。また、目的②に対しては極力わかりやすい解説の元、論文の結果表を読み取り、自身の研究データ解析に活用できる授業の構築、ならびに、参加者が自分の研究データを扱っている感覚でデモデータを分析する演習の構築を行い、終了後に感想を聞くとともに、目的①の質問紙調査において感想を聞いた。目的③については、新たに専用の統計相談窓口を設置し、統計解析に関する相談を受け付けることを通じて、どのような質問が寄せられるかを整理した。 修士論文作成に使用した統計解析ソフトウエアはR/Rコマンダーが6名、SPSSが5名、Excel統計が4名であった。統計解析方法については、教員からの指導に依存し、補足的に自学自習をしているスタイルであった。事例が豊富な教材を期待する声が大きかった。講義、演習については、概ね良好に受け入れられたが、回数が限られており分量が多く、スピードが速いといった指摘が見られた。統計相談の内容の傾向としては、量的変数として扱ってよい場合とそうでない場合、必要なサンプルサイズについて多く寄せられていた。 統計解析に関する知識を概観し、自己学習のきっかけをつくるうえでの講義授業は重要であることが伺われた。同様に自主演習をすすめるきっかけとしての演習授業も重要であることが伺われた。
著者
Sayuri Goryoda Nobuo Nishi Haruki Shimoda Yuki Yonekura Kiyomi Sakata Seiichiro Kobayashi Akira Ogawa Ichiro Kawachi
出版者
Japan Epidemiological Association
雑誌
Journal of Epidemiology (ISSN:09175040)
巻号頁・発行日
vol.29, no.3, pp.92-96, 2019-03-05 (Released:2019-03-05)
参考文献数
25
被引用文献数
1

Background: Previous studies have identified poor dietary intake as a health risk affecting survivors of the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami. We examined the association between different social factors (eg, living conditions and perceptions of community social capital) and dietary intakes among disaster-affected survivors.Methods: We studied 6,724 survivors in four municipalities of Iwate Prefecture 3 years after the disaster. Social capital was assessed via four items inquiring about respondents’ perceptions of social cohesion in their communities. Good dietary intake was defined according to the following criteria: intake of staple food ≥three times a day; intake of meat, fish and shellfish eggs, or soybean products ≥twice a day; vegetable intake ≥twice a day; and intake of fruit or dairy products ≥once a day. An individual who did not meet any of these criteria was defined as having poor dietary intake. We adjusted for covariates, including socioeconomic status, marital status, and residential area.Results: Poor dietary intake was reported by 31.6% of respondents. Poisson regression analyses revealed that the following factors were related to poor dietary intake: age <65 years (men: prevalence ratio [PR] 1.48; 95% confidence interval [CI], 1.29–1.71 and women: PR 1.55; 95% CI, 1.36–1.77), difficulties in living conditions (men: PR 1.18; 95% CI, 1.00–1.39 and women: PR 1.19; 95% CI, 1.01–1.40), and low perceptions of community social capital (women: PR 1.20; 95% CI, 1.04–1.38).Conclusions: Our findings suggest that social capital plays a role in promoting healthy dietary intake among women in disaster-affected areas.