著者
池田亀鑑 著
出版者
岩波書店
巻号頁・発行日
vol.第3部 資料・年表・索引, 1941

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 5 posts, 1 favorites)

土佐日記、為家筆本はともかく、青谿書屋本なら国立国会図書館デジタルコレクションでもみれる。ずっとあとのものをみせるのは、なんでだろう。「女児(をんなこ)」とか「悲(かな)」とかが、漢字でかかれていたはずもなく。 https://t.co/636eK2M9Nh https://t.co/2XZwA1AlXY
校本といっても活字化してないものも以前からあったようだ。 https://t.co/Zgs57BrUGL
「のにする」に よれば、青本で 「十文字」と あるところ、為相本でわ 「十もじ」と ある https://t.co/cPQ7yrIpvh らしーけど。
[蒐書日誌]池田亀鑑『古典の批判的処置に関する研究(全三部)』(1941年,岩波書店)が国立国会図書館デジタルコレクションに入っていたことを知った:第一部 https://t.co/4F0GO7VQ33 |第二部 https://t.co/91pOddRYc2 |第三部 https://t.co/r5QVmc6PW6

収集済み URL リスト