いがわ・まこと (@viewfromnowhere)

投稿一覧(最新100件)

こくんが、じゅつさくしゃの いとした くんことわ ちがった よみお つけている れーお、たしか、ふくだ「『日本書紀』の訓読をめぐって」 https://t.co/U9BlGkszIZ が してきしていた。

1 1 0 0 OA 数奇伝

ただ・くらひと「永井荷風」お みてたら、33ペの 田岡嶺雲「数奇伝」の いんよーに、「賓{すぐ}れたる」と あったけど、 https://t.co/PG613W4t8A お みると、「賢{すぐ}れたる」の よーである。その まえの… https://t.co/mqgMH4G4qO

5 1 0 0 OA 国造本紀考

https://t.co/AeES7mdLPw の [要出典]、 https://t.co/zGh1MTgmsv に、「この本紀はしも、世に旧事本紀と名つけて、上宮太子の撰ひ給へりと云十巻の記ある、其十の巻なり、さてかの旧事紀は、… https://t.co/HtT95jr6Rj
「『先代旧事本紀の現状と展望』(上代文学会叢書)を平成30年5月に笠間書院より刊行し」 https://t.co/64RKVoyv8R とゆーのが、べつの ところから でるよーな じょーほーお みた。

115 1 0 0 OA 官報

康煕字典を基準としたが」 https://t.co/gRU66H8gV5 と あるのわ そーだけれど、よくないんでわ ないかと おもった。
313ペ、「英学者ニ裨益スル所尠シトセン哉」 https://t.co/1KjMPFgTJi の 尠に 「すこ」と ルビお つけてるけど、「すくな」だろーし、「豈ニ」から ひーた ほーが よかったと おもう。

1 1 0 0 OA 欟斎雑攷 : 2巻

https://t.co/ASI75N1Tnu に くわしー ほーこくが あるよーだけれど、欟斎雑攷稿本にわ かんぽん https://t.co/YNLLG43wqB に ない きじも いろいろ あるっぽい。
https://t.co/ASI75N1Tnu に くわしー ほーこくが あるよーだけれど、欟斎雑攷稿本にわ かんぽん https://t.co/YNLLG43wqB に ない きじも いろいろ あるっぽい。

4 0 0 0 OA 懐旧録

いのうえ・てつじろーの 懷舊録 https://t.co/loCHYU3EkD も 「壞舊」に なってる(354ペ)。
「豊島(2019) https://t.co/0ynjmnRPg4 が言うように、小松(1998) https://t.co/F0KXwEj3Bf は、天草本「平家物語」が初級学習者向け、同「イソポ物語」が上級学習者向けであり、そ… https://t.co/RsMLmn0UeE
「豊島(2019) https://t.co/0ynjmnRPg4 が言うように、小松(1998) https://t.co/F0KXwEj3Bf は、天草本「平家物語」が初級学習者向け、同「イソポ物語」が上級学習者向けであり、そ… https://t.co/RsMLmn0UeE
しんよーしゃから、しなだ・よしかず/さいとー・まれし「「国書」の起源:近代日本の国学と漢学」とゆー ほんが でるよーな じょーほーお みた。 https://t.co/IAOUDOH9CG… https://t.co/6ZYJwLCqjo

2 0 0 0 OA 南洋探検実記

こたに・ひろゆき「中島敦の朝鮮と南洋」81ペ。鈴木『南洋探検実記』からの いんよーで 「円卓に凭りて」と ある ところ、こくデジで みる かぎりでわ 「凭り」 https://t.co/WiJDoRGcaI で 「て」わ なさそー。

1 0 0 0 OA 古事類苑

あったんだなー、しらなかったなー(「年号用対馬音御諱用唐音」 https://t.co/fgvwfsgYmC )、とゆーか、古事類苑 歳時部四 年号下 https://t.co/2A4vvQFG6q に よみかた かんけーの きじ… https://t.co/IWOuUh5xbF

1 0 0 0 OA 大日本史料

あったんだなー、しらなかったなー(「年号用対馬音御諱用唐音」 https://t.co/fgvwfsgYmC )、とゆーか、古事類苑 歳時部四 年号下 https://t.co/2A4vvQFG6q に よみかた かんけーの きじ… https://t.co/IWOuUh5xbF

11 0 0 0 OA 日本大辞書

とわいえ、その びみょーの じしょ https://t.co/5RHW5g3cX7 お みると、こーやって おしえられる ことで 50おんじゅんに ならされてきたんだなー、とも おもわれてくる。 https://t.co/sOVsJ43EWM

4 0 0 0 OA 詩経詳解

講説し今日の如く塗板を使用することが絶無なりしが為なり。曽子と荘子とも同音なるを以て、曽子の子を澄みて読み、荘子の子を濁りて読む。皆口より耳に伝ふるのみなりしを以てなり」 https://t.co/picAcJrIBl と ゆー ことに なったのだなあ。

2 0 0 0 OA 蒙求鈔 7巻

蒙求抄に、「荘子ト書テハ清ソ」 https://t.co/OYLQkRWjLP 「荘子清テヨムソ」 https://t.co/QhPwiHelVN と あって、 https://t.co/JFRJxXhL55

2 0 0 0 OA 蒙求鈔 7巻

蒙求抄に、「荘子ト書テハ清ソ」 https://t.co/OYLQkRWjLP 「荘子清テヨムソ」 https://t.co/QhPwiHelVN と あって、 https://t.co/JFRJxXhL55

4 0 0 0 OA 詩経詳解

https://t.co/FGAR0vU0yH なんか いきなり 「バカ」と かきこみが あった。 https://t.co/O6sLrC7int

2 0 0 0 OA 異国叢書

https://t.co/DuFE6gXzC3 「我等は日本人が其宗旨に於て用ふる言葉を以て真理を説くこと長期間に亘りしが、虚偽の言葉を以て真理を説く時は誤解を生ずることに気付き、直に有害なりに認めらるゝ言葉に代へて我等の言葉を教… https://t.co/KM0SLETBvQ

2 0 0 0 OA 異国叢書

@kzhr ありがとうございます。いろいろググっていると、ウェブでは、国デジの「耶蘇会士日本通信 豊後篇 上」 https://t.co/DuFE6gXzC3 で日本語訳が見られるのに気づきました。
https://t.co/lmBbDgM0U6 からと ちゅーが あるけど、それお みると、「1552年に来日したパードレ・バルタザール・ガーゴ」の 「1555年9月23日,平戸発信の書翰」に よる ものっぽくて、アクセスしにくい… https://t.co/NVtjBQiVLh

8 0 0 0 OA 三河物語

120ペの 「ソツ除」わ なんだろ、と おもったけど、 https://t.co/j8QwVtOk2k でわ 「㞓除」と なってて シッパライで しんがりの ことっぽいけど、「ソツ」で いーんだろーか。 https://t.co/CEXOg2ukNx
としょかんで https://t.co/9M5gqoDwsa お みて、医心方に ひく 洞玄子 https://t.co/J4wq9AsBlQ にも 「天平地成」と あるのお しった。 https://t.co/IqW2RJ7uQ8
「西胤は筑後の人、法諱は俊承、道号は西胤、地名を関西という。『満済准后日記』に清胤という宛字が記されていることから道号はセイインとよんだと考えられる」。 https://t.co/mU6NDmXSCZ きだせんせーが「私が疑問に思… https://t.co/zSV1b2yws3
https://t.co/7ftB9CSpj1 で ろんじられてるっぽい。
天台名目類聚鈔に 「四ニ出生不浄ト者仏ハ摩耶夫人ノ右ノ脇ヨリ生シタマヘリ孔子ハ母ノ左脇ヨリ生云々只ノ凡夫ハ母ノ小便道ヨリ生ズ是出生不浄ノ相也」 https://t.co/jzdaXMdut7 と あった(ろーしじゃなくて こーしに なってる)。
であり、インドラ神は絶大な偉業を満たし最後生であって輪廻はないと最高の賞賛を浴びる。/このインド伝承は釈尊の誕生説話に流入して、母マーヤー夫人の右脇からの釈尊誕生という仏誕説話がつくられる」… https://t.co/GeXGK8Vy4Z
クシャトリアだったから、みたいな せつめーばっかり ヒットして、せんこーけんきゅーわ 上枝いづみ「ガンダーラの「誕生」図にみる文化基盤」『密教図像』26 https://t.co/ET7P2EVbD3 に せーりされてるっぽいけど、ウェブでわ みられず。

1 0 0 0 OA 連歌青葉集

96ペ。賦何衣連歌の 「ひとりたちたるそほとなりけり」 https://t.co/pGiypBU1ZE に 「そほ=素王」と ちゅーしてるけど、そほど=かかし、だろー。

1 0 0 0 OA 口語法別記

口語法別記 https://t.co/n1ijoewvQ8
こと、「ねう」は「寝む」のウ音便で、猫の鳴き声の擬音語「ねう」(ニャーに当たる)を掛け、初句の「猫」の縁語となる。/これもまた、『源氏物語』若菜上の巻の著名な場面、さらに若菜下の後日の話を踏まえた歌である」… https://t.co/mRFRhX3iO0
お つけないのわ こくんてんの よみかた https://t.co/Rp0VLQnmdh とも あってて、あまり てきせつな れーに おもえない。
「ロンドンではアーネスト・サトウの旧蔵書「元和版の下学集」を手に入れた」(みずの「村岡典嗣」128ペ)と ゆーのわ いまも むらおかけか とーほくだいに あるのかな。 https://t.co/oJNWDUDicx お みれば わかるんだろーか。

17 0 0 0 OA 姓氏家系大辞典

「『姓氏家系大辞典』は、旧かなづかいのため、「としま」ではなく、「てしま」で項目が立っている」(わたなべ・むねたか「わたしの家系図物語」96ペ)って、きゅーかな かんけーない。 https://t.co/8dOjaxiXOK
漢語の こー、「平安時代、「とぜん」は漢文の世界によく用いられていたが、鎌倉時代には和漢混淆文にも用いられるようになった」(37-38ペ)とあるの、さんこーぶんけんにわ あがってないけど、ふくしま「とぜん(徒然)考」… https://t.co/Tp1u2tyEw2
https://t.co/jUJyepsI3E で こーほんの 〈し〉が、はんぽんで ぎょーとーに なる とき 〈志〉に なるのが あきらかに されてたの、さっぱり しらなかった。
20ペ、「宮古大月方言で「月」がksks」と あるけど、まったく むせーかしてるんだろーか。 https://t.co/ASBZ9pXd3D だと また ちがった かたちに かいてあるけど、これも どんな おとなんだか、むがくで… https://t.co/djPDrw6ebp
ふくしま「遊仙窟の「玳瑁」の訓について」 https://t.co/jtwdTHRVgR お さんしょーしてて ほしかった よーな きも する。
おがわせんせーが 年号反切について かかれてるもの、ウェブで みられるのだと https://t.co/Uo8ntn9LEE の「三 「知」の基盤と共有―韻鏡をめぐって」がある。

2 0 0 0 OA 古事類苑

きよはら・よしかた(清原良賢)も 「常宗云、改元字并名字、上古更不及反音之沙汰、而韻鏡渡朝以来有此沙汰、正得悪字之時、争可用哉之由斟酌也」 https://t.co/MGHH9XWX20 と いっているので(こじるいえんでわ 常寂… https://t.co/SfHwbSut6b
はせがわろんぶん111ペ、 https://t.co/bPDTDo8dXs の タイトルお 「紙背消息」と つずめてしまってる。とゆーか、「省画仮名は、朝鮮半島での訓読方法をルーツとする」(101ペ)と だんてーてきに かいてるの、だいたんだ。
かなもり「人形論」お みはじめたら、「十世山田徳兵衛によれば、「にんぎょう」という言葉は、天養・治承年間(一一四四―八一)に成立した『色葉字類抄』に平仮名で明記されている辺りが初出らしい」(15ペ)と あったけど、かたかなで ニン… https://t.co/AelEcBHxqs

1 0 0 0 OA 今古雅談

あと、さねたかの 「といひし昔のしのばるゝかな」 https://t.co/B7OjuLPFCA わ、もともとわ なにに のってる はなしなのかも、ちょっと しらべられなかった。
「西洋語はラブル、サボルの形に於いて日本語化せられる」 https://t.co/ncM5zWJp9D 。ラブルって こーゆー れーに あげられる ほどに ひろまってたんだろーか。にっこくの よーれーわ、くにきだ・どっぽの 「第三者」。
「十世紀前半にまとめられた辞書『和名類聚抄』によれば、「馳射」の和訓は「オウモノイル」」(なかざわ「肉食の社会史」117ペ)と あったけど、「於無毛乃以流」 https://t.co/svFQC7OuCd だから ウわ へんだろー… https://t.co/c9VIUoFMPY

1 0 0 0 OA 日本開化小史

「其分{そのぶん}」241ペ→其文 「猥雑淫風」241ペ→ https://t.co/7WUx2BUkXG だと 猥褻に なってるけど、岩波文庫でわ 猥雑なんだろーか 「保歴間記」241ペ→保暦間記 「至り手」241ペ→至りて 「… https://t.co/CMsQImcf0E

2 0 0 0 OA 実隆公記

「和歌の掛詞も「いはしみず」は「石清水」と「言は(しみ)ず」に掛けるが」154ペ→水わ みづだから、かなちがいだけれど、どーだろ 「『実隆公記』永享二年(一四三〇)三月二十八日に記者である三条西実隆は、連歌師宗祇にいろいろな疑問を… https://t.co/OxEyFjY1xk

1 0 0 0 OA 法律進化論

うちだ・たかし「法学の誕生」お みていて、ほずみ・のぶしげ「法律進化論第二冊」で、「法の文体」 https://t.co/5hAVSH0kWr が ろんじられているのお しった。「日常社交の談話及書翰文にも、漢語を使用する事が流行… https://t.co/kMCCQPSh2M

4 0 0 0 OA 広日本文典

はっとり「明治期における日本語文法研究史」304ペ、おーつき「広日本文典」の いんよー、「聯構文」の ひだりルビ「レンカウ」 https://t.co/o3JjRbPrpW と あるのが、「レンヨウ」に なってしまってる。

1 0 0 0 OA 続史籍集覧

はっとり「明治期における日本語文法研究史」、権田直助「語学自在」が 「『続史籍集覧(明治二七年)』所収」(30ペ)、「近藤瓶城編『史籍集覧 第五冊』近藤出版部(昭和五[一九三〇]年)に所収」(110ペ)と なってて、どっちも ちょ… https://t.co/nSwDvNaM0Q

3 0 0 0 OA 日本文法論

はっとり「明治期における日本語文法研究史」64ペの、やまだ・よしお「日本文法論」の たんごの てーぎの いんよーに 「究覚的」と なってるの、「究竟的」 https://t.co/2yOy4lgQmA の まちがい。
よもた「親鸞への接近」の じんめーさくいん、かぎょーに 「恵信尼(けいしんに)」(522ペ)と あるけど、えしんに、だろー(じぶんで 「ゑしん」と かいてるし)。 https://t.co/czp1KtJloI https://t.co/dhtPY3UuCR
“信州大学機関リポジトリ” https://t.co/N7ZhmHdIcp
「歴史言語学の射程」の かねころんぶん、林和比古「助詞ドンについて」お あげて ドンお ほーげんだと してたけど、ほりかわろんぶん https://t.co/Kvl9CmwAWh が でた あとでも それで いーのかな。すずきろんぶん、いろはうたも 源為憲の さくだと ゆー。
この かけんほーこくしょ https://t.co/DzSlO4oEzQ に、佐々木勇「慈光寺蔵『大般若波羅蜜多經』平安後期字音点」が しゅーろくされてるっぽい。
やすだ「橋本進吉は何を発見しどう呼んだのか:上代特殊仮名遣の研究史を再検討する」 https://t.co/oXAAV0DXEC お みれば、はっきりするだろーけど、いま コピーが みあたらない。
にちれんの かいた りっしょーあんこくろん、 https://t.co/VwwU7gQHIO で みられる。

1 0 0 0 OA 蒙求鈔 7巻

ほんやで https://t.co/MSzINL84tM お ぱらぱら みてたら、もーぎゅーしょーの 「生テイテモ曲カナイソ」 https://t.co/z93B7C4TV3 と ゆーのが、れーぶんに ひかれてて なんか どっきりした。

1 0 0 0 OA 真宗全書

ボダイ}ノ例テ。略シテ産カ山ニナリタトミヘル。玉細工ヲスルモノカ。石ヤ玉ヲ磨クヤスリヲ

1 0 0 0 OA 真宗大系

同シキトナリ」(蓮如上人御一代記聞書講義 https://t.co/LWakOirqU5 )とか、
「信友は(……)『
あべ「中世日本の世界像」、山崎誠「秘説の興宴――真俗交談記・真俗擲金記」の 『日本文学』けーさい かんごーが 「三九―六」(第7章注14、536ペ)だったり、「三七―六」(第7章注57、539ペ)だったり してるけど、あとのが た… https://t.co/csQN1h3z5D
あべ「中世日本の世界像」、「島津忠夫「宇治拾遺物語の序文」『中世文学』二八、一九八三年」(第5章注9、528ペ)、「島津忠夫「宇治拾遺物語の序文」『中世文学』二七、一九八二年」(第7章注82、535ペ)と あるのわ、ぜんしゃが た… https://t.co/AWFFb7vsse
「悉曇字記真釈私録玄談」に、「凡ソ対訳ノ字音ヲ正サンガ為ニハ、漢魏隋唐ノ古音ヨリ、今明清ノ世ノ字音ニ及ボシ、本邦古書ノ用音ノ格ト、三韓朝鮮ノ音ニ至ルマデ、力ノ及ブダケ考ヘ究メテ、漢字音ノ微細ヲ尽シタル上ニテ」(… https://t.co/u6Ux3JEeoK

3 0 0 0 OA 類聚名物考

こーぶんこの しゅってんわ その ひょーじの とーり、6さつ700ぺ https://t.co/PV6JrhrRys で ちゅーじつに ひーてるし、まつもとが いんよーする かしょも、… https://t.co/uIpkAnDiBN

3 0 0 0 OA 広文庫

こーぶんこの しゅってんわ その ひょーじの とーり、6さつ700ぺ https://t.co/PV6JrhrRys で ちゅーじつに ひーてるし、まつもとが いんよーする かしょも、… https://t.co/uIpkAnDiBN

3 0 0 0 OA 広文庫

して https://t.co/55XBEiiUZI お ひき、「ちなみにこの『廣文庫』の記述は、原典『類聚名物考』に、まったく忠実ではありませんでした。おそらく父・物集高見による大きな改変がなされていたのです」(266ペ)と か… https://t.co/jz3a9pCEQw

5 0 0 0 OA 類聚名物考

して https://t.co/55XBEiiUZI お ひき、「ちなみにこの『廣文庫』の記述は、原典『類聚名物考』に、まったく忠実ではありませんでした。おそらく父・物集高見による大きな改変がなされていたのです」(266ペ)と か… https://t.co/jz3a9pCEQw
「「雄々しい」(『日本書紀』・七二〇初出)」(まつもと「全国マン・チン分布考」119ペ)と あるけど、きたのぼんの くん https://t.co/NCz72KjcxA で、やすだせんせーの きぐ… https://t.co/95C2nfHrGD

1 0 0 0 OA 国語学通論

小林好日「国語学通論」でわ 「東大寺経蔵所伝の太政官符」 https://t.co/AyJH8ILSH0 に なってしまってる。
「有十九局」(62ペ)と ある 局わ 巻の いたいの
署其下。太史公者朔所加也」うんぬんと あり( https://t.co/aeAYHYJUGA の 347ペ)、百詠和歌にも 「方朔初匡漢 司馬遷史記を作りをはりて。東方朔に見せしむるに。東方朔平定して。其下に大史公といへる署をくは… https://t.co/ov5yPeo7ss

4 0 0 0 OA 列聖全集

「『宇多天皇日記』が「記」と共通する要素には(……)性関係では、陽成上皇の行動に悩んでおり、「玉茎発たず、ただ老人の如」くであったため、侍医が準備した露蜂(蜂の子や巣 精力剤)を服したところ回復した(寛平元年八月十日条)」(かわじ… https://t.co/euRaao6y4W
ほんやで ちょっと みた 「文学研究の窓をあける」でも https://t.co/4t0Y35sh5j の はじめのと おなじよーな ずが のってたんだけど、いちかたぼん・やさかぼん……の えだわ かたりぼんけーしょほんの したに なくて いーのかな。
こないだ ちょっと みた、おがわ・たけお「百人一首の「発見」:頓阿から宗祇へ」で、 https://t.co/M0U3PM6M7L の 「子孫が父祖の口伝をもとに一書を成した時、それをまとめた子孫自身は、おそらく偽書(仮託書)を作… https://t.co/FBVMUdn9E7

1 0 0 0 OA 大日本史料

抄ハ奥入可然云々、〈定家直筆本、冷以前持参云々〉」 https://t.co/N5DyZRjIjN と ある。

4 0 0 0 OA 実隆公記

実隆公記、文明18・2・23の、「遺教経御本付真名進上□」 https://t.co/t3tKBHoHUO の おきょーに まなお つける、とゆーのも どーゆー ことだったんだろ。

79 0 0 0 OA 史籍雑纂

駿府記、慶長20・7・5に、「大御所南殿出御、源氏物語抄、公家衆被成配分、仮名を可付由被仰」 https://t.co/O6QSX1oldE と ある、げんじものがたりしょーに かなお つけさせたって、どーゆー ことお させたんだろ。
https://t.co/4EvjLakM3P に ひく、「川ノ字、題ニも哥にも不可然歟、定家自筆ノ拾遺愚草ニハ悉ク河ノ字、題にも哥にも川ノ字書タルハ一處ニモナシ」の ことだと すると、ごしょくなんだろーか。
https://t.co/K9UnAg0H6O さんかんぼん じるいしょーで、「理論」が 「武藝部」なの、どーゆー いみの ことばだったんだろーか。

23 0 0 0 OA 倭名類聚鈔 20巻

その とわらべ、と ゆー ルビわ どーか、と おもったけど、そもそも 屠児 https://t.co/hHrq4OQYkh っぽい。童に なってる ほんも あるのかな。
「のにする」に よれば、青本で 「十文字」と あるところ、為相本でわ 「十もじ」と ある https://t.co/cPQ7yrIpvh らしーけど。
https://t.co/NeIslujjkp の おさだ「はたして言語学者はふがいないのか」わ、おーの・すすむわ とーだいきょーじゅに なれなかったから、タミルごせつお ぶちあげた、と ゆーよーな ことお かいてて、うへえ、と おもった。

お気に入り一覧(最新100件)

並川孝儀氏の方法論がダメなことに関しては、龍谷大の松尾先生の http://t.co/EuTHqClsJH でとっくに結論が出てると思います。(^^; @unspiritualized

2 0 0 0 OA 山槐記

その中山忠親『山槐記』がNDL古典籍資料の4月9日追加分で公開されていた。書誌情報に「治承二正月之残欠 自筆」とある。治承二年正月十六日「舎人 二音トーネーリー」 http://t.co/7aiaJZ7A 同十八日「的懸 マートーカケ」 http://t.co/A8jQfeJR

2 0 0 0 OA 山槐記

その中山忠親『山槐記』がNDL古典籍資料の4月9日追加分で公開されていた。書誌情報に「治承二正月之残欠 自筆」とある。治承二年正月十六日「舎人 二音トーネーリー」 http://t.co/7aiaJZ7A 同十八日「的懸 マートーカケ」 http://t.co/A8jQfeJR
http://t.co/VPNae3wqただし甲骨文も、甲骨に刻みつける前に、筆を用いて墨書したものであることは、文字を墨書しただけで刻んではない骨が発見されたことによって知られる。←最近では金文が正体で、甲骨文字は略体との見解もあるくらいだ。
【ひとりごと】そうか、今さら気づいたけど、あの方は私をフォローしていらっしゃらないからこういうちょっとしたすれ違いが…w そして、これかー http://t.co/kxqMqnLi http://t.co/eSoMt7St 明日読む
【ひとりごと】そうか、今さら気づいたけど、あの方は私をフォローしていらっしゃらないからこういうちょっとしたすれ違いが…w そして、これかー http://t.co/kxqMqnLi http://t.co/eSoMt7St 明日読む

フォロー(169ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

5 1 1 1 OA 日本案内記

この『下加茂』https://t.co/aLhXjvmoGg 本文の仮名と『日本案内記 近畿編 上』https://t.co/GtrbNUImVo 本文の仮名を比べると「だ」「と」等が明らかに異なるので、どういう事情によるものか、… https://t.co/ZthX1REGTP

4 4 4 4 傳記文學

RT @KogachiRyuichi: 『伝記文学』のバックナンバー、東豊書店のどのあたりに置いてあったかな。ああいうのも、国内の所蔵は多くないのではないかな。 https://t.co/zboVlX2ZH7
これを言っちゃうキャラか…。大好きだわ。https://t.co/3VhjEas0Hg 「仮説実験の関係者は今日、かなりの方が来ておられますけれども、その人たちは仮説実験授業の理解はかなり怪しげでも、子どもたちがこの授業を好きになってくれる、それで続けられるのですね。」
@DirtyTeacher 教えていただいたキーワードで検索して、いまこれ(https://t.co/3VhjEas0Hg)を読んでます。めちゃくちゃ面白いです。ありがとうございます!

フォロワー(273ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

5 1 1 1 OA 日本案内記

この『下加茂』https://t.co/aLhXjvmoGg 本文の仮名と『日本案内記 近畿編 上』https://t.co/GtrbNUImVo 本文の仮名を比べると「だ」「と」等が明らかに異なるので、どういう事情によるものか、… https://t.co/ZthX1REGTP

4 4 4 4 傳記文學

RT @KogachiRyuichi: 『伝記文学』のバックナンバー、東豊書店のどのあたりに置いてあったかな。ああいうのも、国内の所蔵は多くないのではないかな。 https://t.co/zboVlX2ZH7
RT @eraitencho: あとは池内先生のグローバルジバードの変容 https://t.co/MwT31mPlX4
これを言っちゃうキャラか…。大好きだわ。https://t.co/3VhjEas0Hg 「仮説実験の関係者は今日、かなりの方が来ておられますけれども、その人たちは仮説実験授業の理解はかなり怪しげでも、子どもたちがこの授業を好きになってくれる、それで続けられるのですね。」
@DirtyTeacher 教えていただいたキーワードで検索して、いまこれ(https://t.co/3VhjEas0Hg)を読んでます。めちゃくちゃ面白いです。ありがとうございます!
『身延文庫典籍目録』『『大般若波羅蜜多経』平安後期古書写経(久安-寿永):大本山護国寺蔵』の説明は、山口興順「中世天台教学の一拠点・伊賀国往生院について」(『仏教と文化:多田孝正博士古稀記念論集』山喜房佛書林、2008年)832頁… https://t.co/1Q0x5NkpWx

772 516 278 3 OA 殖民地要覧

RT @demauyo_tadaimo: お兄ちゃんは「韓国併合は植民地支配とは違う!」と言うけど当時の日本政府は堂々と公文書で朝鮮を植民地呼ばわりしてたよ。今さら改竄は無理よ? https://t.co/twR4TDKqTr https://t.co/yQy5eEleE0 h…
CiNii 図書 - 『大般若波羅蜜多経』平安後期古書写経(久安-寿永) : 大本山護国寺蔵 https://t.co/ZtsTIN1DRs #CiNii
CiNii 図書 - 身延文庫典籍目録 https://t.co/VzNpuoGsNv #CiNii
RT @87a_wtnb: 読んだ。「海野一隆先生の研究業績とその地図学史的意義」久武 哲也・鳴海 邦匡・堤 研二・小林 茂 http://t.co/RntqZTi

14 10 10 0 OA 〔雑字類書〕

RT @JUMANJIKYO: ネットで見られる室町戦国の日本語資料 『下學集』 https://t.co/OiVrlMWrKr 『文明本節用集』 https://t.co/osS8yWX72s 『温故知新書』 https://t.co/OUcikc5Jt4 『塵芥』…

20 10 10 0 OA 節用集 : 易林本

RT @JUMANJIKYO: ネットで見られる室町戦国の日本語資料 『下學集』 https://t.co/OiVrlMWrKr 『文明本節用集』 https://t.co/osS8yWX72s 『温故知新書』 https://t.co/OUcikc5Jt4 『塵芥』…

15 10 10 0 OA 下学集 : 2巻

RT @JUMANJIKYO: ネットで見られる室町戦国の日本語資料 『下學集』 https://t.co/OiVrlMWrKr 『文明本節用集』 https://t.co/osS8yWX72s 『温故知新書』 https://t.co/OUcikc5Jt4 『塵芥』…
RT @JUMANJIKYO: ネットで見られる室町戦国の日本語資料 『下學集』 https://t.co/OiVrlMWrKr 『文明本節用集』 https://t.co/osS8yWX72s 『温故知新書』 https://t.co/OUcikc5Jt4 『塵芥』…

14 10 10 0 OA 〔雑字類書〕

ネットで見られる室町戦国の日本語資料 『下學集』 https://t.co/OiVrlMWrKr 『文明本節用集』 https://t.co/osS8yWX72s 『温故知新書』… https://t.co/TwAP8FfJKO

20 10 10 0 OA 節用集 : 易林本

ネットで見られる室町戦国の日本語資料 『下學集』 https://t.co/OiVrlMWrKr 『文明本節用集』 https://t.co/osS8yWX72s 『温故知新書』… https://t.co/TwAP8FfJKO

15 10 10 0 OA 下学集 : 2巻

ネットで見られる室町戦国の日本語資料 『下學集』 https://t.co/OiVrlMWrKr 『文明本節用集』 https://t.co/osS8yWX72s 『温故知新書』… https://t.co/TwAP8FfJKO
ネットで見られる室町戦国の日本語資料 『下學集』 https://t.co/OiVrlMWrKr 『文明本節用集』 https://t.co/osS8yWX72s 『温故知新書』… https://t.co/TwAP8FfJKO
RT @mano_arinoske: @hctrhctr 出典入りませんでしたがここから引きました。 https://t.co/KNo9QtedRo 山橋(1997)は山橋(1999)の間違いだと思います。 https://t.co/Idpcki8RQw
PDF公開。上川通夫「山寺史料としての『沙石集』」(『愛知県立大学日本文化学部論集』10、2019年3月)「山寺を支えている里人の生活空間である中世村落への視点と、山寺間での人的ないし宗教文化的な交流を機能させている広狭のつながり… https://t.co/UlifdlaNbT