いがわ・まこと (@viewfromnowhere)

投稿一覧(最新100件)

5 4 4 0 OA 類聚名義抄

みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ… https://t.co/7qPLCt7qGW

4 4 4 0 OA 色葉字類抄

みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ… https://t.co/7qPLCt7qGW

4 4 4 0 OA 色葉字類抄

みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ… https://t.co/7qPLCt7qGW

1 1 1 0 烏梅

ろんぶんわ https://t.co/h0nqGHJeiS だったかもしれないけど、ちがうよーな きも する。
見られるが、「ゐ」が未詳」(406ペ)と あるの、よく わからないけど、「吹飯浦(……)丹後ニ有同名」 https://t.co/IH1oNQaN4I とゆー ことでわ いけないのだろーか。… https://t.co/KyVSlNuDGk
えーがげーじゅつ469の わたなべ・なおみインタビュー、きん・せーたんの すいこでんひょーお 「棚橋」の かんわじてんお ひきひき よんで、 https://t.co/vqgi4nKsQI お かいた、みたいに あって、ん、と お… https://t.co/gIOgosnRO2
185ばんか、「雲のゐる遠山鳥のおそざくら」に、「○おそざくら―「遠山鳥の尾」から「おそざくら」の「遅」に続ける」(52ペ)と あって、かなちがいの かけことばだなー、と おもったけど、… https://t.co/NOTAYN946u
よーやく みはじめたのだけれど、まなじょの 「下挙而従之」お 「下挙げてこれに従ふ」(3ペ)と よんでるのわ、こぞりて https://t.co/5TfinPglGP 、の ほーが よいよーな きが する。
いぐち「蓮田善明 戦争と文学」お みてたら、みしま「古今集と新古今集」 https://t.co/hwHGCt388L の しょしゅつが 「国文学巧」(154ペ)に なってた。攷。

1 0 0 0 OA 群書類従

また、建内記に「天性利根、名望無比、匪直也人」(嘉吉3・5・9) https://t.co/WvjujWhgce 猪熊本神皇正統記に 「此両師直也人ニオハセス」 https://t.co/1EsAP9xAQZ 六代勝事記に 「女性… https://t.co/oAhp269Z04

1 0 0 0 OA 新刊吾妻鏡

「非直也人」(タダフトニ アラズ、建保7・1・27) https://t.co/n2zCOhYpzK などと あった。

5 0 0 0 OA 新刊吾妻鏡

書言字考節用集が もー ひとつ あげてる あずまかがみでわ、 「難准直也人」(タダフトニ ナゾラヘガタシ、文治1・10・6) https://t.co/5aV31DuFSt 「誠匪直也人歟」(マコトニ タダフトニ アラザルカ、建久… https://t.co/lPeIJ6e9RX

1 0 0 0 OA 新刊吾妻鏡

書言字考節用集が もー ひとつ あげてる あずまかがみでわ、 「難准直也人」(タダフトニ ナゾラヘガタシ、文治1・10・6) https://t.co/5aV31DuFSt 「誠匪直也人歟」(マコトニ タダフトニ アラザルカ、建久… https://t.co/lPeIJ6e9RX
おーさわ「親鸞「六つの顔」はなぜ生まれたのか」お みてたら、覚如の 報恩講式お ひく なかに 「祖師聖人は直也人{ただびと}に匪{ましまさず}、すなわち是権化の再誕なり」(31ペ)と あって… https://t.co/DJJNrbnUyA
と おもって、にっこくお みたら、「おおん」に 「(2)下に来るべき体言が省略されて単独で名詞的に用いる。*大和物語〔947~957頃〕四二「ゑしうといふ法師の、ある人のおほむつかうまつりけるほどに」」と あったのだけれど、この… https://t.co/l3CmaAg8lJ
「本作の形式は、漢文文体の一つである「記」の文学と、漢字仮名交り文との結合にある。その仮名とは、大福光寺本に見られる如く片カナである」(はまだ「国文学概論」298ペ)。 https://t.co/ag4WfYYfAA が、ひらがな… https://t.co/0z3PH5gDH2
「建保五年仲秋十日」に『拾遺愚草』の「進献」すべき由、言いつけられたことが明らかになり、行阿の『仮名文字遣』の序の信憑性が浮かび上がってきた」(728ペ)と かいていたけど、のち https://t.co/tYqekbJUrI で… https://t.co/uY70Na0CTj
じてんに しんせつお のせる、と いえば、 https://t.co/deHZILtW3N より まえに、「日本語学研究事典」の 「下官集」の こーで えんどー・かずおわ、「『下官集』は定家が独自に作ったということが定説となってき… https://t.co/wu22D0Veer
https://t.co/LqK5GO5tSK 池田亀鑑「異本の発生」
(おーの「紀貫之」432ペ)って、せーかい、と ゆーのが なにお さすのかわ よく わからないけど、「為家本は明瞭に「ひとゝころ」と書いているから、やはりこれも、青谿書屋本の曖昧な書写意識による独自誤謬であると判定せねばならない。」 https://t.co/v4gQ0MHIDh
あんまり かんけーないけど、てーかの 「和歌会次第」にわ、「詠字よむ様説々多/亡父之説雖有説々よめると読可用之/清輔朝臣なかむると読不用他説/又説ゑいせる〈江帥以之為宜云々〉」 https://t.co/HsoXJTiKBT と あるとゆー。

1 0 0 0 OA 類聚名義抄

おかだ・よしおわ みょーぎしょーの 挊の サツク https://t.co/dH2lCTXCHr も、セツリ(センズリの こけー)の ごしゃでわないか、と かいていたけど、どーだろー。
と おもったけど、 https://t.co/jznRSQS8TZ か。
「『源氏清濁』という読{よ}み癖{く}資料」(53ペ)わ 「せ」の つけおとし。「これには二種類の声点が左右にあるのだが」とゆーの、 https://t.co/0gEvbWNHta お みると、しゅが 中院通村 ぼくが 後水尾院、… https://t.co/tI2jHmgwKv

2 0 0 0 OA 頼杏坪先生伝

「近世の異学を/唐衣世にふるき名をかるの市うるやまことはおのか手作り」 https://t.co/1onkmLRc64 これ こくがくの ことお いってるよーな はなしだったけど、こがくの ことでも よいよーな きも してきたけど どーだろ。

2 0 0 0 OA 仙覚全集

万葉集叢書本の 萬葉集註釈、こくデジで みられるんだな。 https://t.co/xV72A8ub65 とゆーか、「類聚名義抄云」の あとの 「順作橙」とわ。

1 0 0 0 OA 国語学史

四十七張左の「橙」の條の全文をひけること現本と一致す」 https://t.co/sWCoyAAMDF が とーしゅーされてるんだけれど、おかだ「万葉集仙覚抄所引古辞書に就いて」にわ 「理論上、この裏書は自身が書いたものでは無くて… https://t.co/zhfk27BYmw
のではあるまいか」(291ペ)と あって、「異体字研究と『干禄字書』」(著作選集5 第六章 一 https://t.co/rqF0so7MZt )に 「山田孝雄が、仙覚『万葉集註釈』(竹柏園本)に『類聚名義抄』が引用されるところか… https://t.co/iYeC5lmi5T
https://t.co/TSsqhLRXbF なかた「「文華風月至要抄」所載の類聚名義抄佚文」って ここでわ こーかいされてないのか。

1 0 0 0 OA 律令の研究

「ある日、瀧川氏が書斎で律令の研究中に、隣人が、山伏の唱える呪文の結びに「急急如律令」と繰り返していることに気付き、興奮されたという」(102ペ)って ちょっと いみが とりにくい ぶんだ。 https://t.co/cFrtH4mbGW
かたぎり「もう一つの定家本「源氏物語」」 https://t.co/XuvDUf8vcx にも げんきゅーが あって、なぜ おどろいたのか、と ちょっと おもう。
こくデジ、そんけーさくそーかんも むかし ほーじょーきが みたいなー、と おもった ときわ だめだったけど、いまわ みられるな。 https://t.co/1W2BpplfWn https://t.co/BhyoP5iG9M

1 0 0 0 OA 方丈記

こくデジ、そんけーさくそーかんも むかし ほーじょーきが みたいなー、と おもった ときわ だめだったけど、いまわ みられるな。 https://t.co/1W2BpplfWn https://t.co/BhyoP5iG9M

2 0 0 0 OA 校異源氏物語

こくデジ、校異源氏物語 https://t.co/HCVHpuGcAH も こーかいされてるのか。

4 0 0 0 OA 篆隷文体

くろかわぼんの 3かんぼんじるいしょーとか、こてんほぞんかいの えいいん こくデジで みられるの まえより ふえてる よーな。篆隷文体も まえ みたかった ときわ みられなかった きおくが。とゆーか、これわ TIMの ネタっぽく… https://t.co/UDajCRRc7i

1 0 0 0 OA 色葉字類抄

でも、3かんぼんじるいしょーに 「施薬院{セヤクヰン}」 https://t.co/erKRu58G2l と あり、にっポじしょの 「Yacuin」の こーにも 「正しいいい方はセヤクイン Xeyacuin である」と あるっぽい… https://t.co/UjwcdCLWOe

2 0 0 0 OA 史料大成

「頭辨状到来、頼量朝臣申施薬院使事、可任申文案宣下案令見之、宜任ト書之、宜為分改了、施字如何可読云々、不読也、百官不読字多、内蔵{クラ}、内匠{タクミ}、造酒{サケ}等類也」(宣胤卿記、永正3・12・24 https://t.co/9jRGTYaFc3 )。

1 0 0 0 OA 倭訓栞

わたの「「差別はいけない」とみんないうけれど。」お みていて、施薬院に やくいん、と ゆー よみが あるのお しった(280ペ)。「やくゐん 施薬院のよみくせなり」(倭訓栞 https://t.co/5z4sWCWwJQ )。

1 0 0 0 OA 呉岸越勢集

129ペ、『呉岸越勢集』に 「くれぎしえっせいしゅう」と ルビが ふってあるけど、くれがし https://t.co/qt8uL3krp7 っぽい。
参照文献xivペの 167・168・169わ 「神経学雑誌」29(3)の 102ページ・103ページお しゅってんと しているけど、 https://t.co/Kdp33gS4T2 で みるかぎりでわ その ページすーわ なさそーなんだけれど。

15 0 0 0 OA 〔雑字類書〕

89ペの しりょーの いんよーに、「如此雅(我カ)意」と あるけど、「(我カ)」わ ふよーでわ。「雅意〈ー者/我也〉」 https://t.co/26eImeBj6z 「ー意〈随意義/我意也〉」… https://t.co/lvFuswp0HR

15 0 0 0 OA 〔雑字類書〕

「ー(左)道〈乏少義也。言悪事入左耳也〉」 https://t.co/DRvTutmjA7 「古書曰吉キ事ハ右ノ耳ヨリ入悪キコトハ左ノ耳ヨリ入ト云ヘリ悪事ハ外道ノコトトテ左リニ留ルト云」… https://t.co/37I774ZhmD
https://t.co/sDVtImJkBk あー、でも、「貞治年間初期の『河海抄』成立時の注釈」でわなくて、こーじんの ぞーほした 「かなり後の注釈」かもしれないんだなあ。
https://t.co/2YlLRj98nC お みれば、よいのかもしれない。
なかつか・あきら「日本人の明治観をただす」234ペに 「正確には宮内庁書陵部が原本を公開することを期待して」と あるけど、「佐々木高行の日記」わ 「原本は散逸」してて、しょりょーぶに あるのわ 「写本の一部」らしく https://t.co/Mvfh9m9MyI 、
にちだいの とさにっきの えいいん https://t.co/ddWSmMnkOn で みられるのか。せんじつ かった 「歌語りと説話」の、しみず「土左日記本文の批評と解釈」でわ この ほんの よーに 「としころよくみえつる」が… https://t.co/sFQJo8CwzV
さくひんしゃの きんかんあんない https://t.co/7aWvvtb4jd に、くまの・すみひこ「源氏物語=反復と模倣」が あって、のりなが→げんじって、と おもったのだけれど、すでに https://t.co/QSaCty7utD が あるのか。
はっとり・あさけ「古事記「比良」語義考」 https://t.co/Di2vAlrNyV わ、「「矩形を上端の面とする六面体の広い方の側面」(……)を「ひら」と呼んだのが、(……)共通起原的原義であるとすれば、これから側面・斜面の… https://t.co/9a385aJEgV
なかむら「西国立志編」に 「一人之命重於全地球」 https://t.co/H91Qj2kB1n と あって、それお 「一九四八年に最高裁が死刑制度を合憲とする判決を下した際、真野毅判事が判決文に「一人の生命は、全地球よりも重い」… https://t.co/2nkqJaqtcU

40 0 0 0 OA 史籍集覧

寒川入道筆記にも 「しにたきといふは浮世のすてことはまことの時はねかはさりけり」 https://t.co/8DuBki2jSF と あった。
こくんが、じゅつさくしゃの いとした くんことわ ちがった よみお つけている れーお、たしか、ふくだ「『日本書紀』の訓読をめぐって」 https://t.co/U9BlGkszIZ が してきしていた。

1 0 0 0 OA 数奇伝

ただ・くらひと「永井荷風」お みてたら、33ペの 田岡嶺雲「数奇伝」の いんよーに、「賓{すぐ}れたる」と あったけど、 https://t.co/PG613W4t8A お みると、「賢{すぐ}れたる」の よーである。その まえの… https://t.co/mqgMH4G4qO

5 0 0 0 OA 国造本紀考

https://t.co/AeES7mdLPw の [要出典]、 https://t.co/zGh1MTgmsv に、「この本紀はしも、世に旧事本紀と名つけて、上宮太子の撰ひ給へりと云十巻の記ある、其十の巻なり、さてかの旧事紀は、… https://t.co/HtT95jr6Rj
「『先代旧事本紀の現状と展望』(上代文学会叢書)を平成30年5月に笠間書院より刊行し」 https://t.co/64RKVoyv8R とゆーのが、べつの ところから でるよーな じょーほーお みた。

116 0 0 0 OA 官報

康煕字典を基準としたが」 https://t.co/gRU66H8gV5 と あるのわ そーだけれど、よくないんでわ ないかと おもった。
313ペ、「英学者ニ裨益スル所尠シトセン哉」 https://t.co/1KjMPFgTJi の 尠に 「すこ」と ルビお つけてるけど、「すくな」だろーし、「豈ニ」から ひーた ほーが よかったと おもう。

1 0 0 0 OA 欟斎雑攷 : 2巻

https://t.co/ASI75N1Tnu に くわしー ほーこくが あるよーだけれど、欟斎雑攷稿本にわ かんぽん https://t.co/YNLLG43wqB に ない きじも いろいろ あるっぽい。
https://t.co/ASI75N1Tnu に くわしー ほーこくが あるよーだけれど、欟斎雑攷稿本にわ かんぽん https://t.co/YNLLG43wqB に ない きじも いろいろ あるっぽい。

4 0 0 0 OA 懐旧録

いのうえ・てつじろーの 懷舊録 https://t.co/loCHYU3EkD も 「壞舊」に なってる(354ペ)。
「豊島(2019) https://t.co/0ynjmnRPg4 が言うように、小松(1998) https://t.co/F0KXwEj3Bf は、天草本「平家物語」が初級学習者向け、同「イソポ物語」が上級学習者向けであり、そ… https://t.co/RsMLmn0UeE
「豊島(2019) https://t.co/0ynjmnRPg4 が言うように、小松(1998) https://t.co/F0KXwEj3Bf は、天草本「平家物語」が初級学習者向け、同「イソポ物語」が上級学習者向けであり、そ… https://t.co/RsMLmn0UeE
しんよーしゃから、しなだ・よしかず/さいとー・まれし「「国書」の起源:近代日本の国学と漢学」とゆー ほんが でるよーな じょーほーお みた。 https://t.co/IAOUDOH9CG… https://t.co/6ZYJwLCqjo

2 0 0 0 OA 南洋探検実記

こたに・ひろゆき「中島敦の朝鮮と南洋」81ペ。鈴木『南洋探検実記』からの いんよーで 「円卓に凭りて」と ある ところ、こくデジで みる かぎりでわ 「凭り」 https://t.co/WiJDoRGcaI で 「て」わ なさそー。

1 0 0 0 OA 古事類苑

あったんだなー、しらなかったなー(「年号用対馬音御諱用唐音」 https://t.co/fgvwfsgYmC )、とゆーか、古事類苑 歳時部四 年号下 https://t.co/2A4vvQFG6q に よみかた かんけーの きじ… https://t.co/IWOuUh5xbF

1 0 0 0 OA 大日本史料

あったんだなー、しらなかったなー(「年号用対馬音御諱用唐音」 https://t.co/fgvwfsgYmC )、とゆーか、古事類苑 歳時部四 年号下 https://t.co/2A4vvQFG6q に よみかた かんけーの きじ… https://t.co/IWOuUh5xbF

11 0 0 0 OA 日本大辞書

とわいえ、その びみょーの じしょ https://t.co/5RHW5g3cX7 お みると、こーやって おしえられる ことで 50おんじゅんに ならされてきたんだなー、とも おもわれてくる。 https://t.co/sOVsJ43EWM

4 0 0 0 OA 詩経詳解

講説し今日の如く塗板を使用することが絶無なりしが為なり。曽子と荘子とも同音なるを以て、曽子の子を澄みて読み、荘子の子を濁りて読む。皆口より耳に伝ふるのみなりしを以てなり」 https://t.co/picAcJrIBl と ゆー ことに なったのだなあ。

2 0 0 0 OA 蒙求鈔 7巻

蒙求抄に、「荘子ト書テハ清ソ」 https://t.co/OYLQkRWjLP 「荘子清テヨムソ」 https://t.co/QhPwiHelVN と あって、 https://t.co/JFRJxXhL55

2 0 0 0 OA 蒙求鈔 7巻

蒙求抄に、「荘子ト書テハ清ソ」 https://t.co/OYLQkRWjLP 「荘子清テヨムソ」 https://t.co/QhPwiHelVN と あって、 https://t.co/JFRJxXhL55

4 0 0 0 OA 詩経詳解

https://t.co/FGAR0vU0yH なんか いきなり 「バカ」と かきこみが あった。 https://t.co/O6sLrC7int

2 0 0 0 OA 異国叢書

https://t.co/DuFE6gXzC3 「我等は日本人が其宗旨に於て用ふる言葉を以て真理を説くこと長期間に亘りしが、虚偽の言葉を以て真理を説く時は誤解を生ずることに気付き、直に有害なりに認めらるゝ言葉に代へて我等の言葉を教… https://t.co/KM0SLETBvQ

2 0 0 0 OA 異国叢書

@kzhr ありがとうございます。いろいろググっていると、ウェブでは、国デジの「耶蘇会士日本通信 豊後篇 上」 https://t.co/DuFE6gXzC3 で日本語訳が見られるのに気づきました。
https://t.co/lmBbDgM0U6 からと ちゅーが あるけど、それお みると、「1552年に来日したパードレ・バルタザール・ガーゴ」の 「1555年9月23日,平戸発信の書翰」に よる ものっぽくて、アクセスしにくい… https://t.co/NVtjBQiVLh

8 0 0 0 OA 三河物語

120ペの 「ソツ除」わ なんだろ、と おもったけど、 https://t.co/j8QwVtOk2k でわ 「㞓除」と なってて シッパライで しんがりの ことっぽいけど、「ソツ」で いーんだろーか。 https://t.co/CEXOg2ukNx
としょかんで https://t.co/9M5gqoDwsa お みて、医心方に ひく 洞玄子 https://t.co/J4wq9AsBlQ にも 「天平地成」と あるのお しった。 https://t.co/IqW2RJ7uQ8
「西胤は筑後の人、法諱は俊承、道号は西胤、地名を関西という。『満済准后日記』に清胤という宛字が記されていることから道号はセイインとよんだと考えられる」。 https://t.co/mU6NDmXSCZ きだせんせーが「私が疑問に思… https://t.co/zSV1b2yws3
https://t.co/7ftB9CSpj1 で ろんじられてるっぽい。
天台名目類聚鈔に 「四ニ出生不浄ト者仏ハ摩耶夫人ノ右ノ脇ヨリ生シタマヘリ孔子ハ母ノ左脇ヨリ生云々只ノ凡夫ハ母ノ小便道ヨリ生ズ是出生不浄ノ相也」 https://t.co/jzdaXMdut7 と あった(ろーしじゃなくて こーしに なってる)。
であり、インドラ神は絶大な偉業を満たし最後生であって輪廻はないと最高の賞賛を浴びる。/このインド伝承は釈尊の誕生説話に流入して、母マーヤー夫人の右脇からの釈尊誕生という仏誕説話がつくられる」… https://t.co/GeXGK8Vy4Z
クシャトリアだったから、みたいな せつめーばっかり ヒットして、せんこーけんきゅーわ 上枝いづみ「ガンダーラの「誕生」図にみる文化基盤」『密教図像』26 https://t.co/ET7P2EVbD3 に せーりされてるっぽいけど、ウェブでわ みられず。

1 0 0 0 OA 連歌青葉集

96ペ。賦何衣連歌の 「ひとりたちたるそほとなりけり」 https://t.co/pGiypBU1ZE に 「そほ=素王」と ちゅーしてるけど、そほど=かかし、だろー。

1 0 0 0 OA 口語法別記

口語法別記 https://t.co/n1ijoewvQ8
こと、「ねう」は「寝む」のウ音便で、猫の鳴き声の擬音語「ねう」(ニャーに当たる)を掛け、初句の「猫」の縁語となる。/これもまた、『源氏物語』若菜上の巻の著名な場面、さらに若菜下の後日の話を踏まえた歌である」… https://t.co/mRFRhX3iO0
お つけないのわ こくんてんの よみかた https://t.co/Rp0VLQnmdh とも あってて、あまり てきせつな れーに おもえない。
「ロンドンではアーネスト・サトウの旧蔵書「元和版の下学集」を手に入れた」(みずの「村岡典嗣」128ペ)と ゆーのわ いまも むらおかけか とーほくだいに あるのかな。 https://t.co/oJNWDUDicx お みれば わかるんだろーか。

19 0 0 0 OA 姓氏家系大辞典

「『姓氏家系大辞典』は、旧かなづかいのため、「としま」ではなく、「てしま」で項目が立っている」(わたなべ・むねたか「わたしの家系図物語」96ペ)って、きゅーかな かんけーない。 https://t.co/8dOjaxiXOK
漢語の こー、「平安時代、「とぜん」は漢文の世界によく用いられていたが、鎌倉時代には和漢混淆文にも用いられるようになった」(37-38ペ)とあるの、さんこーぶんけんにわ あがってないけど、ふくしま「とぜん(徒然)考」… https://t.co/Tp1u2tyEw2
https://t.co/jUJyepsI3E で こーほんの 〈し〉が、はんぽんで ぎょーとーに なる とき 〈志〉に なるのが あきらかに されてたの、さっぱり しらなかった。
20ペ、「宮古大月方言で「月」がksks」と あるけど、まったく むせーかしてるんだろーか。 https://t.co/ASBZ9pXd3D だと また ちがった かたちに かいてあるけど、これも どんな おとなんだか、むがくで… https://t.co/djPDrw6ebp
ふくしま「遊仙窟の「玳瑁」の訓について」 https://t.co/jtwdTHRVgR お さんしょーしてて ほしかった よーな きも する。
おがわせんせーが 年号反切について かかれてるもの、ウェブで みられるのだと https://t.co/Uo8ntn9LEE の「三 「知」の基盤と共有―韻鏡をめぐって」がある。

2 0 0 0 OA 古事類苑

きよはら・よしかた(清原良賢)も 「常宗云、改元字并名字、上古更不及反音之沙汰、而韻鏡渡朝以来有此沙汰、正得悪字之時、争可用哉之由斟酌也」 https://t.co/MGHH9XWX20 と いっているので(こじるいえんでわ 常寂… https://t.co/SfHwbSut6b
はせがわろんぶん111ペ、 https://t.co/bPDTDo8dXs の タイトルお 「紙背消息」と つずめてしまってる。とゆーか、「省画仮名は、朝鮮半島での訓読方法をルーツとする」(101ペ)と だんてーてきに かいてるの、だいたんだ。
かなもり「人形論」お みはじめたら、「十世山田徳兵衛によれば、「にんぎょう」という言葉は、天養・治承年間(一一四四―八一)に成立した『色葉字類抄』に平仮名で明記されている辺りが初出らしい」(15ペ)と あったけど、かたかなで ニン… https://t.co/AelEcBHxqs

1 0 0 0 OA 今古雅談

あと、さねたかの 「といひし昔のしのばるゝかな」 https://t.co/B7OjuLPFCA わ、もともとわ なにに のってる はなしなのかも、ちょっと しらべられなかった。
「西洋語はラブル、サボルの形に於いて日本語化せられる」 https://t.co/ncM5zWJp9D 。ラブルって こーゆー れーに あげられる ほどに ひろまってたんだろーか。にっこくの よーれーわ、くにきだ・どっぽの 「第三者」。
「十世紀前半にまとめられた辞書『和名類聚抄』によれば、「馳射」の和訓は「オウモノイル」」(なかざわ「肉食の社会史」117ペ)と あったけど、「於無毛乃以流」 https://t.co/svFQC7OuCd だから ウわ へんだろー… https://t.co/c9VIUoFMPY

1 0 0 0 OA 日本開化小史

「其分{そのぶん}」241ペ→其文 「猥雑淫風」241ペ→ https://t.co/7WUx2BUkXG だと 猥褻に なってるけど、岩波文庫でわ 猥雑なんだろーか 「保歴間記」241ペ→保暦間記 「至り手」241ペ→至りて 「… https://t.co/CMsQImcf0E

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(186ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

5 4 4 4 OA 沙翁傑作集

RT @sarihama_xx: 坪内逍遥訳『沙翁全集マクベス』は前書きも逍遥がしっかり解説していたけど、後書きはさらに詳しく。そこには翻訳黎明期に試行錯誤で翻訳する過程が書かれていて興味深い。 https://t.co/hugvWM4Ddo
RT @NDLJP_en: Dreaming of outer space: From ancient to modern times: https://t.co/YQV0nzcfKx https://t.co/q1NNtRoXYU
RT @NDLJP_en: YKD: the keyword to finding picture postcards at the NDL https://t.co/bOC8u28FRT https://t.co/ryhNUrySpi

5 4 4 0 OA 類聚名義抄

RT @viewfromnowhere: みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ ない…

4 4 4 0 OA 色葉字類抄

RT @viewfromnowhere: みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ ない…

4 4 4 0 OA 色葉字類抄

RT @viewfromnowhere: みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ ない…
A good starting point is Mineya Tōru's 三根谷徹 1972 越南漢字音の研究. On pp. 16-18 he refers to Nanjō 南条 / Takakusu 高楠 1903 仏領… https://t.co/5rE8ATONLc

5 4 4 0 OA 類聚名義抄

RT @viewfromnowhere: みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ ない…

4 4 4 0 OA 色葉字類抄

RT @viewfromnowhere: みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ ない…

4 4 4 0 OA 色葉字類抄

RT @viewfromnowhere: みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ ない…
Finally, here's what I've found at the NDL now, from the Kigū manroku kangosui 崎寓漫録換午睡 @ https://t.co/ljPswYOfg9.… https://t.co/pHs6usJelO

1 1 1 0 OA 長崎紀聞

3) There's also a variant of the preceding, from Nagasaki kibun 長崎紀聞 @ https://t.co/SPVbKzjJzM. Here, even the dot… https://t.co/DLwl3MZlvj

1 1 1 0 OA 西遊旅譚 5巻

As pointed out by Hiraoka, several late Edo texts feature illustrations of that gravestone and its inscription. Let… https://t.co/z2Qk3FZyVY
RT @Cristoforou: こんなものがリポジトリに。教科書や地政学本の地図間違いについての発表で有名な先生の論文。『防衛白書』の地図がめちゃ間違ってるそうな。/近藤暁夫「掲載地図の誤りにみる『防衛白書』の資料的価値と防衛省の地理的知識―『平成29 年版 日本の防衛―防衛…
@JUMANJIKYO 『当て字当て読み/漢字表現辞典』は、古例を求めたものではありませんしね。 『遊字典』を見たら、島崎藤村「破戒」・石川淳「佳人」・三島由紀夫「仮面の告白」が挙がっていました。 https://t.co/0HjgfEsr1Y
RT @egamiday: “落款印および関連情報の検索システムの構築:人物情報と人物関係ネットワークの自動抽出に向けて ” / “情報学広場:情報処理学会電子図書館” https://t.co/hQbsW9HgmN
CiNii 論文 -  文化冷戦と留学オリエンテーション映画 : 占領下の日本および沖縄における「ガリオア留学」 (戸澤健次教授退職記念号) https://t.co/9eWuDDqimY #CiNii

3 3 3 0 OA はやり唄

RT @okjma: @JUMANJIKYO 小杉天外「はやり唄」(明治35年)の例など、「伝染る」は、結構あります。 https://t.co/GKNaz6jI6K 松本隆より少し前のところでは、司馬遼太郎「燃えよ剣」の中で、沖田総司が自らの病気を「伝染〈うつ〉りそうな気が…

3 3 3 0 OA はやり唄

@JUMANJIKYO 小杉天外「はやり唄」(明治35年)の例など、「伝染る」は、結構あります。 https://t.co/GKNaz6jI6K 松本隆より少し前のところでは、司馬遼太郎「燃えよ剣」の中で、沖田総司が自らの病気を… https://t.co/Jm8sPuvlkg

5 1 1 0 OA 點例 2巻

RT @HanShotFirst_jp: 竪点については、貝原益軒先生の『点例』を見るとよいよー(教育的配慮) https://t.co/n27bFMRpuD
@IIMA_Hiroaki 「冥途の飛脚」ですかね、さかのぼれば。 「今日も今日とて島屋にて、理屈をつめて ねだれごと」 https://t.co/ygmf5LDHfP 1行目 (大近松全集)
@uger_san https://t.co/yMfVWmerUg 佐賀県方言辞典 つんなむ ツレナフ
詩経の小雅の北山之什の「上天同雲 雨雪雰雰 益之以霢霂」のあたりについて、中村惕斎の『詩經示蒙句解』で、「こさめふる時は、土脉うるほひて、よく物を生す」と注があるのを見つけましたが、もう、これは、この元を探したりはしません。… https://t.co/mQLaGecKMJ

1 1 1 0 OA 日用便覧

明治24年の『日用便覧』では、 https://t.co/XPiV2N0ilT 「つちうるほひおこる」と読んでいますが、これなどは、「土脉」を「つち」と読んだのでしょうか。
「獺祭魚」が「土脉潤起」に変わったことは、深沢眞二「獺の祭見て来よ:七十二候と俳諧」https://t.co/k81ZwCvFcM で纏めてくださっていて、「渋川春海は貞享暦の構築にあたって、日本の風物や気候に適った新たな「七十二… https://t.co/qRtMBLHDBY
七十二候の「土脉潤起」を「ツチのショウ ウルオイ オコル」と読む習慣があるのを知って、脉(脈)をショウと読むとはどういうわけだ、と思いました。 まず、明治11年の懐中要便七十二候略暦に「ツチノシヤウ 」とあることが見え、… https://t.co/byLOCSRquV

3 2 2 0 OA 茅窗漫録 3巻

As a follow-up to the recent topic of "tabako" etc. @ https://t.co/tJE2Ss3XmA -- here's an interesting list of 2.5… https://t.co/ootaazjh9L
立法調査資料『レファレンス』No.829を掲載 諸外国の事例に見る付加価値税の減税等 (PDF: 1437KB) https://t.co/hpt0RGrAbv

4 3 3 0 OA 茅窗漫録 3巻

[Fujiwara] Seika sensei [藤原]惺窩先生 (plus kaō 花押!) likewise < Bōsō manroku 茅窗漫録 (1833) @ https://t.co/HvEkObhoph 2/ https://t.co/B907oObR3E

4 3 3 0 OA 茅窗漫録 3巻

[Ogyū] Sorai sensei [荻生]徂徠先生 < Bōsō manroku 茅窗漫録 (1833) @ https://t.co/YgLIKg2NzW https://t.co/yQRDFMWxDV

2 2 2 0 OA 偸閑漫録

Untitled snake. With measurements. < Tōkan manroku 偸閑漫録, ms. in the possession of @NDLJP_en @… https://t.co/OffOXAFAxt

5 5 5 0 OA 大智度論

RT @knagasaki: 子活字版と言われているが、こっち https://t.co/mM9ttDuW2i とこっち https://t.co/5OYvk2UrVj で共通化されてる部分があるかもと思ったが刊行年が離れていることもあってか版木が異なるよう。 「国立博物館所蔵…

5 5 5 0 OA 大智度論

RT @knagasaki: 子活字版と言われているが、こっち https://t.co/mM9ttDuW2i とこっち https://t.co/5OYvk2UrVj で共通化されてる部分があるかもと思ったが刊行年が離れていることもあってか版木が異なるよう。 「国立博物館所蔵…

5 5 5 0 OA 大智度論

子活字版と言われているが、こっち https://t.co/mM9ttDuW2i とこっち https://t.co/5OYvk2UrVj で共通化されてる部分があるかもと思ったが刊行年が離れていることもあってか版木が異なるよう。… https://t.co/IK7tS0tgZJ
メモ。『新義』323(2019年)中川委紀子「「根来寺の仏宝」(1)根来寺の境内」、永村眞「頼瑜僧正の門葉と新義教学」。2、3頁の簡単な内容のものと思われるが、要確認。https://t.co/Msolbn274N
山口仲美『日本語の古典』岩波新書 2011 いいタイトルだと、改めて思います。 https://t.co/GtMnDvBisg

6 6 6 0 OA 放送史料探訪

放送史料探訪 『外地放送史資料・満州編』 「外地」放送史料から(4) 宮川 大介 https://t.co/iZdg5GzVl1
RT @a24isobe: 銅版物の楽しみの一つは、彫師名を探すこと。 明治11.4『改正小学読本便蒙』は、末丁ノドほかに「佐々木刻」。 https://t.co/EzkcoQZVFn 名寄せと言えるほど彫師を集めてるわけではないが、初見。 前付ノドに「西京正文堂刻成」とあるか…
RT @a24isobe: 銅版物の楽しみの一つは、彫師名を探すこと。 明治11.4『改正小学読本便蒙』は、末丁ノドほかに「佐々木刻」。 https://t.co/EzkcoQZVFn 名寄せと言えるほど彫師を集めてるわけではないが、初見。 前付ノドに「西京正文堂刻成」とあるか…
藤田大誠ほか「伝統・文化に係わる教育法の構築に関する基礎研究」『國學院大學人間開発学研究』1號2009はなぜかCiNii ArticlesでID變更されたのでhttps://t.co/T3nMHo3GfM→… https://t.co/Isp7GaAzWr
藤田大誠ほか「伝統・文化に係わる教育法の構築に関する基礎研究」『國學院大學人間開発学研究』1號2009はなぜかCiNii ArticlesでID變更されたのでhttps://t.co/T3nMHo3GfM→… https://t.co/Isp7GaAzWr

フォロワー(285ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

5 4 4 4 OA 沙翁傑作集

RT @sarihama_xx: 坪内逍遥訳『沙翁全集マクベス』は前書きも逍遥がしっかり解説していたけど、後書きはさらに詳しく。そこには翻訳黎明期に試行錯誤で翻訳する過程が書かれていて興味深い。 https://t.co/hugvWM4Ddo
「福島正夫は戦前の仁井田の研究により生み出された『唐令拾遺』、『唐宋法律文書の研究』、『支那身分法史』を戦前三大著と評し、それぞれの研究を順に資料精査、法律文書の分類、比較法制史として特徴づけている」 唐宋法律文書の研究… https://t.co/Kunz8gVtl7

3 1 1 1 OA 支那身分法史

「福島正夫は戦前の仁井田の研究により生み出された『唐令拾遺』、『唐宋法律文書の研究』、『支那身分法史』を戦前三大著と評し、それぞれの研究を順に資料精査、法律文書の分類、比較法制史として特徴づけている」 唐宋法律文書の研究… https://t.co/Kunz8gVtl7
RT @NDLJP_en: Dreaming of outer space: From ancient to modern times: https://t.co/YQV0nzcfKx https://t.co/q1NNtRoXYU
RT @NDLJP_en: YKD: the keyword to finding picture postcards at the NDL https://t.co/bOC8u28FRT https://t.co/ryhNUrySpi

5 4 4 0 OA 類聚名義抄

RT @viewfromnowhere: みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ ない…

4 4 4 0 OA 色葉字類抄

RT @viewfromnowhere: みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ ない…

4 4 4 0 OA 色葉字類抄

RT @viewfromnowhere: みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ ない…
RT @quiriu_pino: こんな書評出てたみたいです 桜井 英治「書評 深尾京司・中村尚史・中林真幸編『岩波講座日本経済の歴史1 中世 11世紀から16世紀後半』 」 国民経済雑誌 220(6), 97-102, 2019-12 https://t.co/yMmtwX…
RT @akoustam: 科学的にはほとんど意味がなく、世界でも日本ぐらいしかやらなかった「全頭検査」を、何故日本の消費者は安全に一番有効な対策と認知したのか、そこには新聞報道とある程度の相関が見られるという研究。 https://t.co/78rUxxA5yt (PDF)
A good starting point is Mineya Tōru's 三根谷徹 1972 越南漢字音の研究. On pp. 16-18 he refers to Nanjō 南条 / Takakusu 高楠 1903 仏領… https://t.co/5rE8ATONLc

5 4 4 0 OA 類聚名義抄

RT @viewfromnowhere: みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ ない…

4 4 4 0 OA 色葉字類抄

RT @viewfromnowhere: みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ ない…

4 4 4 0 OA 色葉字類抄

RT @viewfromnowhere: みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ ない…
さりげなく、すごいことがかいてあった。 >『土佐日記』においては、「作者」以外の作中人物の発言に関しては全て、それが和歌、あるいは会話文であることが、「詠める」「いはく」「…といふ」「…とて」などの文言によって明示されている。 https://t.co/kO6OToeRbx
Finally, here's what I've found at the NDL now, from the Kigū manroku kangosui 崎寓漫録換午睡 @ https://t.co/ljPswYOfg9.… https://t.co/pHs6usJelO

1 1 1 0 OA 長崎紀聞

3) There's also a variant of the preceding, from Nagasaki kibun 長崎紀聞 @ https://t.co/SPVbKzjJzM. Here, even the dot… https://t.co/DLwl3MZlvj

1 1 1 0 OA 西遊旅譚 5巻

As pointed out by Hiraoka, several late Edo texts feature illustrations of that gravestone and its inscription. Let… https://t.co/z2Qk3FZyVY
RT @Cristoforou: こんなものがリポジトリに。教科書や地政学本の地図間違いについての発表で有名な先生の論文。『防衛白書』の地図がめちゃ間違ってるそうな。/近藤暁夫「掲載地図の誤りにみる『防衛白書』の資料的価値と防衛省の地理的知識―『平成29 年版 日本の防衛―防衛…
@JUMANJIKYO 『当て字当て読み/漢字表現辞典』は、古例を求めたものではありませんしね。 『遊字典』を見たら、島崎藤村「破戒」・石川淳「佳人」・三島由紀夫「仮面の告白」が挙がっていました。 https://t.co/0HjgfEsr1Y
RT @egamiday: “落款印および関連情報の検索システムの構築:人物情報と人物関係ネットワークの自動抽出に向けて ” / “情報学広場:情報処理学会電子図書館” https://t.co/hQbsW9HgmN
CiNii 論文 -  文化冷戦と留学オリエンテーション映画 : 占領下の日本および沖縄における「ガリオア留学」 (戸澤健次教授退職記念号) https://t.co/9eWuDDqimY #CiNii

3 3 3 0 OA はやり唄

RT @okjma: @JUMANJIKYO 小杉天外「はやり唄」(明治35年)の例など、「伝染る」は、結構あります。 https://t.co/GKNaz6jI6K 松本隆より少し前のところでは、司馬遼太郎「燃えよ剣」の中で、沖田総司が自らの病気を「伝染〈うつ〉りそうな気が…

3 3 3 0 OA はやり唄

@JUMANJIKYO 小杉天外「はやり唄」(明治35年)の例など、「伝染る」は、結構あります。 https://t.co/GKNaz6jI6K 松本隆より少し前のところでは、司馬遼太郎「燃えよ剣」の中で、沖田総司が自らの病気を… https://t.co/Jm8sPuvlkg

5 1 1 0 OA 點例 2巻

RT @HanShotFirst_jp: 竪点については、貝原益軒先生の『点例』を見るとよいよー(教育的配慮) https://t.co/n27bFMRpuD
@IIMA_Hiroaki 「冥途の飛脚」ですかね、さかのぼれば。 「今日も今日とて島屋にて、理屈をつめて ねだれごと」 https://t.co/ygmf5LDHfP 1行目 (大近松全集)
@uger_san https://t.co/yMfVWmerUg 佐賀県方言辞典 つんなむ ツレナフ
詩経の小雅の北山之什の「上天同雲 雨雪雰雰 益之以霢霂」のあたりについて、中村惕斎の『詩經示蒙句解』で、「こさめふる時は、土脉うるほひて、よく物を生す」と注があるのを見つけましたが、もう、これは、この元を探したりはしません。… https://t.co/mQLaGecKMJ

1 1 1 0 OA 日用便覧

明治24年の『日用便覧』では、 https://t.co/XPiV2N0ilT 「つちうるほひおこる」と読んでいますが、これなどは、「土脉」を「つち」と読んだのでしょうか。
「獺祭魚」が「土脉潤起」に変わったことは、深沢眞二「獺の祭見て来よ:七十二候と俳諧」https://t.co/k81ZwCvFcM で纏めてくださっていて、「渋川春海は貞享暦の構築にあたって、日本の風物や気候に適った新たな「七十二… https://t.co/qRtMBLHDBY
七十二候の「土脉潤起」を「ツチのショウ ウルオイ オコル」と読む習慣があるのを知って、脉(脈)をショウと読むとはどういうわけだ、と思いました。 まず、明治11年の懐中要便七十二候略暦に「ツチノシヤウ 」とあることが見え、… https://t.co/byLOCSRquV
川平敏文[2010]「江戶のコンポジション:徒然草の漢訳」 https://t.co/EmIXFC73vA 黄昱[2016]「『徒然草』の中文訳と漢文訳」 https://t.co/pf79AaU3vX 岡部明日香[2005]… https://t.co/Ahtfbaebzq
川平敏文[2010]「江戶のコンポジション:徒然草の漢訳」 https://t.co/EmIXFC73vA 黄昱[2016]「『徒然草』の中文訳と漢文訳」 https://t.co/pf79AaU3vX 岡部明日香[2005]… https://t.co/Ahtfbaebzq

3 2 2 0 OA 茅窗漫録 3巻

As a follow-up to the recent topic of "tabako" etc. @ https://t.co/tJE2Ss3XmA -- here's an interesting list of 2.5… https://t.co/ootaazjh9L
立法調査資料『レファレンス』No.829を掲載 諸外国の事例に見る付加価値税の減税等 (PDF: 1437KB) https://t.co/hpt0RGrAbv

4 3 3 0 OA 茅窗漫録 3巻

[Fujiwara] Seika sensei [藤原]惺窩先生 (plus kaō 花押!) likewise < Bōsō manroku 茅窗漫録 (1833) @ https://t.co/HvEkObhoph 2/ https://t.co/B907oObR3E

4 3 3 0 OA 茅窗漫録 3巻

[Ogyū] Sorai sensei [荻生]徂徠先生 < Bōsō manroku 茅窗漫録 (1833) @ https://t.co/YgLIKg2NzW https://t.co/yQRDFMWxDV

2 2 2 0 OA 偸閑漫録

Untitled snake. With measurements. < Tōkan manroku 偸閑漫録, ms. in the possession of @NDLJP_en @… https://t.co/OffOXAFAxt

5 5 5 0 OA 大智度論

RT @knagasaki: 子活字版と言われているが、こっち https://t.co/mM9ttDuW2i とこっち https://t.co/5OYvk2UrVj で共通化されてる部分があるかもと思ったが刊行年が離れていることもあってか版木が異なるよう。 「国立博物館所蔵…

5 5 5 0 OA 大智度論

RT @knagasaki: 子活字版と言われているが、こっち https://t.co/mM9ttDuW2i とこっち https://t.co/5OYvk2UrVj で共通化されてる部分があるかもと思ったが刊行年が離れていることもあってか版木が異なるよう。 「国立博物館所蔵…

5 5 5 0 OA 大智度論

子活字版と言われているが、こっち https://t.co/mM9ttDuW2i とこっち https://t.co/5OYvk2UrVj で共通化されてる部分があるかもと思ったが刊行年が離れていることもあってか版木が異なるよう。… https://t.co/IK7tS0tgZJ
メモ。『新義』323(2019年)中川委紀子「「根来寺の仏宝」(1)根来寺の境内」、永村眞「頼瑜僧正の門葉と新義教学」。2、3頁の簡単な内容のものと思われるが、要確認。https://t.co/Msolbn274N
山口仲美『日本語の古典』岩波新書 2011 いいタイトルだと、改めて思います。 https://t.co/GtMnDvBisg

6 6 6 0 OA 放送史料探訪

放送史料探訪 『外地放送史資料・満州編』 「外地」放送史料から(4) 宮川 大介 https://t.co/iZdg5GzVl1
RT @a24isobe: 銅版物の楽しみの一つは、彫師名を探すこと。 明治11.4『改正小学読本便蒙』は、末丁ノドほかに「佐々木刻」。 https://t.co/EzkcoQZVFn 名寄せと言えるほど彫師を集めてるわけではないが、初見。 前付ノドに「西京正文堂刻成」とあるか…
RT @a24isobe: 銅版物の楽しみの一つは、彫師名を探すこと。 明治11.4『改正小学読本便蒙』は、末丁ノドほかに「佐々木刻」。 https://t.co/EzkcoQZVFn 名寄せと言えるほど彫師を集めてるわけではないが、初見。 前付ノドに「西京正文堂刻成」とあるか…
CiNii 論文 - 古橋紀宏「漢魏の経学の変化と鄭玄・王粛の礼学」香川大学教育学部研究報告(2019) https://t.co/bORzjSkRQs #CiNii
田中実「不動産の用語をめぐるロレンツォ・ヴァッラとその後」 (多田元教授退職記念号) (2012) https://t.co/Oa58nSTkuC
藤田大誠ほか「伝統・文化に係わる教育法の構築に関する基礎研究」『國學院大學人間開発学研究』1號2009はなぜかCiNii ArticlesでID變更されたのでhttps://t.co/T3nMHo3GfM→… https://t.co/Isp7GaAzWr
藤田大誠ほか「伝統・文化に係わる教育法の構築に関する基礎研究」『國學院大學人間開発学研究』1號2009はなぜかCiNii ArticlesでID變更されたのでhttps://t.co/T3nMHo3GfM→… https://t.co/Isp7GaAzWr