MINAKA Nobuhiro (@leeswijzer)

投稿一覧(最新100件)

RT @triadsou: Reproducibility of statistical test results based on p-value. Takashi Yanagawa. Japanese Journal of Biometrics. https://t.co…
RT @lambtani____: 統計遺伝学の歴史 —とくに量的形質の解析に関連して— 鵜飼 保雄 https://t.co/EIsUclgODE
RT @okisayaka: 文系観・理系観の形成プロセスの解明―国立大学の学生を対象としてー - https://t.co/OBlJnqZjJE #ScholarAlerts
RT @freeliving_mite: 真核生物の体系が2019にリバイスされましたが,その解説を日本語で書きました. https://t.co/7aaqSEgsR5
[欹耳袋]名倉昌巳・松本伸示 2019. 中学校新入生に「生物多様性」の理解と「進化思考」を促す理科授業開発:「身近な生物」の観察における「分類・系統樹」思考を導入した学習指導を事例として.理科教育学研究, 60 (2): 397-407. https://t.co/CeJQSKZx0C
RT @yokogawa12: J-STAGE Articles - 近代日本における植物図鑑の発達とその背景 https://t.co/HCHqLGpKjk 植物誌や図鑑の歴史って案外研究されてない?マニアックな情報を知ってる人はそれなりにいるんやけどしっかりまとめた人は少…
[欹耳袋]疋田努 2019. 爬虫類の分類学・系統学・生物地理学 ― 分岐分類学の問題点. タクサ, 47: 1-9. https://t.co/8Yksz5ivCK https://t.co/XbEXOWqA7t [pdf: open access] ※「そのうち一杯飲みながら意見をお聞きしたいと思っております」(p. 8)— はい,では近いうちに〈吉田さかみち〉で.
[欹耳袋]疋田努 2019. 爬虫類の分類学・系統学・生物地理学 ― 分岐分類学の問題点. タクサ, 47: 1-9. https://t.co/8Yksz5ivCK https://t.co/XbEXOWqA7t [pdf: open access] ※「そのうち一杯飲みながら意見をお聞きしたいと思っております」(p. 8)— はい,では近いうちに〈吉田さかみち〉で.
RT @asarin: 三中先生には心理学評論「心理学の再現可能性」特集号にコメント論文「統計学の現場は一枚岩ではない」を寄稿していただきました.https://t.co/5n6CVB5IQI https://t.co/8Z31JxY3lp
元論文:沖川悦三 2011. 車いすの歴史的変遷と今後の展望. 日本義肢装具学会誌, 27(1): 28-33. https://t.co/v5Eko1trOX https://t.co/FL3xbBtkgs
[つくば]ノンパラメトリック二元配置法→山村光司1993. ノンパラメトリック検定で用いる多重比較法. 植物防疫 47: 463-467. https://t.co/w2JPE716Qk
RT @ringoame8200: 来月刊行予定の『P値 ―その正しい理解と適用―』の著者である柳川堯先生によるp値の解説論文。https://t.co/L6nXRbOrSa
CiNii Books で検索してみると,この〈ダーウィン書簡集〉を現時点でコンプリートで揃えている国内の大学はほんの片手で数えられるくらいしかない. https://t.co/VmNWYvxCRr
RT @uranus_2: 再現可能性ははたして必要なのか:p値問題から垣間見る科学研究の多様性 https://t.co/soYvPON24F
[蒐書日誌]ワタクシのはこちら:Nobuhiro Minaka 2018. Tree and Network in Systematics, Stemmatics, and Linguistics: Structural Model Selection in Phylogeny Reconstruction(pp. 9-24) https://t.co/tWir7gn73F
@animemitarou [欹耳袋]岡本健「資料のえじき―ゾンビな文献収集」奈良県立大学リポジトリ https://t.co/95QkXRQnoj ※「この「一覧性」や「偶然性」は今のところ電子的な文献検索では十分に実現されていないように思う.実際に出向いて足で文献を探す方法も捨てたものではない」— たしかにそう思う.
RT @animemitarou: 「先行研究を調べなさい」と言われて途方に暮れているそこのあなた!こちらの「資料のえじき ―ゾンビな文献収集」をぜひご覧ください(^_^)「ゾンビ」の先行研究探しを例に、詳細解説!!「ゾンビ」をあなたの好きな言葉に入れ替えれば、きっと先行研究が…
https://t.co/1MC1SKrEku [pdf].この論文ではドボルザーク交響曲第9番〈新世界から〉第3楽章のティンパニーを取り上げているが,もっと音圧が高いクラシック曲はなんぼでもあるし.
[欹耳袋]椎名乾平 2016. 相関係数の起源と多様な解釈.心理学評論 59(4): 415-444 https://t.co/nku5J1ZWLM [open access] ※「はじめに」(p. 415)では,統計学史のもつ意義に関するとても重要な点が指摘されていて,ワタクシは深く深く共感する.
RT @tuyamagu: 小松貴さんによる地下性節足動物の総説「日本の地下空隙に生息する陸生節足動物の多様性 Diversity of troblobiontic arthropods in Japan」は以下のリンクより誰でも閲覧できる。日本語で書かれているので、英語が苦手…
[欹耳袋]杉山昂平・森玲奈・山内祐平 2018「成人の趣味における興味の深まりと学習環境の関係:アマチュア・オーケストラ団員への回顧的インタビュー調査から」日本教育工学会論文誌, https://t.co/9MXdqz4yIX [open access] ※ワタクシは匿名インフォーマントのひとりだけど,すぐバレるよねぇ.
[欹耳袋]浅原正和 2017. 「Variation」の訳語として「変異」が使えなくなるかもしれない問題について:日本遺伝学会の新用語集における問題点.哺乳類科学, 57巻(2): 387-390. https://t.co/S9O2ZjDZWa [abstract] https://t.co/LdnEnu6Qou [pdf: open access]
[欹耳袋]浅原正和 2017. 「Variation」の訳語として「変異」が使えなくなるかもしれない問題について:日本遺伝学会の新用語集における問題点.哺乳類科学, 57巻(2): 387-390. https://t.co/S9O2ZjDZWa [abstract] https://t.co/LdnEnu6Qou [pdf: open access]
[蒐書日誌]池田亀鑑『古典の批判的処置に関する研究(全三部)』(1941年,岩波書店)が国立国会図書館デジタルコレクションに入っていたことを知った:第一部 https://t.co/4F0GO7VQ33 |第二部 https://t.co/91pOddRYc2 |第三部 https://t.co/r5QVmc6PW6
[蒐書日誌]池田亀鑑『古典の批判的処置に関する研究(全三部)』(1941年,岩波書店)が国立国会図書館デジタルコレクションに入っていたことを知った:第一部 https://t.co/4F0GO7VQ33 |第二部 https://t.co/91pOddRYc2 |第三部 https://t.co/r5QVmc6PW6
[蒐書日誌]池田亀鑑『古典の批判的処置に関する研究(全三部)』(1941年,岩波書店)が国立国会図書館デジタルコレクションに入っていたことを知った:第一部 https://t.co/4F0GO7VQ33 |第二部 https://t.co/91pOddRYc2 |第三部 https://t.co/r5QVmc6PW6
RT @asarin: ボウルス+ギンタス『協力する種 制度と心の共進化』 書誌情報:https://t.co/CVKdfL8Z2h リレー書評:https://t.co/nShlzB9NZn

6 0 0 0 OA 分類山村語彙

[蒐書日誌]メモ(7):柳田國男・倉田一郎(編)『分類山村語彙』(1941年5月,信濃教育會 https://t.co/fwXSl2SVhx )※日本各地の山村で採集されたことばの時間的・地理的関連性について系統学的視点を提示していてとても興味深い.ことばの民俗学は系統学的アプローチが十分に適用可能な分野だ.
[欹耳袋]松田毅 2017. ワークショップ報告「種」とは何か : 生物学の哲学の現場から論じる.アルケー[関西哲学会年報], (25): 27-32. https://t.co/GDnMwAYdwF ※昨年10月に阪大(吹田)で開催された関西哲学会第69回大会ワークショップの記録.ワタクシと大塚淳さん(京大文学部)が登壇した.
調べてみたら昔の解説記事があった:三輪哲久・袴田共之・山村光司 1998. 土壌肥料学における数理統計手法の応用上の問題点 : 2. 実験計画法 : 「1区3連制」と書けば十分か? 日本土壌肥料学雑誌, 69(5): 531-537 https://t.co/LAmSbW57Xf
RT @tzhaya: 遂に全文がCiNii Dissertations / NDLデジタルコレクションまで届きました。/ CiNii 博士論文 - 研究機関における情報資源の相互接続と連係によるアクセス支援に関する研究 https://t.co/2XOUBJ4htG #CiN…
[欹耳袋]坊農真弓 2017「視点 女性研究者のリアル:その1 出産育児と不妊治療」情報管理 60(4):275-278 https://t.co/NAIrjJtpzq ※「子どもを産んだ自分を休ませることなく,研究者としての自分を見失わないためにたくさんの無理を重ねてきた」
RT @tzhaya: 情報知識学会年次大会におきまして、林、@tsaka1 他の共著による論文が同学会第14回(2017年度)論文賞を頂きました。ますは受賞にあたりみなさまにお礼申し上げます。 https://t.co/fs8T86CfBo https://t.co/pkfP…

4 0 0 0 OA 分類農村語彙

柳田國男の『分類語彙』三部作はいずれも国立国会図書館デジタルコレクションで公開されている:『分類山村語彙』https://t.co/fwXSl3aw95 『分類漁村語彙』https://t.co/iXxRpvuwJ0 『分類農村語彙』https://t.co/hqP8pMhcUg

6 0 0 0 OA 分類山村語彙

柳田國男の『分類語彙』三部作はいずれも国立国会図書館デジタルコレクションで公開されている:『分類山村語彙』https://t.co/fwXSl3aw95 『分類漁村語彙』https://t.co/iXxRpvuwJ0 『分類農村語彙』https://t.co/hqP8pMhcUg

3 0 0 0 OA 分類漁村語彙

柳田國男の『分類語彙』三部作はいずれも国立国会図書館デジタルコレクションで公開されている:『分類山村語彙』https://t.co/fwXSl3aw95 『分類漁村語彙』https://t.co/iXxRpvuwJ0 『分類農村語彙』https://t.co/hqP8pMhcUg
[系統樹大全]くとの「この本! おすすめします ニコニコ学会βと人文学のフロンティア:2冊の本の紹介から」情報管理,60 (1): 60-64, 2017 https://t.co/YqXA31EJ8W [html] | https://t.co/3nNxbukxVG [pdf]
[系統樹大全]くとの「この本! おすすめします ニコニコ学会βと人文学のフロンティア:2冊の本の紹介から」情報管理,60 (1): 60-64, 2017 https://t.co/YqXA31EJ8W [html] | https://t.co/3nNxbukxVG [pdf]
[欹耳袋]エヴァン・P・エコノモ(Evan P. Economo) 2016. [国外で研究職に就くには(2)]西洋アカデミアを理解するために:求職者と推薦書執筆者へのアドバイス. 日本生態学会誌, 66: 735-742. https://t.co/pzk9SYL4z0
[欹耳袋]室屋安孝 2016. 漢訳『方便心論』の金剛寺本と興聖寺本をめぐって〔附追記〕. 日本古写経研究所研究紀要, 1: 13 - 34 (英文要旨あり) https://t.co/aG7N1p4CLP
本書が出版される前年に「未定稿」 https://t.co/Yp8RjiNLTm なるものが配布されたようで,今では未定稿の所蔵館の方が倍近く多い.さらに10年後につくばに移転する直前の1983年11月に100頁余の「追補」 https://t.co/SQwixQ7RXn あり.
本書が出版される前年に「未定稿」 https://t.co/Yp8RjiNLTm なるものが配布されたようで,今では未定稿の所蔵館の方が倍近く多い.さらに10年後につくばに移転する直前の1983年11月に100頁余の「追補」 https://t.co/SQwixQ7RXn あり.
[蒐書日誌]わけあってかつて西ヶ原にあった農技研のことを調べている:農業技術研究所80年史編さん委員会『農業技術研究所八十年史』(1974年12月 https://t.co/o32XADN2An [CiNii])※700頁あまりある電話帳.必要なのは物理統計部に関する10頁ほど.
[欹耳袋]村井貴「ウェブデザインの体系的分類に関する研究:分類学の視点でウェブデザイン史の系統樹を試みる」日本デザイン学会第63回研究発表大会セッションID: D8-04 (2016年6月30日公開)https://t.co/rPSWX8bDjU ※系統樹系統樹〜
[欹耳袋]大塚啓二郎 2014. いかにして英文雑誌に論文を掲載するか. 農業経済研究, 86(2): 179-183 https://t.co/o5RCeWXjG8 https://t.co/04pMCeFoNs [pdf: open access]
[欹耳袋]大塚啓二郎 2014. いかにして英文雑誌に論文を掲載するか. 農業経済研究, 86(2): 179-183 https://t.co/o5RCeWXjG8 https://t.co/04pMCeFoNs [pdf: open access]
[欹耳袋]加藤司 2016.[エディトリアル]『パーソナリティ研究』に採択される方法―投稿論文の問題点とその対応策.パーソナリティ研究, 25(1): 1-9. https://t.co/TTnASPrTDL https://t.co/dk3r3ARn4T [pdf]
[欹耳袋]加藤司 2016.[エディトリアル]『パーソナリティ研究』に採択される方法―投稿論文の問題点とその対応策.パーソナリティ研究, 25(1): 1-9. https://t.co/TTnASPrTDL https://t.co/dk3r3ARn4T [pdf]
[欹耳袋]思わぬ “旧悪” が CiNii でオープンアクセスに:三中信宏 1997「S3-1 実践プレゼンテーションテクニック : 講演はショータイム!(応動昆(自称)若手の会)(小集会)」日本応用動物昆虫学会大会講演要旨 https://t.co/euLEEdwsOp
[駒場]佐藤恵子 2008. 「ビオトープ」はヘッケルの造語ではない! : ヘッケルとダールの原典に基づく「ビオトープ」という言葉の由来についての検討.東海大学総合教育センター紀要, 28, 33-43 https://t.co/Z1O6MUXoLc
[駒場]日本人が書いたヘッケル伝:岩崎重三『進化論者ヘツケル』(1921年,洛陽堂) https://t.co/QW3Fw3LieZ /永野為武『偉大なる科学者の生涯 : ヘッケル伝』(1954年,みやぎの文庫・第1集) https://t.co/kDP8gNmIvO
[駒場]日本人が書いたヘッケル伝:岩崎重三『進化論者ヘツケル』(1921年,洛陽堂) https://t.co/QW3Fw3LieZ /永野為武『偉大なる科学者の生涯 : ヘッケル伝』(1954年,みやぎの文庫・第1集) https://t.co/kDP8gNmIvO
@leeswijzer 国内所蔵館はたった22館しかないけど.ホンマにええのん?(カバンの奥深くに格納だん) https://t.co/VHvqP2ZruD
[蒐書日誌]1921年にアルスから出版された若山牧水『静かなる旅をゆきつつ』は〈近代デジタルライブラリー〉で公開されている. https://t.co/E0ZoOjJhs2 谷川温泉についてはコマ番号115以降の「みなかみへ」に記されている.

16 0 0 0 OA 便所の進化

[蒐書日誌]ちょっと調べたら,やっぱりあった:高野六郎『便所の進化』(1941年,厚生閣[國民科學・2]).国会図書館デジタルライブラリー https://t.co/ZTcsTkWjy5 ※第2章「便所の分類」,第3章「世界便所風景」,そして第9章「便所の進化」.
@leeswijzer 英訳版は20年ほど前に外部複写依頼をしたことがあるが,当時は国内では私立大学にしか所蔵されていなくて,「私費でしか受け付けられない」と言われた.いま CiNii Books http://t.co/q8onRDoYSE で調べたら国立大学にも入っている.

23 0 0 0 OA 編集後記

@leeswijzer 太郎丸博 2007. 編集後記—論文を投稿すること、審査すること—. 理論と方法, 22(1): 105-108 http://t.co/vz6JUQn1Dj [CiNii] http://t.co/0GFR3zVw7M [pdf]
@leeswijzer 太郎丸博 2007. 編集後記—論文を投稿すること、審査すること—. 理論と方法, 22(1): 105-108 http://t.co/vz6JUQn1Dj [CiNii] http://t.co/0GFR3zVw7M [pdf]
[欹耳袋]太郎丸博 2010. 投稿論文の査読をめぐる不満とコンセンサスの不在. ソシオロジ, 54(3): 121-126. http://t.co/bKzYSB8zWb [J-STAGE] http://t.co/qvOoN2LOqc [pdf]
[欹耳袋]太郎丸博 2010. 投稿論文の査読をめぐる不満とコンセンサスの不在. ソシオロジ, 54(3): 121-126. http://t.co/bKzYSB8zWb [J-STAGE] http://t.co/qvOoN2LOqc [pdf]
@leeswijzer また,この特集に所収されている竹内比呂也「大学紀要というメディア : 限りなく透明に近いグレイ?」 http://t.co/9Av4uqYhcs もおもしろい.「紀要が学会誌や専門誌に取って代わられることなく継続して刊行されている理由」って.
@leeswijzer この特集の冒頭で池田貴儀「問題提起 : 灰色文献定義の再考」 http://t.co/JIAwJgDrMG は「灰色文献は,一般の商業出版ルートでは入手が困難な文献である」と定義し,ネットでの全文公開が進んでいる現在でもアクセシビリティの点で未解決と言う.
@leeswijzer PDF http://t.co/ot9leOJxDb 「研究者には二つのタイプがある」「一つは積み重ね型, すなわち, 現時点の知識レベルの上に一歩一歩新らしいものを積み重ねていく型」「この型は地味な努力家であって, いわば農耕型研究者である」(p.45)
[蒐書日誌]阪上孝(編)『変異するダーウィニズム:進化論と社会』(2003年11月,京都大学学術出版会)京大京都大学学術リポジトリKURENAIから全文公開: http://t.co/HuPD8bHGZi ワタクシの書評→ http://t.co/EaFoBbL6QK
RT @langstat: 小野原彩香(2012)「揖斐川上流域の語彙に関する系統推定」『情報処理学会研究報告』2012-CH-94(4), 1-6. https://t.co/lwmdxHKQgD
@leeswijzer 元論文:縄田健悟「血液型と性格の無関連性:日本と米国の大規模社会調査を用いた実証的論拠」心理学研究(論文ID: 85.13016) http://t.co/hWJYIsZjTs | http://t.co/GwuSAvtopL [pdf]
@leeswijzer 元論文:縄田健悟「血液型と性格の無関連性:日本と米国の大規模社会調査を用いた実証的論拠」心理学研究(論文ID: 85.13016) http://t.co/hWJYIsZjTs | http://t.co/GwuSAvtopL [pdf]
RT @fohtake: 阪大GCOEデータを使って頂いた研究です「血液型と性格「関連なし」…九州大講師が解析」 : 科学 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) http://t.co/jZnCYbiTo8 論文はこちら https://t.co/GuO2uWwaP8

6 0 0 0 OA 書評

[欹耳袋]J-Stage から pdf ダウンロード可 http://t.co/mwPtHvALkq @UN_Press
[欹耳袋]CiNii Books で調べると,『昆虫分類学若手懇談会ニュース』は,東大駒場図書館には1号(1972)から55号(1988)まではコンプリートに揃っているみたいね: http://t.co/MqEHwR9mvj
[欹耳袋]岩住俊明他 2011. 「座談会:物理学会託児室この10年」日本物理学会誌, 66(5): 380-385. http://t.co/IOjwTvier0 ※あれ,黒猫センセイのお名前が.
[蒐書日誌]大舘大學「書評:『日本の動物観 人と動物の関係史』石田 輯・濱野佐代子・花園 誠・瀬戸口明久[著](東大出版会,2013年3月,288頁,4,410円(税込み))」哺乳類科学, 53(2): 393-394, 2013 http://t.co/sj40lIzAOW
[欹耳袋]佐藤恵子他 2013. わが国におけるバイオインフォマティクス人材を取り巻く現状 人材に関するアンケート調査結果. 情報管理, 56(11): 782-789. http://t.co/iI14KTncsH ※「人材が不足している」のは「キャリアパスの未確立」による.
RT @enodon: わが国におけるバイオインフォマティクス人材を取り巻く現状 人材に関するアンケート調査結果 http://t.co/LoJ7JaS6SZ
@plutian 今日からはまったく想像できないでしょうね:大舘智志・金子之史・岩佐真宏・本川雅治・三中信宏 2011. 哺乳類学者・進化学者 徳田御稔の足跡. 哺乳類科学 51(1): 206-211. http://t.co/zo9PacGTSS
RT @sakumad2003: 麹菌の論文、もう一つ→ アスペルギルスと麹: その歴史, 産業への応用, そして分子生物学 https://t.co/HbFhMVuPEU

10 0 0 0 OA 麹と麹菌

RT @sakumad2003: きのうのNHK和食スペシャルで紹介されていた麹菌に関する北本勝ひこさんの論文→ 麹と麹菌 https://t.co/ftuoEo3unY
[欹耳袋]麻生武「“良い”論文というものは査読つき学会誌に掲載されるものなのだろうか?」心の諸問題論叢,4(1): 62-65 (2009) http://t.co/bO4SXs85iT ※「査読なしの論文の価値をも認めておく必要がある」
[欹耳袋]橋本鉱市他 2013. 研究者市場における文科系博士院生の就職要件 : JREC-INによる公募情報の分析. 東京大学大学院教育学研究科紀要. 52巻, 2013.3, pp. 61-86 http://t.co/GyZCm6GUzc [UT Repository]
[欹耳袋](承前)いま CiNii Books で調べた範囲では http://t.co/XQcTeFtTrP 『Biogeographica』は Vol. 4 までしか出されていなかったようだ.学会本部にもコンプリートには所蔵されていないので,電子化する機会は当分ない.
[蒐書日誌]もう一冊いただきました:松森智彦『村落の文化系統学的研究:飛騨地方の明治初期物産誌『斐太後風土記』を対象に』(2013年7月,同志社大学大学院文化情報学研究科博士論文 http://t.co/lD1tenp6Ie ).
#hakubicape 文化庁(編)『日本民俗地図』(1960年頃・全10巻) http://t.co/o1iGI3pIpk を用いて日本の文化多様性を調べる.
RT @ariga_prdgmmkr: これは気になる。しかも「1852p」って本当??|CiNii 図書 - 蟹罐詰發達史 http://t.co/zcSh382KuO #CiNii
[欹耳袋]二村太郎・荒又美陽・成瀬厚・杉山和明 2012. 日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか―英語圏と日本における受容過程の比較検討から―. E-journal GEO, 7(2): 225-249 http://t.co/4pVrUjtZdm
[欹耳袋](承前)半世紀前からすでに社会問題だった:津田松苗・川合禎次1956. 宇治発電所南郷取水口における誘娥灯に飛来するトビケラについての考察. 日本生態学会誌 6(2), 73-75. http://t.co/GyvLzfCaXy [CiNii]
[東静岡]小森政嗣・川村智・横山卓未・森下佳昌 2012. 楕円フーリエ記述子を用いたボディソープボトル形状の分析と評価. 日本包装学会誌 21(6) 479-491. http://t.co/qs5CnuBn3N
[東静岡]ワタクシがトークで使った進化学史チャートはこちら:三中信宏2005. Ernst MayrとWilli Hennig : 生物体系学論争をふたたび鳥瞰する. タクサ : 日本動物分類学会誌 (19), 95-101 http://t.co/QcfK7F9TYp...
なんだか有名人! RT @dantyutei: 私ですw @leeswijzer 「A Japanese male repeatedly infested with〜」がもしや… @dantyutei: 私に寄生したダニの論文 http://t.co/nDN3AIVw
冒頭の「A Japanese male repeatedly infested with〜」がもしや… RT @dantyutei: 台北なう(乗り換え)。以前につぶやいた私に寄生したダニの論文のPDFがダウンロードできます。 http://t.co/nDN3AIVw
_φ(・ RT @dai_kyb: Gegenbauer Morphologische Jahrbuch と Okajimas Folia Anatomica Japonicaにまつわる話./ 板橋瑞夫「ゲーゲンバウルと岡嶋敬治」 https://t.co/p4JVkVMK
RT @yamasa7: 2008年から日本生態学会誌に書いてきた、集団遺伝学の生態学への応用を紹介する連載記事の完結編がCiNiiで公開されました。 http://t.co/6azhqAXd
[欹耳袋](承前)三中信宏 2005. Ernst Mayr と Willi Hennig:生物体系学論争をふたたび鳥瞰する.タクサ(日本動物分類学会和文誌), (19): 95-101 http://t.co/BN2UxaaJ [pdf: open access].
[欹耳袋]梶茂樹 1990. モンゴ族の伝達用太鼓について.アジア・アフリカ言語文化研究 (40), p133-141. http://t.co/JIPvB1m0 (CiNii)
[欹耳袋]円城塔 2008「ポスドクからポストポスドクへ」日本物理学会誌, 63(7) http://t.co/i2nh5hFO (CiNii / pdf)
東北大の齋藤雅典さんによる書評.東大オケ出身らしい書評 QT @copypasteusa: http://ci.nii.ac.jp/naid/110007573342 CiNii Article -  『分類思考の世界 なぜヒトは万物を「種」に分けるのか』, 三中信宏著
RT @copypasteusa: http://ci.nii.ac.jp/naid/110007573342 CiNii Article -  『分類思考の世界 なぜヒトは万物を「種」に分けるのか』, 三中信宏著, 講談社現代新書, ISBN978-4-06-28801 ...
[欹耳袋]知らないうちにオンライン公開されていた:三中信宏 2005, Ernst MayrとWilli Hennig : 生物体系学論争をふたたび鳥瞰する」タクサ, 19: 95-101. http://ci.nii.ac.jp/naid/110006838963/en/
「お雑煮系統樹」wanted! QT @satkit: 実態調査による雑煮の地域的な特徴 http://ci.nii.ac.jp/naid/110001171552
RT @kakentter: こんな研究ありました:メタ戦略を樹形探索に用いた高速な系統樹構築ソフトの開発とその実用化(中村 政隆) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/15500195

お気に入り一覧(最新100件)

統計遺伝学の歴史 —とくに量的形質の解析に関連して— 鵜飼 保雄 https://t.co/EIsUclgODE
去年出版された和文が公開されていました。特集「種の境界:進化学と生態学、分子遺伝学から種分化に迫る」に寄せたコメントです: 「普遍のなかの特殊、特殊のなかの普遍」 日本生態学会誌 69(3): 191–192. https://t.co/WEakHiB0Bz
情報知識学会年次大会におきまして、林、@tsaka1 他の共著による論文が同学会第14回(2017年度)論文賞を頂きました。ますは受賞にあたりみなさまにお礼申し上げます。 https://t.co/fs8T86CfBo https://t.co/pkfPgvfGYw

フォロー(1215ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @inotti_ele: @marxindo (北大百二十五年史より)正解っ。 https://t.co/PBNdaimy09 一般教育[人文地理学・心理学・社会学](一九七六〜九四年度) 心理学は、今井四郎助教授(認知心理学、のち教授)、岩本隆茂助教授(学習心理学、のち…
@mayumiyamada14 はい、教育工学の分野では以前から研究されていて、古田紫帆さん@大手前大学あたりかな。あとはそれこそ、姫野さん@道教に聞いてみるのがいい気がします。 私も、大学教育でこんなのはやってました。 https://t.co/opZ0jQ8PLH
RT @nihon_kenkyusya: 「博士課程修了者の大学教員ポスト採用率」という資料をみつけたのだけど、これは茶柱たつ確率より低い https://t.co/XG77sCe8XX https://t.co/DNJB3SedB0
核分裂の研究をしていたころの下宿先 https://t.co/77a1UVoiNq 実際にはどこかとググったら1951年の論文が 手書き(@@; 1 ファインマンの拡散方程式(A.基礎論及び量子電磁力学,素粒子論研究論文) 朝永 振一郎 東文理大 福田 信之 東文理大 https://t.co/SxWO3V88Wu https://t.co/KUaAtDqCBH
核分裂の研究をしていたころの下宿先 https://t.co/77a1UVoiNq 実際にはどこかとググったら1951年の論文が 手書き(@@; 1 ファインマンの拡散方程式(A.基礎論及び量子電磁力学,素粒子論研究論文) 朝永 振一郎 東文理大 福田 信之 東文理大 https://t.co/SxWO3V88Wu https://t.co/KUaAtDqCBH
RT @SL_at_IDE: 日本の手話のポライトネスだったら、この論文じゃないでしょうか?ご本人も日本にいらして日本手話もわかる方なので色々と聞けます。 https://t.co/D1K8GnkWMD カリフォルニア大学バークレー提出の博士論文の元。 またろう理容師を博士論文…
@dantyutei ご紹介,ご利用ありがとうございます。本書の制作経緯をこちらにまとめていますので,もしご参考になれば。 https://t.co/KOfEYJ0Tdt
RT @AnatomyGiraffe: カバの「赤い汗」に含まれる色素を単離し、その機能を探る論文。図が良い。 汗には赤い色素とオレンジの色素が含まれ、どちらも紫外線を吸収する”日焼け止め”のような機能をもつとのこと。赤い色素には抗菌作用もあり、傷口を膿みにくくする役割も果たし…
誰でも似たようなことを考えるもんだな。 https://t.co/wM9xrw4jCw https://t.co/2hB1kMkY0y
RT @mk95_hoc: ちなみに,少なくとも戦前(1931年)に東京市から発行された『婦人職業戦線の展望』では,事務員は知能的業務,タイピストは技術的業務と分類されています. 国会図書館のデジタルコレクションから読めます. https://t.co/ERv1UbylfP
RT @nekonoizumi: ちなみに、PDFで読めるものと言えば、 『日本釀造協會雜誌』の1923年の号に載った、密造者の側から密造酒捜査について書いた 塗説山人「酒類密造者懺悔談」 という小文もある。 https://t.co/jJm5YdlLaL
RT @mk95_hoc: ちなみに,少なくとも戦前(1931年)に東京市から発行された『婦人職業戦線の展望』では,事務員は知能的業務,タイピストは技術的業務と分類されています. 国会図書館のデジタルコレクションから読めます. https://t.co/ERv1UbylfP
RT @naoyukinkhm: 関東地方におけるスジエビの遺伝的多様性。七里ほか2020(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/fL1J4ZPn6J 在来である関東地方のハプロタイプだけでなく、西日本や韓国周辺のハプロタイプも見つかったようです。
RT @wormanago: 論文が公開になりました。南硫黄島から採集されたウツボを日本未記録のUropterygius oligospondylusに同定し、標準和名をコブキカイウツボとしました。眼の上に特徴的な欠刻があることで、瘤状に見えることに因みます。オープンアクセスで…
カバの「赤い汗」に含まれる色素を単離し、その機能を探る論文。図が良い。 汗には赤い色素とオレンジの色素が含まれ、どちらも紫外線を吸収する”日焼け止め”のような機能をもつとのこと。赤い色素には抗菌作用もあり、傷口を膿みにくくする役割も果たしているそうです。 https://t.co/DNb6lCxsAu https://t.co/KsVVM5urYc
学術論文のオープンアクセス化をめぐる最新の世界的動向がまとまっていて、とても良かった。今や約半分の論文がオープンアクセスで出版されてるんですね。 https://t.co/qzJkv9HE8D
アミモンガラに近縁種が混じってたというお話。こんなん同定間違いようがないわーって思ってたらあかん。第二著者の眼力。 https://t.co/WCQK5icKQE
[引用]分岐分類学的観点に基づく定義では,恐竜は「イエスズメとトリケラトプスを含むグループの直近の共通祖先から分岐したすべての子孫」(Padian & May 1993) https://t.co/HeEQI1i3Lt イエスズメとトリケラトプスのギャップに萌えてしまう
RT @mcnang: Influence of Datotsu in Kendo on the Human Head : Impact Estimation Using Simulation with Crash Dummy https://t.co/GwwXgJsf5I…
RT @naoyukinkhm: 講座:森林遺伝育種のデータ解析方法(実践編1)集団構造解析 玉木 2020(日本語論文) https://t.co/CVEtaV9wn9 STRUCTURE解析の方法について詳しく解説されています。
RT @naoyukinkhm: 植物食性動物を対象とした食性解析手法。安藤ほか 2020(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/fvsMbhuKT6 DNAメタバーコーディングに基づく食性解析について、非常に詳しいプロトコルが掲載されています。
RT @naoyukinkhm: 講座:森林遺伝育種のデータ解析方法(実践編1)集団構造解析 玉木 2020(日本語論文) https://t.co/CVEtaV9wn9 STRUCTURE解析の方法について詳しく解説されています。
RT @rmaruy: 高橋康介「多義的な世界を大雑把になぎ倒すような仕組みがないと、人間は何も認識できず、どこにも動けなくなってしまうのかもしれません。」「無限の可能性から逃れ腹を括ることで、…世界の中で(たとえ失敗しても)動いて生き延びてきたと考えることもできます。」htt…
RT @naoyukinkhm: 関東地方におけるスジエビの遺伝的多様性。七里ほか2020(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/fL1J4ZPn6J 在来である関東地方のハプロタイプだけでなく、西日本や韓国周辺のハプロタイプも見つかったようです。
今日は広島原爆の日でした。科学史の上でも重要なテーマですが、私自身がこれについて研究したことはほとんどないです。ただし例外もあって、一つはこちらの資料紹介です。|CiNii 論文 -  手紙がひらく物理学史(11)三村剛昴と,原爆被災した理論物理学研究所の再建 https://t.co/XqcyxpEn6y
@Tobaw09 まだちゃんと読めてないですが、参考になりそうです。 https://t.co/0ZKvQdjurh
RT @gijigae: 生成効果(Generation Effect)に関する研究は多い。 中には①自分の言葉で生成した場合の再生率が②単に与えられた情報を読んだ時と比べ、倍以上高かったと報告している研究(
RT @ufsoc: 昔社会学評論に書いた論文が公開されたみたいです(消しちゃったので再投稿) J-STAGE Articles - 夫婦の離婚からみる学歴結合の帰結 https://t.co/UVRst9Hcn7
RT @BungakuReportRS: 牧 千夏 - 文壇を横目でにらむ 宮沢賢治の農民芸術論と農民文学論争 https://t.co/jD9ijqQLJZ
RT @halcyon_humming: 「話し手の意味の透明性が疑い難い前提であるならば、問題はむしろ表象主義にあるのであり、そして意図の無限後退問題は接続問題に関して表象主義を採用することから生じているのだ」 …名探偵!前半くじけそうになったが5節からの説得力が凄い。 ht…
RT @rei_nari: 静大のフェアリーリング研究、特別推進研究が始動とのことです。素晴らしいですね〜〜 https://t.co/lAaca6bWNv
RT @KusuhashiLab: @Yui_Q_NISHIOKA さんたちと書いた総説論文が出たそうです。和文です。私の貢献はほんの一部、中生代関係部分のみですが。 https://t.co/p08PhgCZPN
RT @tcv2catnap: ウソつき常習官庁だからね。 「公害病否定の社会学的考察--カドミウム腎症を事例に」渡辺伸一(奈良教育大学紀要 人文・社会科学 56(1), 115-125, 2007-10) https://t.co/yie4Cq2GsG
もう一例はこちら、小笠原。An epizootic on Meimuna boninensis (Distant) (Homoptera : Cicadidae), caused by Massospora sp. (Zygomycetes : Entomophthorales) and Nomuraea cylindrospora (Deuteromycotina : Hyphomycetes) in the Ogasawara (Bonin) Islands, Japan https://t.co/ZcqCJhvdR5
フォロワーさんより指摘があり、1980年は記録的な冷夏だったようです。https://t.co/wyFopA2HVm https://t.co/b3czY4KtQB
国立国会図書館調査及び立法考査局 『レファレンス』誌 カレン・アカロフほか「議会への科学助言に関して 共同して導き出された国際研究アジェンダ」(翻訳) https://t.co/8AEo6xPhIc
RT @drkgoto: タッチモニタ上に課題を提示して、視覚刺激を用いた同時弁別課題を実施するための、マウスの反応形成プロトコルについて詳述した論文が動物心理学研究に掲載されました。オンライン版は図がカラーです。https://t.co/fkM2dcHyGr
RT @ufsoc: 昔社会学評論に書いた論文が公開されたみたいです(消しちゃったので再投稿) J-STAGE Articles - 夫婦の離婚からみる学歴結合の帰結 https://t.co/UVRst9Hcn7
RT @_sotanaka: 参考:清水康行「1923年にパリで録音された上田万年による『天草版平家物語』の解説と朗読:フランス国立図書館所蔵1920年代日本語録音資料群」『日本語の研究』12-1、2016年 https://t.co/QMiKb7pU1T
#統計 件の赤池論説(1980)への直接リンク https://t.co/YRhnSOzAll 統計的推論のパラダイムの変遷について 赤池弘次さんの次の論説(1980)も読み易いです。 https://t.co/0XWLnhwq6V エントロピーとモデルの尤度

フォロワー(6940ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @nihon_kenkyusya: 「博士課程修了者の大学教員ポスト採用率」という資料をみつけたのだけど、これは茶柱たつ確率より低い https://t.co/XG77sCe8XX https://t.co/DNJB3SedB0

2 1 1 1 OA 音楽する脳

https://t.co/jccAG4c9LR 【音楽する脳】 楽器演奏すると、言語能力が上がるそうです。 #楽器 #楽器演奏 #ピアノ #コミュ力 #言語能力 #言語
CiNii 論文 -  『レオパルディにおける2つの「自然」』だよ!: https://t.co/uN6I7ztigC
RT @nihon_kenkyusya: 「博士課程修了者の大学教員ポスト採用率」という資料をみつけたのだけど、これは茶柱たつ確率より低い https://t.co/XG77sCe8XX https://t.co/DNJB3SedB0
RT @tokoik: CiNii 論文 -  基調講演 和歌山ラーメンという物語 (紀伊の国の、見どころ、湯どころ、麺どころ) https://t.co/m88gvaeuCT #CiNii 元ラーメン評論家(腹囲の問題があり既に引退)だったので
RT @nihon_kenkyusya: 「博士課程修了者の大学教員ポスト採用率」という資料をみつけたのだけど、これは茶柱たつ確率より低い https://t.co/XG77sCe8XX https://t.co/DNJB3SedB0
RT @nihon_kenkyusya: 「博士課程修了者の大学教員ポスト採用率」という資料をみつけたのだけど、これは茶柱たつ確率より低い https://t.co/XG77sCe8XX https://t.co/DNJB3SedB0
田中俊光「朝鮮時代の法典に見える「従重」の意味」亜細亜大学学術文化紀要(2017) https://t.co/SxigLYgcjK
RT @nihon_kenkyusya: 「博士課程修了者の大学教員ポスト採用率」という資料をみつけたのだけど、これは茶柱たつ確率より低い https://t.co/XG77sCe8XX https://t.co/DNJB3SedB0
(葛西康徳 評)五十君麻理子著「ローマ大衆の法知識—プラウトゥス喜劇における「笑源」としての法」法制史研究(2013) https://t.co/eqSdAMQ8ft
CiNii 論文 -  『ブラジル国リオ・グランデ・ド・スル州のイタリア移民都市における学校の発生と展開,構造に関する調査』だよ!: https://t.co/o2kW1WnkEi
RT @nihon_kenkyusya: 「博士課程修了者の大学教員ポスト採用率」という資料をみつけたのだけど、これは茶柱たつ確率より低い https://t.co/XG77sCe8XX https://t.co/DNJB3SedB0
RT @nihon_kenkyusya: 「博士課程修了者の大学教員ポスト採用率」という資料をみつけたのだけど、これは茶柱たつ確率より低い https://t.co/XG77sCe8XX https://t.co/DNJB3SedB0
RT @nihon_kenkyusya: 「博士課程修了者の大学教員ポスト採用率」という資料をみつけたのだけど、これは茶柱たつ確率より低い https://t.co/XG77sCe8XX https://t.co/DNJB3SedB0
RT @inotti_ele: @marxindo (北大百二十五年史より)正解っ。 https://t.co/PBNdaimy09 一般教育[人文地理学・心理学・社会学](一九七六〜九四年度) 心理学は、今井四郎助教授(認知心理学、のち教授)、岩本隆茂助教授(学習心理学、のち…
RT @nihon_kenkyusya: 「博士課程修了者の大学教員ポスト採用率」という資料をみつけたのだけど、これは茶柱たつ確率より低い https://t.co/XG77sCe8XX https://t.co/DNJB3SedB0
@mayumiyamada14 はい、教育工学の分野では以前から研究されていて、古田紫帆さん@大手前大学あたりかな。あとはそれこそ、姫野さん@道教に聞いてみるのがいい気がします。 私も、大学教育でこんなのはやってました。 https://t.co/opZ0jQ8PLH
RT @nihon_kenkyusya: 「博士課程修了者の大学教員ポスト採用率」という資料をみつけたのだけど、これは茶柱たつ確率より低い https://t.co/XG77sCe8XX https://t.co/DNJB3SedB0
RT @nihon_kenkyusya: 「博士課程修了者の大学教員ポスト採用率」という資料をみつけたのだけど、これは茶柱たつ確率より低い https://t.co/XG77sCe8XX https://t.co/DNJB3SedB0
RT @nihon_kenkyusya: 「博士課程修了者の大学教員ポスト採用率」という資料をみつけたのだけど、これは茶柱たつ確率より低い https://t.co/XG77sCe8XX https://t.co/DNJB3SedB0
RT @nihon_kenkyusya: 「博士課程修了者の大学教員ポスト採用率」という資料をみつけたのだけど、これは茶柱たつ確率より低い https://t.co/XG77sCe8XX https://t.co/DNJB3SedB0
RT @nihon_kenkyusya: 「博士課程修了者の大学教員ポスト採用率」という資料をみつけたのだけど、これは茶柱たつ確率より低い https://t.co/XG77sCe8XX https://t.co/DNJB3SedB0
RT @naruhisa007: 「医学は社会科学である」ってどこで読んだっけなぁと思い出してみたら市野川容孝さんの論文だった。公衆衛生の方と話すと意外に話が合う。 市野川容孝「社会科学」としての医学(上)1848年のR.ヴィルヒョウによせて『思想』 (925), 196-2…
RT @asaimotoaki: @dantyutei ご紹介,ご利用ありがとうございます。本書の制作経緯をこちらにまとめていますので,もしご参考になれば。 https://t.co/KOfEYJ0Tdt
RT @nihon_kenkyusya: 「博士課程修了者の大学教員ポスト採用率」という資料をみつけたのだけど、これは茶柱たつ確率より低い https://t.co/XG77sCe8XX https://t.co/DNJB3SedB0
CiNii 論文 -  『タッソーの叙事詩理論についての考察』です。: https://t.co/QCOiJSIR95
RT @nihon_kenkyusya: 「博士課程修了者の大学教員ポスト採用率」という資料をみつけたのだけど、これは茶柱たつ確率より低い https://t.co/XG77sCe8XX https://t.co/DNJB3SedB0
RT @digitalarchivej: 「デジタルアーカイブ学会誌」 2020年第1号 [書評・新刊紹介] 『ネット文化資源の読み方・作り方 図書館・自治体・研究者必携ガイド』. 淺野 隆夫 https://t.co/1q9XwawL4g
RT @ba_tabata: 1958年に刊行された『科学技術白書』(https://t.co/lnMZQxTYaf)を見てみると、たしかに、驚くほど産業内での技術についての章が多く、純粋科学についての言及は少ないです。最初の段階から、科学技術政策は経済政策の一部分として"一貫…
RT @shinjiyamane: @mk95_hoc 勉強になります.パンチカード時代とIBMユーザーズグループについては名和小太郎が(AkeraのSHARE研究も意識しながら)書いているが(https://t.co/1tPgiCGq7C ),各社部長級が委員会でつながる話で…
RT @ekesete1: 内地人と朝鮮人は明確に区別されていた> 官報. 1921年07月23日 目次:府令 / 朝鮮總督府 / 第99号 / 朝鮮人ト内地人トノ婚姻ノ民籍手續ニ關スル件 https://t.co/dTLvQHztUD https://t.co/BYccvD…
CiNii 論文 -『 文学空間としてのイタリア : 須賀敦子の世界 (特集 国際シンポジウム イタリア観の一世紀 : 旅と知と美 : 5.イタリア戦後史としての須賀敦子)』だよ!: https://t.co/T3CfrHkzzn https://t.co/NY2CYm1qUD
核分裂の研究をしていたころの下宿先 https://t.co/77a1UVoiNq 実際にはどこかとググったら1951年の論文が 手書き(@@; 1 ファインマンの拡散方程式(A.基礎論及び量子電磁力学,素粒子論研究論文) 朝永 振一郎 東文理大 福田 信之 東文理大 https://t.co/SxWO3V88Wu https://t.co/KUaAtDqCBH
核分裂の研究をしていたころの下宿先 https://t.co/77a1UVoiNq 実際にはどこかとググったら1951年の論文が 手書き(@@; 1 ファインマンの拡散方程式(A.基礎論及び量子電磁力学,素粒子論研究論文) 朝永 振一郎 東文理大 福田 信之 東文理大 https://t.co/SxWO3V88Wu https://t.co/KUaAtDqCBH
RT @SL_at_IDE: 日本の手話のポライトネスだったら、この論文じゃないでしょうか?ご本人も日本にいらして日本手話もわかる方なので色々と聞けます。 https://t.co/D1K8GnkWMD カリフォルニア大学バークレー提出の博士論文の元。 またろう理容師を博士論文…
RT @anjela81: これだこれ。 リンク先PDF、日本語、虫の写真なし https://t.co/7zBntDs5PI
CiNii 論文 -  『イタリア合理主義建築運動における詩学と修辞 : エドアルド・ペルシコと近代の葛藤』だよ!: https://t.co/iuTxHM6IEI
J-STAGE Articles - 事前学習された文の分散表現を用いた機械翻訳の自動評価 https://t.co/4G0eipTqeS
CiNii 論文 -  『製粉所・製パン所をめぐつて : Molino I,XIII,4』だよ!: https://t.co/zOt5aKtVNi
RT @i_kaseki: 天使すぎるアイドルは何が過剰なのか https://t.co/zVHhBN6Ink 徹子が黙ったとき https://t.co/nzjlhAYOka 新鮮な人肉をヒメスナホリムシに与える https://t.co/rt9tpbjNVA
RT @i_kaseki: 天使すぎるアイドルは何が過剰なのか https://t.co/zVHhBN6Ink 徹子が黙ったとき https://t.co/nzjlhAYOka 新鮮な人肉をヒメスナホリムシに与える https://t.co/rt9tpbjNVA
RT @i_kaseki: 天使すぎるアイドルは何が過剰なのか https://t.co/zVHhBN6Ink 徹子が黙ったとき https://t.co/nzjlhAYOka 新鮮な人肉をヒメスナホリムシに与える https://t.co/rt9tpbjNVA
RT @asaimotoaki: @dantyutei ご紹介,ご利用ありがとうございます。本書の制作経緯をこちらにまとめていますので,もしご参考になれば。 https://t.co/KOfEYJ0Tdt
@dantyutei ご紹介,ご利用ありがとうございます。本書の制作経緯をこちらにまとめていますので,もしご参考になれば。 https://t.co/KOfEYJ0Tdt
RT @kotobuki: AAによる作品の一例として紹介させていただいた《モランディの部屋》に関して、今年6月に開催された人工知能学会第34回全国大会国際セッションで発表した際の論文(英語)はこちらにて公開中です。 https://t.co/vOfbtd5Dce もし読ん…
RT @i_kaseki: 天使すぎるアイドルは何が過剰なのか https://t.co/zVHhBN6Ink 徹子が黙ったとき https://t.co/nzjlhAYOka 新鮮な人肉をヒメスナホリムシに与える https://t.co/rt9tpbjNVA
RT @i_kaseki: 天使すぎるアイドルは何が過剰なのか https://t.co/zVHhBN6Ink 徹子が黙ったとき https://t.co/nzjlhAYOka 新鮮な人肉をヒメスナホリムシに与える https://t.co/rt9tpbjNVA
RT @i_kaseki: 天使すぎるアイドルは何が過剰なのか https://t.co/zVHhBN6Ink 徹子が黙ったとき https://t.co/nzjlhAYOka 新鮮な人肉をヒメスナホリムシに与える https://t.co/rt9tpbjNVA
RT @ToshiyukiHorie: #コロナウィルス #COVID19 の入り口はACE2受容体。ACE2を阻害するペプチド(短いアミノ酸の鎖)は大豆が味噌として発酵が進むにつれ多くなるという。味噌は感染防止に有効と思われる。阻害力も高い。https://t.co/MUa4…
RT @naoyukinkhm: 講座:森林遺伝育種のデータ解析方法(実践編1)集団構造解析 玉木 2020(日本語論文) https://t.co/CVEtaV9wn9 STRUCTURE解析の方法について詳しく解説されています。
RT @dicekey_sato: CiNii 図書 - 原爆投下部隊 : 第509混成群団と原爆・パンプキン https://t.co/8kKMJWCvK7 のp.204によると74年前の今日は、宇和島、敦賀、徳島、四日市にパンプキン爆弾が落とされた日。 https://t…
CiNii 論文 -  『Boccaccioにおけるmisoginia(女嫌い)の意味 : Corbaccioの新たな位置づけ』です。 https://t.co/hVgqgBvCNd
RT @AnatomyGiraffe: カバの「赤い汗」に含まれる色素を単離し、その機能を探る論文。図が良い。 汗には赤い色素とオレンジの色素が含まれ、どちらも紫外線を吸収する”日焼け止め”のような機能をもつとのこと。赤い色素には抗菌作用もあり、傷口を膿みにくくする役割も果たし…
RT @AnatomyGiraffe: カバの「赤い汗」に含まれる色素を単離し、その機能を探る論文。図が良い。 汗には赤い色素とオレンジの色素が含まれ、どちらも紫外線を吸収する”日焼け止め”のような機能をもつとのこと。赤い色素には抗菌作用もあり、傷口を膿みにくくする役割も果たし…
RT @AnatomyGiraffe: カバの「赤い汗」に含まれる色素を単離し、その機能を探る論文。図が良い。 汗には赤い色素とオレンジの色素が含まれ、どちらも紫外線を吸収する”日焼け止め”のような機能をもつとのこと。赤い色素には抗菌作用もあり、傷口を膿みにくくする役割も果たし…
「メディアにおける意見形成の解析手法のケーススタディ 」 「計算社会科学」の特集として社会情報学という雑誌に載った文書 → https://t.co/vspAd7WTo7
RT @LibraryPhilo: CiNii 論文 -  プラトンの想起説 https://t.co/EJE4joVBuP #CiNii
RT @AnatomyGiraffe: カバの「赤い汗」に含まれる色素を単離し、その機能を探る論文。図が良い。 汗には赤い色素とオレンジの色素が含まれ、どちらも紫外線を吸収する”日焼け止め”のような機能をもつとのこと。赤い色素には抗菌作用もあり、傷口を膿みにくくする役割も果たし…
RT @AnatomyGiraffe: カバの「赤い汗」に含まれる色素を単離し、その機能を探る論文。図が良い。 汗には赤い色素とオレンジの色素が含まれ、どちらも紫外線を吸収する”日焼け止め”のような機能をもつとのこと。赤い色素には抗菌作用もあり、傷口を膿みにくくする役割も果たし…
誰でも似たようなことを考えるもんだな。 https://t.co/wM9xrw4jCw https://t.co/2hB1kMkY0y
RT @mk95_hoc: ちなみに,少なくとも戦前(1931年)に東京市から発行された『婦人職業戦線の展望』では,事務員は知能的業務,タイピストは技術的業務と分類されています. 国会図書館のデジタルコレクションから読めます. https://t.co/ERv1UbylfP
RT @nekonoizumi: ちなみに、PDFで読めるものと言えば、 『日本釀造協會雜誌』の1923年の号に載った、密造者の側から密造酒捜査について書いた 塗説山人「酒類密造者懺悔談」 という小文もある。 https://t.co/jJm5YdlLaL
RT @mk95_hoc: ちなみに,少なくとも戦前(1931年)に東京市から発行された『婦人職業戦線の展望』では,事務員は知能的業務,タイピストは技術的業務と分類されています. 国会図書館のデジタルコレクションから読めます. https://t.co/ERv1UbylfP
RT @49sick89hack: 学術論文のオープンアクセス化をめぐる最新の世界的動向がまとまっていて、とても良かった。今や約半分の論文がオープンアクセスで出版されてるんですね。 https://t.co/qzJkv9HE8D
RT @AnatomyGiraffe: カバの「赤い汗」に含まれる色素を単離し、その機能を探る論文。図が良い。 汗には赤い色素とオレンジの色素が含まれ、どちらも紫外線を吸収する”日焼け止め”のような機能をもつとのこと。赤い色素には抗菌作用もあり、傷口を膿みにくくする役割も果たし…
RT @mk95_hoc: ちなみに,少なくとも戦前(1931年)に東京市から発行された『婦人職業戦線の展望』では,事務員は知能的業務,タイピストは技術的業務と分類されています. 国会図書館のデジタルコレクションから読めます. https://t.co/ERv1UbylfP
RT @AnatomyGiraffe: カバの「赤い汗」に含まれる色素を単離し、その機能を探る論文。図が良い。 汗には赤い色素とオレンジの色素が含まれ、どちらも紫外線を吸収する”日焼け止め”のような機能をもつとのこと。赤い色素には抗菌作用もあり、傷口を膿みにくくする役割も果たし…
量子論と科学革命の後半(その 1) 粟屋かよ子 https://t.co/6IeQy6MyBL
RT @wormanago: 論文が公開になりました。南硫黄島から採集されたウツボを日本未記録のUropterygius oligospondylusに同定し、標準和名をコブキカイウツボとしました。眼の上に特徴的な欠刻があることで、瘤状に見えることに因みます。オープンアクセスで…
RT @wormanago: 論文が公開になりました。南硫黄島から採集されたウツボを日本未記録のUropterygius oligospondylusに同定し、標準和名をコブキカイウツボとしました。眼の上に特徴的な欠刻があることで、瘤状に見えることに因みます。オープンアクセスで…
RT @YoshiakiKAI: アミモンガラに近縁種が混じってたというお話。こんなん同定間違いようがないわーって思ってたらあかん。第二著者の眼力。 https://t.co/WCQK5icKQE
RT @AnatomyGiraffe: カバの「赤い汗」に含まれる色素を単離し、その機能を探る論文。図が良い。 汗には赤い色素とオレンジの色素が含まれ、どちらも紫外線を吸収する”日焼け止め”のような機能をもつとのこと。赤い色素には抗菌作用もあり、傷口を膿みにくくする役割も果たし…
RT @wormanago: 論文が公開になりました。南硫黄島から採集されたウツボを日本未記録のUropterygius oligospondylusに同定し、標準和名をコブキカイウツボとしました。眼の上に特徴的な欠刻があることで、瘤状に見えることに因みます。オープンアクセスで…
RT @wormanago: 論文が公開になりました。南硫黄島から採集されたウツボを日本未記録のUropterygius oligospondylusに同定し、標準和名をコブキカイウツボとしました。眼の上に特徴的な欠刻があることで、瘤状に見えることに因みます。オープンアクセスで…
RT @wormanago: 論文が公開になりました。南硫黄島から採集されたウツボを日本未記録のUropterygius oligospondylusに同定し、標準和名をコブキカイウツボとしました。眼の上に特徴的な欠刻があることで、瘤状に見えることに因みます。オープンアクセスで…
カバの「赤い汗」に含まれる色素を単離し、その機能を探る論文。図が良い。 汗には赤い色素とオレンジの色素が含まれ、どちらも紫外線を吸収する”日焼け止め”のような機能をもつとのこと。赤い色素には抗菌作用もあり、傷口を膿みにくくする役割も果たしているそうです。 https://t.co/DNb6lCxsAu https://t.co/KsVVM5urYc
RT @wormanago: 論文が公開になりました。南硫黄島から採集されたウツボを日本未記録のUropterygius oligospondylusに同定し、標準和名をコブキカイウツボとしました。眼の上に特徴的な欠刻があることで、瘤状に見えることに因みます。オープンアクセスで…
論文が公開になりました。南硫黄島から採集されたウツボを日本未記録のUropterygius oligospondylusに同定し、標準和名をコブキカイウツボとしました。眼の上に特徴的な欠刻があることで、瘤状に見えることに因みます。オープンアクセスです(続) https://t.co/153L3TSt3b https://t.co/HihpcdTwrG
RT @49sick89hack: 学術論文のオープンアクセス化をめぐる最新の世界的動向がまとまっていて、とても良かった。今や約半分の論文がオープンアクセスで出版されてるんですね。 https://t.co/qzJkv9HE8D
RT @49sick89hack: 学術論文のオープンアクセス化をめぐる最新の世界的動向がまとまっていて、とても良かった。今や約半分の論文がオープンアクセスで出版されてるんですね。 https://t.co/qzJkv9HE8D
RT @KojiSeike: 厚岸のアナジャコとその共生者の食性に関する論文がPlankton and Benthos Researchから出ました.完全オープンアクセス,しかも無料!さらにIFもついている.素晴らしい雑誌だと思いませんか??https://t.co/Xdlvv…
CiNii 論文 -  『ダンヌンツィオの言語崇拝 : マンゾーニおよびカルドゥッチとの関係を通して』でーす。  https://t.co/vbgz4ErU6x

2 2 1 0 OA 判断力批判

RT @livresque2: 非社交的社交性も所詮は社交性。非社交性に就てカントは『判斷力批判』の崇高論「總註」でも考察、「あらゆる社会からの隔離が一切の感性的関心を見かぎる理念に基づいていれば、それはある崇高なものと見なされる」と言ふが、やはり人間嫌ひによる人間關係の忌避は…
学術論文のオープンアクセス化をめぐる最新の世界的動向がまとまっていて、とても良かった。今や約半分の論文がオープンアクセスで出版されてるんですね。 https://t.co/qzJkv9HE8D
アミモンガラに近縁種が混じってたというお話。こんなん同定間違いようがないわーって思ってたらあかん。第二著者の眼力。 https://t.co/WCQK5icKQE
RT @orobdella: 目黒寄生虫館佐田さんとの共著論文,寄生性線虫 Rhabdias 属の 1 新種記載が出版されました! #newspecies #Parasites #nematode https://t.co/MTeYGcbnrb
斎藤公子先生の保育は素晴らしい。 が、その歴史の長さに比して、あまりにもアップデートされていないように感じる。 『部分的に直す必要あり』 まったくその通りだと思う。 科学の進歩と共に明らかにされつつあることと整合性を取っていくのが、後進の役目ではないか。 https://t.co/G7TFtV0Iqp
RT @kuriedits: 咳嗽におけるアズレンとポビドンの比較試験ってほとんどないのでこれは貴重かなと思います。結果に驚きはありませんが、感冒は対症療法しつつ自然軽快を待つので、痛みが強いならやはりアズレンがセオリーかなと思いました。 口蓋扁桃摘出術後の疼痛に対する含嗽療…

4 4 4 0 OA 日本海の地震

RT @mkatolithos: 長谷川謙「日本海の地震」(氣象集誌第1輯1918)を見ると志田順がでてくるのですね。 https://t.co/RKYB9eOPMC https://t.co/LnI3gxng1c

4 4 4 0 OA 日本海の地震

長谷川謙「日本海の地震」(氣象集誌第1輯1918)を見ると志田順がでてくるのですね。 https://t.co/RKYB9eOPMC https://t.co/LnI3gxng1c
CiNii 論文 -  『ボッティチェルリの《東方三博士の礼拝》の安置場所の問題再考』やね。: https://t.co/SJSGjCS2xC
RT @831245leg: 地理的分化のホットスポットとしての中国山地(2006年度日本動物分類学会シンポジウム) タクサの総説はどれも面白いので是非一読を。 https://t.co/hGlT0F1Jiq
RT @ucdktr: 【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/LYMRWWXBYz
RT @ucdktr: 【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」→ https://t.co/Y2s5d3sUS7
RT @ipatrioticmom2: 「ぱとり仮説」が論文になりました。 Evaluation of Doses Absorbed to a Bone Marrow Stem Cell Layer from Short-lived Radionuclides in the B…
RT @orobdella: 2019 年度卒研生の論文も出版されました.ナミハグモ属 の 1 新種,Cybaeus daimonji の記載です.@YCybaeus さんとの仕事です. #newspecies #spider https://t.co/S8pyFkRFQi
RT @makorin72: CiNii 論文 -  電気自動圧力鍋の炊飯について:米ならびに米デンプンの調理科学的研究 (第12報) https://t.co/Q7fLTMr6dV "2)圧力鍋による飯は, 粘りが強く, 黄色味をおび, 老化速度がおそい傾向を示した. 4)…
RT @orobdella: 目黒寄生虫館佐田さんとの共著論文,寄生性線虫 Rhabdias 属の 1 新種記載が出版されました! #newspecies #Parasites #nematode https://t.co/MTeYGcbnrb
RT @naoyukinkhm: 関東地方におけるスジエビの遺伝的多様性。七里ほか2020(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/fL1J4ZPn6J 在来である関東地方のハプロタイプだけでなく、西日本や韓国周辺のハプロタイプも見つかったようです。