著者
小松直人 著
出版者
二松堂
巻号頁・発行日
1931

言及状況

Twitter (8 users, 14 posts, 17 favorites)

カフェーについて大変趣深い文章を見つけたので積極的に使っていきたい https://t.co/YRzZGmXwQ7 https://t.co/KHOsiIgnfA
『Café jokyû no uraomote』(エログロ叢書) / 小松直人 著 (二松堂, 1931) #近デジリーダー 本郷のカフェ事情が載っている。いろいろあったのね http://t.co/MQQSn5jKYv http://t.co/RDpeiq55QX
|д゚)シリーズタイトル エログロ叢書 国会図書館デジタル化資料 Café jokyû no uraomote 小松直人 1931 http://t.co/vNQMBt9cXz
http://t.co/771eQOKN (国会図書館)80年前の風俗店攻略法。この手の話は昔からろくに変わらないのね。
…職業として、異性に接する感興ですって?さうですわねえ、それは簡単にへば、一つのビジネス的なサーヴィス以外に、突込んで考へないやうにするーーとでもいへませうか。」 (P136) http://t.co/l45JqqJ6
「バッカスは銀座エロの元祖である。…エロで方々をクビになった女ばかりを集めて、エロを売り物にして店を開いたら、たちまち一週間の営業停止-これがひょうばんになって、いよいよ店ははんじゃうした。」(p.44) http://t.co/l45JqqJ6
ボクはこの時代の風俗をあまり知らなかったので、当時のカフェの女給が、現代のキャバ嬢的な立ち位置だったことを知ったのは、つい最近なのでした。ドラマや映画でもあまり大っぴらには描かれないからね。 http://t.co/l45JqqJ6
風紀面からのカフェ弾圧については18ページから。昨今のクラブ摘発を思い浮かべる。 http://t.co/l45JqqJ6
昭和初期のカフェの実情…。つい、読み進めてしまった。「カフェにエロとグロとが跳梁するのも、むべなるかなである。」 国会図書館デジタル化資料「Café jokyû no uraomote(エログロ叢書)」昭和6年 http://t.co/l45JqqJ6

収集済み URL リスト