Y Tambe (@y_tambe)

投稿一覧(最新100件)

RT @sugargroove: グルタミン酸発酵の工業生産でビオチンとペニシリンは極めて重要だが、その謎が解かれたのは結構最近の話 #農芸化学 Corynebacterium glutamicumのグルタミン酸排出チャネルの発見とその有用物質生産への展開 川崎寿, 和地正明…
これ、コーヒーについてはデマなんで。 コーヒーに多いのはクエン酸や酢酸で、シュウ酸ほとんど含まれてません。「コーヒー豆100gあたり」でせいぜい10mg前後。一杯あたりの使用量換算だと1mgくらいです。 https://t.co/qSr5Qmn5E4 (続 https://t.co/BBDP4Bi3IV
@amadarepottan まだ発症の詳しいメカニズムは完全にはわかってないんですが、AGEsに対する受容体が見つかってて、これにAGEが結合すると血管などで炎症反応を起こすことが知られてます。 例えばこれ↓ https://t.co/RC17ljVsdR 糖尿病以外にも老化や自己免疫疾患などにも関与してる可能性も言われてます

163 0 0 0 OA 農務統計表

RT @ksk18681912: 明治14年の『第二次農務統計表』(農務局)によると、明治12年に東京府で屠畜された牛は6963頭で全国の29%。 https://t.co/OeLmhdC4Lo 明治初期は、東京が屠牛=牛肉消費をリードしていたのです(冷蔵冷凍技術が未発達なの…
RT @kururu1992: @asst_lab 食品添加物である青色一号(ブリリアントブルーFCF)はタンパク質染色試薬であるCBBと構造が似ており、いくつかのタンパク質に吸着することが知られているようです[1] こしあんにもくっつくとかw[2] [1]https://t.…
RT @freeliving_mite: 真核生物の体系が2019にリバイスされましたが,その解説を日本語で書きました. https://t.co/7aaqSEgsR5
RT @yamaF222: 実はヤマビルが日本紅斑熱を媒介する事が確認されてるようで研究されてます。 日本紅斑熱を持った獣に寄生した後に、人に寄生すると機械的感染するんだとかいう話だったかと思います。 https://t.co/kmPqL0255d https://t.co/…
RT @DEEPBLUE1219: @kobonona やはりエンベロープを持つウイルスには有効のようです。脂質膜はマイナスの電荷をもっていますから、カチオン活性剤が吸着して膜破壊する、という機構と思います。 https://t.co/N6lWyQmdyS
RT @Micheletto_D: ポリオウイルスカプシドの圧力パラメータは京による全原子分子動力学シミュレーションで推定されています。 https://t.co/LHiVeruz0t
昔、缶コーヒーで高温性有芽胞菌(Bacillus stearothermophilus; 今はGeobacillus属とか)が増えて変敗する問題というのがありましてな… https://t.co/22cJuhACGV
RT @realcoffeenet: 1920年代のコーヒーブームについて。 https://t.co/L7dseJio4A
これは結局、培養前(糠味噌で菌の増えない部分)後(増えた部分)で、培地の酸化還元電位が変化するのを見てるだけだと思いますが。変化の度合いは、菌種や好気/嫌気などでも違いますが。 https://t.co/W6YvZcwfuQ https://t.co/YuvMFt3lOE
@hyu954 細菌が増殖するときの、発酵(=ここでいう発酵は、生化学的な意味の「発酵」:グルコースを解糖系でピルビン酸まで代謝した後、クエン酸回路に回さずに、乳酸その他の有機酸や、アルコール、二酸化炭素にすること)や呼吸で、酸化還元電位が変化するのです。 参考(PDF): https://t.co/W6YvZcwfuQ
例えば、こういう論文とか。 https://t.co/W6YvZcwfuQ
RT @Carex_minima: 車で走ってて「冬でもないのに竹が枯れてるやん。強烈な除草剤でもぶっかけたか?」と思ったけどピンときた。「開花だ!」 竹の開花は100年に1度らしいけど、有性生殖の機構はどうなってるんやろかと調べたら、超面白かった。和文落ちてるのホント有難い…

226 0 0 0 OA 生物コーナー

これは先生がおかしい。 植物には低温ストレスや高温ストレスを感知するメカニズムが備わってて、球根の休眠打破には温度が関係するので、植物学的にも「球根は寒さを感じる」 https://t.co/5Rv5v4M7Yt https://t.co/ApcQ9uPZDr
「CYP1A2の活性が低いヒトの頻度は,人種によって大差はなく,ほぼ5~15%とされているが,現時点でカフェインテストでの低い活性を説明できる遺伝子多型は見つかっていない.」(山添&永田, 2002)https://t.co/1awoDAEdy2
カフェインの代謝に関係する酵素 CYP1A2については、以下の2002年の日本語総説(PDF)の「CYP1As」あたりにまとまってる。 https://t.co/1awoDAmCGu
昭和6年の『カフエー女給のうらおもて』(小松直人著) https://t.co/nAeu2zAwOY 国会図書館デジタルコレクションで全文読めます。 https://t.co/98GpjJhock
RT @torusengoku: ほぼ毎年2/14には貼ってますが チョコレートの結晶学(pdf) https://t.co/nAl8ei3Nai チョコレートを美味しくする物理 https://t.co/uj66CQQFVr

16 0 0 0 OA 麻疹ウイルス

RT @Beer_yeast: 日本語はこちらとか https://t.co/e4RPlK5x8c https://t.co/oUzoMCqW9T

59 0 0 0 OA 農民の社会教育

「冬至には『ん』が付く食べ物」、なんか如何にも怪しいと思って、NDL検索してみたら、そもそもカボチャ食べる風習さえどれだけ伝統的か怪しそうな。 1902年の「農民の社会教育」では豆腐。 https://t.co/w5np1esBwt 「京都商家のくらしと食」によると1857年は特別食なし。 https://t.co/tNqEILV6nt
「冬至には『ん』が付く食べ物」、なんか如何にも怪しいと思って、NDL検索してみたら、そもそもカボチャ食べる風習さえどれだけ伝統的か怪しそうな。 1902年の「農民の社会教育」では豆腐。 https://t.co/w5np1esBwt 「京都商家のくらしと食」によると1857年は特別食なし。 https://t.co/tNqEILV6nt
薬学博士ですね。 旧富山大学(その後、富山医科薬科大になって、また富山大学として合併した)時代の薬学部の教授。 こういうコラムも見つけた↓ https://t.co/mueAY7ZdQ9 https://t.co/F7mV49Kcjl

4 0 0 0 OA 趣味の科学

ただし、戦前にもパーコレータが紹介されているので、例えば下記のような写真のものと同型ならば、もう少し古いモノの可能性はありうる。 https://t.co/FWI6mmPdPu
ヒガンバナの赤と白の関係 https://t.co/hJYW2oWseX ・祖先型マンジュシャゲ(2n=22) → コヒガンバナ(2n=22)→ヒガンバナ(2n=33、3倍体、不稔) ・祖先型マンジュシャゲ(2n=22) × ショウキズイセン(2n=14 [or 13, 12])→ シロバナマンジュシャゲ(2n = (11+7) =18 [or 17,16]、不稔)
RT @Mushi_Kurotowa: 日本の野生クワコと家畜カイコの関係は雑種のできる近縁種という位置付けで原種ではないっす。彼らの雑種は飛翔可能なのでカイコ→クワコの遺伝子汚染があったのではと野生クワコ1万頭調査されたもののそれすらないことが分かってます。安全性に極振り。…
RT @kazuigarashi: 総説原稿の校正を英文校正業者に依頼したら、全く別のグループから勝手に投稿され掲載されていた、、、、Tohoku Journal of Experimental Medicineに出た驚きのリトラクション告知です。 https://t.co/…
旧三井物産の輸入販売契約については『ブラジル事情と珈琲』 https://t.co/n9XCbZA7Gk 「昭和七年より此事業(=ブラジルコーヒー宣伝)一切と日本支那に於ける販賣の一切を挙げて三井物産會社に委ぬる事になつた」の記載。星隆造の同期に三井に就職した人が数名いた。彼らが畑教授と交渉した可能性が
これ、意外と根深い問題というか。マスクによって医師や医療スタッフの表情が見えないことで患者(特に小児)の信頼感が低下するという報告もあって、そこからいわゆる「透明マスク」の有用性を支持する人もいたりする。 薬局薬剤師について論じたPDFがあったのでリンク↓ https://t.co/uuGK7XlSGL
コラム部分。サンショオールは1931年に東京衛生試験所の村山、篠崎によって発見・命名されたもの(薬学雑誌 https://t.co/KIuzYKJqZV.5. 379-384) https://t.co/pE1eHgkpZB
生豆の残留農薬は焙煎によりほとんど無くなる。 | コーヒー豆の焙煎工程における農薬の挙動 - https://t.co/O3u8RIQOkL
魚のアラについての直接的な論文は見当たらなかったけど、筋肉部と内臓での違いをみたものなら見つかった。 https://t.co/yiJZgsJMKP 肉より内臓の方がグルタミン酸の寄与が大きいっぽいが、肉部にしても内臓にしても、どれだけ成分を濃く出すかが重要そう。
RT @ebi_j9: 生コーヒー豆のオクラトキシン検出状況について 厚生労働省 https://t.co/Ij5JkTkQlP 農林水産省 https://t.co/C6OitBtUBO 論文 https://t.co/oWCNwIbKb4 検出率は25%前後。ただし濃度は低…
RT @Dominique_Domon: 「糸引成分の合成を調節するタンパク質の遺伝子がプラスミド上にある」が正しいのかな。 https://t.co/ZjhsApHCEP
RT @maya_gsx: @y_tambe @fluor_doublet 直接私が知っている論文がネット上では出てこないので別論文ですが、こちらなどは同様のデータが出ているかと思います。増加の部分が弱いです。 https://t.co/busWNuDmxR
RT @Dominique_Domon: @ohira_y えーとね,ミャンマーとかラオスなんかを例にとるとインディカ品種間のアミロース含有率の変異はものすごく幅が広くて,利用法も品種の特性によって違ってます。栽培適性が先にあって,食文化による嗜好は後付けではないかと。 htt…
RT @ohira_y: 死亡ではなく、アナフィラキシーショックを起こしてた事例でした。どちらにしろ、安易に飛びつかないで。減感作療法は医師の指導の元に。 https://t.co/umJzUFeZMn
ただし厳密にいうと、ペニシリウム属の分生子はフィアライド型、スコプラリオプシスはアネライド型と呼ばれ、分生子ができる部分の構造に違いがみられる。下記の写真クイズが判りやすいと https://t.co/z7ecUwntMO

1 0 0 0 南洋点描

@ebi_j9 ネタもとの文献は、恐らく『南洋点描』(昭和16年)の「水出しコーヒー」あたりと思われます。 https://t.co/RYl4pVGpGD
RT @asilliza: あ、面白い論文発見。「玄米浸漬時の乳酸菌添加効果」https://t.co/ic6fmuqm3m バシラス属とエンテロバクターが玄米にはよく付着してるみたいだ。 https://t.co/gZ3jSuhbAY
RT @MinatoNakazawa: シミュレーションモデルではAckermanの昔から接触頻度の異なる分集団ごとに感染確率は変えてますし、宮崎大の竹内君(@takeshou)が質問紙調査データから接触頻度行列を求めてます https://t.co/u5uGwuT3Y8 ht…
RT @kojima_aponet: ネットでカフェイン含有OTCが大量に購入できないように規制しないと次の事例も出てくるぞ。 【日本臨床救急医学会雑誌】 眠気予防薬の多量服用によるカフェイン中毒の2例 https://t.co/IDkGaM4pfz https://…
RT @kojima_aponet: ネットでカフェイン含有OTCが大量に購入できないように規制しないと次の事例も出てくるぞ。 【日本臨床救急医学会雑誌】 眠気予防薬の多量服用によるカフェイン中毒の2例 https://t.co/IDkGaM4pfz https://…
【第2報告】/途上国のフードシステムにおけるグローバル化の影響 ─「キリマンジャロ」コーヒーのフェアトレードを中心として─ 辻村 英之 https://t.co/VqpzUQHBKl
CiNii 論文 - 真空調理食品におけるリステリア菌の消長 - https://t.co/092YwycYVN #クソリプ

23 0 0 0 外来語集覧

RT @okjma: 古賀十二郎『外来語集覧』というのがあり、長崎県立図書館にある稿本を比較的近年活字化。 http://t.co/MwTEH4EH0q 誤翻刻らしきものも見える(「古闘比伊」など)し、咖啡は見えないが、引用多く有益かと #珈琲咖啡探索隊 http://t.co…
豆腐の香り成分としては、青臭さはヘキサノール/ヘキサナールなどの短鎖アルコール、アルデヒド系、その他、各種の脂質酸化物。また糖類の加熱などに由来の甘い香り、マルトールが重要らしい。バニリンは含まれない。キャラメルで繋げるかな? https://t.co/oINpxGvjfb

22 0 0 0 OA 食道楽

鶏卵を割り入れて越す抽出法は、ドリップ以前から何例か紹介がある。村井弦斎「食道楽. 春の巻」(1913)に記載があるのがおそらく最初。 http://t.co/qDNyRUdlQD 白身にコーヒーのアクを吸着させる方法で(続 https://t.co/FpVjn2BhdM

6 0 0 0 OA 食物辞典

NDLでも確認。この部分は昭和3年の初版から変更なし。 http://t.co/cljNUv1jUz 前に図書館送信までで検索した範囲ではS3年JOCK講演集. 第5輯(芝原耕平)がドリップの最初の国内紹介。澤村が触れてないのは妥当 https://t.co/g8BC9pd5PB

76 1 0 0 OA 言海 : 日本辞書

チェックしたら「咖啡」表記だった(既出だったかも)  | 近代デジタルライブラリー - 言海 : 日本辞書. 第1-4冊 - http://t.co/jLPguCGNNg

6 0 0 0 OA 漢字整理案

漢字の一覧表(字種、字体の変遷) | 調べ方案内 | 国立国会図書館 - http://t.co/DlQUtztXsi 1919年「漢字整理案」珈(35コマ)琲(36コマ)はあるが、口部(15コマ)に咖、啡はない http://t.co/mKgYWYay7f #珈琲咖啡探索隊
明治十年内国勧業博覧会出品目録.(明治10年/1877) http://t.co/UaC64qcl7g 50コマ 咖啡器 #珈琲咖啡探索隊
第二回内国勧業博覧会列品訳名(明治14年/1881) http://t.co/OR4Xab9ntm 95コマ 咖啡注子(コウヒイツギ) coffee-pot #珈琲咖啡探索隊
第三回内国勧業博覧会参考品目録(明治23年/1890) http://t.co/pd1eu9brbf (5コマほか 「咖啡注」などの記載あり。「咖啡」 #珈琲咖啡探索隊
内国勧業博覧会とコーヒー #珈琲咖啡探索隊 第5回内国博(M36/1903)審査報告書、「珈琲」表記(145コマ http://t.co/zIGH492vlJ 第4回内国博(M28/1895)目録、「咖啡」表記(3コマ他 http://t.co/WvVdGrx8BX (続
内国勧業博覧会とコーヒー #珈琲咖啡探索隊 第5回内国博(M36/1903)審査報告書、「珈琲」表記(145コマ http://t.co/zIGH492vlJ 第4回内国博(M28/1895)目録、「咖啡」表記(3コマ他 http://t.co/WvVdGrx8BX (続

18 0 0 0 OA 食道楽

初出については不明なものの、1913年、村井弦斎『食道楽・秋の巻』にすでに「冷やしコーヒー」の記載がみられます。 http://t.co/uG1DSwh6aA 淹れ方の説明もあるが、これは当時の煮出式で見られた卵殻によるアク取り法 https://t.co/mro20ciIjb
当時の家庭科教科書の「コーヒーの入れ方」より。 http://t.co/PmDCJAzSDa ここでいう入れ方は、フランスの「ドンマルタンのポット」あるいはイギリスのビギン氏が考案した「コーヒー・ビギン」に近く、ドリップと浸漬の折衷 https://t.co/1hvExtVVno

14 0 0 0 OA 蜀山人全集

@tricken 蜀山人全集・巻3 http://t.co/mdTsxdDkbS
@Butayama3 @naokororin2 @shima_usa96 論文あった。これか。 https://t.co/5dm62SoGZp
@Butayama3 いちおう、リテーナ成型かまぼこと、板付きかまぼこを比較したものだと、細菌増殖のパターンはちょっと違う模様。後者が高級品。前者の方が細菌増殖時に「悪臭が強い」という報告なんで、確かに「腐敗」のイメージは強そうだけど http://t.co/wdn5cHJ3Tc
@sarisally1 未だに食品会社サイトにも書いてあるし仕方ない思います。1993年のこの論文では、標品を嘗めてみて甘味がないことを確認してます。糖の加熱による濃縮による「甘味」の増大と、糖由来香気物質の口中香からくる「甘さ」  https://t.co/wS1N840X7o
さらに、この本より先に、1926年、東京帝国大学農学部附属演習林 編『台湾ニ生育スベキ熱帯林木調査.  嗜好品ノ1』(オンライン閲覧不可) http://t.co/ImFg0ytZ7S に「珈琲」の項がある。

3 0 0 0 OA 珈琲

台湾総督府熱帯産業調査会『珈琲』(1935)によれば、台湾でのコーヒー栽培開始は「今ヲ去ル五十二年前(略)一英人ガまにら(一説ニハせいろん」から持ち込んだもの、とある。1935-52=1883年頃、ということになる。 http://t.co/YUnvoELUez
珈琲テキストブック 1937年版昭和12年。 http://t.co/bWVUdDU9dP ブラジル宣伝本部の住所は銀座4丁目聖書館。 富士焙煎機の住所は、銀座1ノ3。日本ブラジリアントレエディングコンパニー支社と同じ。なのでブラジレイロ機械部の後身なのは間違いない。

20 0 0 0 OA フィロウイルス

エボラ感染症で出血熱が起きる理由については、さっきも紹介したリンク(ウイルス、Vol. 62 (2012) No. 2 p. 197-208)の高田先生の総説に、詳しく書いてある。 https://t.co/dc4MbkkBSb

20 0 0 0 OA フィロウイルス

大学外でも読めるかな、これ。 https://t.co/dc4MbkkBSb
RT @hayano: (日本語の解説としてすぐに見つかったのが これ 超解像顕微鏡の進展 http://t.co/KBDhhdH13M もっと適当なものがあるかもしれないが,とりあえず)

11 0 0 0 OA 銀座

昭和2年、その名も「銀ぶらガイド社」なるところから出た、松崎天民「銀座」、ここには明治40年代からあるカフェーとして、プランタン、ライオンの名前はあるが、パウリスタはない。 http://t.co/ME8ChypMWq
大正15年 建部遯吾「社交生活と社会整理」より「銀座通りをブラつくことを近頃は銀ブラと云ふさうである」 http://t.co/NMN2qZWNy2
再掲:大正13(1924)年の水島爾保布『新東京繁盛記』に「『銀ぶら』といふ言葉は、其最初三田の学生の間で唱えられたものだともいふし、また玄文社の某君の偶語に出たものだともいふ」との記載があり語源が諸説入り乱れることも既に予言されてる。http://t.co/DBA7PK3fC1
おお、これはすばらしい。 RT @Slight_Bright 卵の食品機能特性と調理利用学についてhttps://t.co/KF10Qte5Yh …(PDF)
RT @Slight_Bright: なるほど糖か。「蒸発量を考えて,水分の添加量を調節し,保水性とゲルのテクスチャーの変化に注意する。油の被膜は,水分の蒸発を防く・効果がある。味覚上可能な場合には糖を添加し,保水性を維持」>卵の食品機能特性と調理利用学についてhttps://…
JACC studyでのコーヒー飲用と大腸直腸がんリスクとの関係見た論文。男性で大腸がんリスク上昇という結果が出てる。これまでの疫学調査とはまた異なる結果なので、メタ解析の結果に影響しそうだが日本の男女の性差としては類似傾向かな。 https://t.co/oRvMpr60UG
大正3(1924)年の水島爾保布『新東京繁盛記』に「『銀ぶら』といふ言葉は、其最初三田の学生の間で唱えられたものだともいふし、また玄文社の某君の偶語に出たものだともいふ」との記載があり、語源が諸説入り乱れることも既に予言されてる。 http://t.co/DBA7PK3fC1
おお、戦前の化学書には「化学方程式」という言葉が普通に使われてるじゃないか。  http://t.co/EB4NNFwEfo
RT @ebi_j9: @y_tambe とりあえず比較的最近の調査報告(コーヒー以外もあるけど) 各種市販食品中のオクラトキシン A, B およびシトリニンの汚染実態調査 https://t.co/5CuRiqlnFj
RT @ohira_y: ““美味 しさ”と 「うま味」 の科学 - J-Stage_pdf” http://t.co/FB1p6ehou1
RT @ohira_y: “CiNii 論文 -  特集にあたって(<特集>食と色)” http://t.co/qzxzy48GDe
改めて手元の論文を確認してたら、中林先生の論文にもちゃんとシュウ酸も出てました。 https://t.co/P5ZVR37m 「シュウ酸は含まれない」は訂正させていただきます、すみません。ただ他の主要な有機酸より一桁は少ない。 @yota_togashi @IWKRterter
RT @seventhdracula: 症例でないけど、こういう発表はあります カット野菜の細菌汚染 と野菜ジュース中での食中毒菌の消長 https://t.co/QXDIbVHH @doramao 手作り酵素ドリンクで嘔吐下痢症が発生しているとすれば、食中毒原因菌を特定 ...
過去の事例>「CiNii 論文 -  マウスコロニーにおけるセンダイウイルス感染症の流行とその清浄化 - http://t.co/hxSPFZoy 」 RT @Mihoko_Nojiri どうなるの?
RT @georgebest1969: 高齢者の感染症診療。ここからタダで読めます。http://t.co/RqL8nJG1
RT @georgebest1969: 高齢者の感染症診療。ここからタダで読めます。http://t.co/RqL8nJG1
お、CiNii検索してみたら、古いポリオの文献とかも一応あるな。 http://t.co/QCmVghCS 圧倒的に植物が多いけど。
RT @_nagashimam: 「しかるに今日、生産者の多くは科学的根拠に基いた農業技術より常識ある自然科学研究者が研究対象としないようないわゆる民間農法に感心を示しがちで、」 少なくない人が、という意味では今も昔も…(1995年を昔とは言いたくないが^^;;) htt ...
なるほど。参考になります。RT @narumita 増加傾向の遺伝子型Aが成人でも慢性化率が高く課題となってます http://t.co/Qu4ZSmoZ 
RT @hshigema: 衝撃だ。固定してるのはモノクロのほうだ。そして溶液中でのフレキシブルな構造によって固定化した抗体との結合がってAβペプチドだからだろ...まぁいいのかMS試料に疎水的なペプチド断片はあるだろう...けど、あのプレスリリースは何...orz:ht ...
Agingによる味の変化については、イノシン酸量の変化でなく、遊離アミノ酸の増加で説明してる1998年の総説があった。 http://t.co/kDe9IrFv
Agingによる味の変化については、イノシン酸量の変化でなく、遊離アミノ酸の増加で説明してる1998年の総説があった。 http://t.co/kDe9IrFv
つか、牛肉の熟成で本当にイノシン酸は増えるのか?… http://t.co/i9Gy4ZnD
フェロシアン化物によるセシウムの吸着。http://ci.nii.ac.jp/naid/110000589769 最初にこの論文、序論を参考に(続
ゼオライトによるセシウムの吸着は、ナトリウム塩などの共存によって阻害されるって話だったはずが、それでも9割除去可能? あと活性炭によるヨウ素の吸着除去ってのはどうなんかなぁ…まぁ硫酸添加後なら可能か? http://ci.nii.ac.jp/naid/110000589769
オロモ進出期に於けるエチオピア北部の牛税ケイマ に侵攻ルートの図があった。年代は載っていない。http://ci.nii.ac.jp/naid/40015299627
教壇に立った夏目漱石が生徒にしたとされる説明に「私が、今ここで逆立ちする可能性はあるが、蓋然性はない」というのがあるそうで。http://ci.nii.ac.jp/naid/110004792887

お気に入り一覧(最新100件)

1920年代のコーヒーブームについて。 https://t.co/L7dseJio4A

フォロー(292ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @hoshitomita: また、植林した「広葉樹」が他地域のものだと地域系統の遺伝子かく乱を引き起こす。それよりは針葉樹二次林を伐採して、萌芽更新と実生から自然に広葉樹林へ誘導する、こちらのやり方の方が無難だと思う。 「都市近郊二次林における小面積伐採直後の木本植生の多…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 天才ハッカー 萩野純一郎博士を悼む-IPv6時代は彼によって開かれた-(村井 純),2008 https://t.co/l4PKDQJXs8
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
@QM_phys_kyoto @YouTube 浮遊磁石の実験を最初に行なったAlfred Marshell Mayerの問題意識は、電話機の開発にあったそうです。ちょっと意外ですね。 2004年の物理学会年会の予稿集に以下の発表が載っていました。 「Alfred Marshall Mayer の浮遊磁石の実験とベル研究所の電話機開発」 https://t.co/YRxfpzx5tW
熱演楽しみました. どうやったら歌舞伎にできるか(場割はできそうだが主役は誰?)などと考えながら聞いていたので,今朝から黙阿弥の「切籠形京都紅染」https://t.co/rO4kEKG4eW 読んでおります. https://t.co/9zexwDNIPb
RT @japanfossil: @holozoa55 @Mushi_Kurotowa 縄文中ー後期の土器から、キマワリとカミキリムシの幼虫を潰した痕跡が見つかっているようです(文献あり)。他に、糞石からの調査でも昆虫が見つかっているそうですが元文献は見つかりませんでした。久々…
RT @Science_Release: 前例は大西洋での発見が唯一の例だった珍しいウオノエが、地球の反対側の太平洋で再発見されたよ! First Record of the Rare Parasitic Isopod Elthusa splendida (Cymothoid…
RT @torikameinu: 毎年柿の季節に言ってるんですけど、柿を食べすぎて胃に「柿胃石」が出来た爺さんが、コカコーラ飲んで溶かす治療を受けたけど、炭酸キツくて炭酸抜けたの飲んでたのが医者にバレて怒られた話を置いておきます。https://t.co/yuSI6ZQjWy…
理性と野蛮、という二項対立から、理性とは絶え間ない撹乱である、あたりかな。 しかし分野が違う文章は読みにくい。ちょっと時間をかけておこう。 https://t.co/podt40jtsL
RT @halproject00: 参考 ヒスタミン中毒について https://t.co/PUV96s7fhT かつお節中のヒスタミンの話 https://t.co/BScjVsqpaD https://t.co/zZbK2pFN6V
RT @halproject00: 参考 ヒスタミン中毒について https://t.co/PUV96s7fhT かつお節中のヒスタミンの話 https://t.co/BScjVsqpaD https://t.co/zZbK2pFN6V
RT @halproject00: 参考 ヒスタミン中毒について https://t.co/PUV96s7fhT かつお節中のヒスタミンの話 https://t.co/BScjVsqpaD https://t.co/zZbK2pFN6V
RT @torikameinu: 毎年柿の季節に言ってるんですけど、柿を食べすぎて胃に「柿胃石」が出来た爺さんが、コカコーラ飲んで溶かす治療を受けたけど、炭酸キツくて炭酸抜けたの飲んでたのが医者にバレて怒られた話を置いておきます。https://t.co/yuSI6ZQjWy…
RT @torikameinu: 毎年柿の季節に言ってるんですけど、柿を食べすぎて胃に「柿胃石」が出来た爺さんが、コカコーラ飲んで溶かす治療を受けたけど、炭酸キツくて炭酸抜けたの飲んでたのが医者にバレて怒られた話を置いておきます。https://t.co/yuSI6ZQjWy…
RT @KyushokuJP: 事故事例ではありませんが、外国産の鰹節から高濃度のヒスタミンが検出された例が紹介されています。 【参考】KAKEN(科学研究費助成事業データベース) 魚類ヒスタミン管理のための海外学術調査 https://t.co/OWD4u2TaZa
RT @torikameinu: 毎年柿の季節に言ってるんですけど、柿を食べすぎて胃に「柿胃石」が出来た爺さんが、コカコーラ飲んで溶かす治療を受けたけど、炭酸キツくて炭酸抜けたの飲んでたのが医者にバレて怒られた話を置いておきます。https://t.co/yuSI6ZQjWy…
RT @torikameinu: 毎年柿の季節に言ってるんですけど、柿を食べすぎて胃に「柿胃石」が出来た爺さんが、コカコーラ飲んで溶かす治療を受けたけど、炭酸キツくて炭酸抜けたの飲んでたのが医者にバレて怒られた話を置いておきます。https://t.co/yuSI6ZQjWy…
RT @torikameinu: 毎年柿の季節に言ってるんですけど、柿を食べすぎて胃に「柿胃石」が出来た爺さんが、コカコーラ飲んで溶かす治療を受けたけど、炭酸キツくて炭酸抜けたの飲んでたのが医者にバレて怒られた話を置いておきます。https://t.co/yuSI6ZQjWy…
RT @torikameinu: 毎年柿の季節に言ってるんですけど、柿を食べすぎて胃に「柿胃石」が出来た爺さんが、コカコーラ飲んで溶かす治療を受けたけど、炭酸キツくて炭酸抜けたの飲んでたのが医者にバレて怒られた話を置いておきます。https://t.co/yuSI6ZQjWy…

フォロワー(11148ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

@Gruner_Wind @azukiglg https://t.co/SkBPpYMvS6 https://t.co/8PePqA0S4c しもせずに言うのは容易い。 また他者からの見聞のみで判断するのも容易い。 真に副反応被害者であれば、制度は活かされている。 https://t.co/lPjEcBcyVW
RT @hoshitomita: また、植林した「広葉樹」が他地域のものだと地域系統の遺伝子かく乱を引き起こす。それよりは針葉樹二次林を伐採して、萌芽更新と実生から自然に広葉樹林へ誘導する、こちらのやり方の方が無難だと思う。 「都市近郊二次林における小面積伐採直後の木本植生の多…

38 5 4 2 OA 夫婦別姓

RT @nana77rey1: @kenken500d @tokohakodate @yampisun40 ここに丸パクリの経緯あり。 「ドイツ民法を輸入した国(日本、トルコなど)では、 かつては夫婦同姓が強制された。しかし、ドイツを含めて法改正された結果、 法的に夫婦同姓を強…
@76MHz1kHz https://t.co/ULpwKlGtPc 「複合体(粘土)に吸着されたNa+の,その吸着複合体の塩基交換容量に対する百分率(exchangeable sodium percent- age; ESP)」と言う指標があるらしく、これが15%で植物の生育限界となるそうです 中々の量ですね…
RT @hoshitomita: また、植林した「広葉樹」が他地域のものだと地域系統の遺伝子かく乱を引き起こす。それよりは針葉樹二次林を伐採して、萌芽更新と実生から自然に広葉樹林へ誘導する、こちらのやり方の方が無難だと思う。 「都市近郊二次林における小面積伐採直後の木本植生の多…
RT @Panda_51: https://t.co/p6HkDS9mmO 出典を確認したところ、「海自部内だけでは発想しえない着眼点」というフレーズはなく、大蔵省担当官より「想定するイージス艦2隻と同一予算で購入可能なF-15 30機を、例えば小笠原列島周辺に配備する場合の洋…
「25年前って本当かな?」と思って調べてみたら、正確には15年前(2004年)のようですね。にしても古い・・・  https://t.co/nL0NiMgB3Y
RT @hoshitomita: また、植林した「広葉樹」が他地域のものだと地域系統の遺伝子かく乱を引き起こす。それよりは針葉樹二次林を伐採して、萌芽更新と実生から自然に広葉樹林へ誘導する、こちらのやり方の方が無難だと思う。 「都市近郊二次林における小面積伐採直後の木本植生の多…
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @hoshitomita: また、植林した「広葉樹」が他地域のものだと地域系統の遺伝子かく乱を引き起こす。それよりは針葉樹二次林を伐採して、萌芽更新と実生から自然に広葉樹林へ誘導する、こちらのやり方の方が無難だと思う。 「都市近郊二次林における小面積伐採直後の木本植生の多…
RT @genkuroki: #統計 豊田『瀕死本』を好意的に読んでしまった人は、ベイズ統計の利点と「ゴールを厳しめにずらすこと」を混同しているのだと思う。 添付画像は https://t.co/UCLqah1vin p 値を使って学術論文を書くのは止めよう 豊田秀樹(20…
RT @hoshitomita: また、植林した「広葉樹」が他地域のものだと地域系統の遺伝子かく乱を引き起こす。それよりは針葉樹二次林を伐採して、萌芽更新と実生から自然に広葉樹林へ誘導する、こちらのやり方の方が無難だと思う。 「都市近郊二次林における小面積伐採直後の木本植生の多…
RT @bms_pr: 【新着論文のご紹介】藤田 和也, 岡田 謙介, 主観確率を含んだ累積プロスペクト理論モデルの推定精度について, 行動計量学, 2019, 46 巻, 2 号, p. 53-71, https://t.co/MnEzv4FtEc
CiNii 論文 -  都市近郊二次林における小面積伐採直後の木本植生の多様性の変化 https://t.co/SxvTHjOXMH #CiNii
RT @hoshitomita: また、植林した「広葉樹」が他地域のものだと地域系統の遺伝子かく乱を引き起こす。それよりは針葉樹二次林を伐採して、萌芽更新と実生から自然に広葉樹林へ誘導する、こちらのやり方の方が無難だと思う。 「都市近郊二次林における小面積伐採直後の木本植生の多…
RT @kameiasami: 『自用電気療法新編』(東京電気治療法研究会、大正2年) https://t.co/KPd5baJDuo より。明治38年版にも同じ図版が掲載されていますが、画像が粗いので大正2年版から引用しました。画像は大型の機器で、もっと小型の携帯用も流通して…
RT @hoshitomita: また、植林した「広葉樹」が他地域のものだと地域系統の遺伝子かく乱を引き起こす。それよりは針葉樹二次林を伐採して、萌芽更新と実生から自然に広葉樹林へ誘導する、こちらのやり方の方が無難だと思う。 「都市近郊二次林における小面積伐採直後の木本植生の多…
RT @hoshitomita: また、植林した「広葉樹」が他地域のものだと地域系統の遺伝子かく乱を引き起こす。それよりは針葉樹二次林を伐採して、萌芽更新と実生から自然に広葉樹林へ誘導する、こちらのやり方の方が無難だと思う。 「都市近郊二次林における小面積伐採直後の木本植生の多…
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @hoshitomita: また、植林した「広葉樹」が他地域のものだと地域系統の遺伝子かく乱を引き起こす。それよりは針葉樹二次林を伐採して、萌芽更新と実生から自然に広葉樹林へ誘導する、こちらのやり方の方が無難だと思う。 「都市近郊二次林における小面積伐採直後の木本植生の多…
倉島哲先生、これまで存じ上げず。https://t.co/WVz8m98iHQ https://t.co/n1qp1wHvva https://t.co/sjSuzFMEHz
RT @lm700j: ロマン・キム「ソ連の忍者」 https://t.co/VSLo67XemZ ミステリー作家兼スパイマスター兼忍術研究家、という謎人物の話
今はウェクスラー式の下位検査から外されている絵画配列に関する論文があった。私これものすごくできたのですがなんでできたかといえば「漫画経験値が高かったから」としか思えず外されたのは残念でもなく当然な気持ち https://t.co/tRUGU0AIug
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 天才ハッカー 萩野純一郎博士を悼む-IPv6時代は彼によって開かれた-(村井 純),2008 https://t.co/l4PKDQJXs8
RT @shiita93781732: 面白い研究。 ・中殿筋活動は、歩行より横歩きの方が有意に高値を示した。 ・股関節外転モーメントは、歩行時に比べ横歩き時の方が有意に低い値を示した。 横歩きは股関節に対して低負荷で中殿筋筋力増強できる運動方法であると考えられた。(引用) 抄…
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @thgrace: 秋水とそのエンジン、橘花とネ20.驚異的な時間スケジュールで実現しているけれど前者は平岡さんが供述しているように推進薬に知見があったし、後者は大学にもコンプレッサ、タービンの知見があったことが功を奏しているはず.それもなかったらさすがに... htt…
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
生物物理「花の器官数を決める数理」https://t.co/pOYKP8LRfU 面白かった。とくにイチリンソウで一つの個体の中でも 5 花被と 6 花被 が混在するというのが良い。 ただ、紙面の都合なのか、筆者らの「古さ」を導入したモデルとそのパラメータ空間が図示されていないのは残念。
RT @manjimal_sakaki: 植野弘子「台湾漢民族の死霊と土地──謝土儀礼と地基主をめぐって 」『国立歴史民俗博物館研究報告』41、。1992年3月。https://t.co/hfW5zrHugh
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
わいもAPDやったわ https://t.co/17ApDk8bWt
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
»「ドベネックの要素樽の初期史」 Jpn. J. Soil Sci. Plant Nutr. 87(2): 146 (2016) https://t.co/go4IHBhxR4
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @EvidenceJapan: NMN自体を批判するものではないが、サプリメントのようにただ口から飲み込んでも効くわけないので、この文献読んでから購入を検討してください。 第一、市販で買えるものに「薬」のような効果を期待すること自体があり得ない。 核酸医薬を用いた遺伝…
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
@BrghtDr 確かにおっしゃる通りですね。計測部位を手関節の橈骨動脈の直上にしたらいかがでしょう。動脈が皮膚表面に近いので適していると思います。 参考。PDFです↓ 「前腕表面の温度分布特徴を利用した橈骨動脈検出手法の提案」 https://t.co/9ckNIYi6UD
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @hanasakimasanao: @Rogue_Monk @azukiglg @amiga2500 投票行動の論文があるので分析はされているかと(他にもたくさん https://t.co/cTE3jFZupj
RT @sunasaji: @kyoutonoinaka @skyhighever 0.094%の罹患率が、ワクチン接種で0.047%になると言っていて、そもそも罹患率が低すぎる上に半数ほどしか減らせておらず、それなりに重篤な副反応も無視できない数の報告があるのに、わざわざ接種…
RT @machida_77: 海外の忍者忍術情報とスパイが結びついた古い例。 “本稿ではソ連の忍者とも呼べる作家ロマン・キム(1899 ~ 1967)の伝記について新知見を含めて紹介する。ロマン・キムはソ連で初めて忍者・忍術を紹介した人物である” J-STAGE Artic…
RT @kyara0930: @tottoriloop たしかこのレポートに少し載っていたとおもいますが、この近くに住んでいたことがあったので、いろいろ年寄から話をきいています https://t.co/wu6FToYzYU
RT @S96405539: <参考文献> https://t.co/nx4zfC5vSE  ↑画像を引用させていただきました。 https://t.co/OZzprT4OMK https://t.co/yEmXjrBZq9 https://t.co/tnoYGFt0ZD ht…
RT @torikameinu: 毎年柿の季節に言ってるんですけど、柿を食べすぎて胃に「柿胃石」が出来た爺さんが、コカコーラ飲んで溶かす治療を受けたけど、炭酸キツくて炭酸抜けたの飲んでたのが医者にバレて怒られた話を置いておきます。https://t.co/yuSI6ZQjWy…
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
根獅子遺跡。宇久松原遺跡。大友遺跡。縄文人とつよい近似性をしめす西北九州の弥生人骨たちよ。https://t.co/oU6NKlBPlw
https://t.co/U9yG1lpzW9 転がり摩擦は深く考えたこと無かった なかなか難しい問題なんやね
@QM_phys_kyoto @YouTube 浮遊磁石の実験を最初に行なったAlfred Marshell Mayerの問題意識は、電話機の開発にあったそうです。ちょっと意外ですね。 2004年の物理学会年会の予稿集に以下の発表が載っていました。 「Alfred Marshall Mayer の浮遊磁石の実験とベル研究所の電話機開発」 https://t.co/YRxfpzx5tW
RT @shooter_george: ソ連の忍者スパイ、1899年生まれで1922年から対日スパイ、別資料によるとウラジオストック生まれで、抗日運動家の父により少年期に既に来日させられてるということなので1907年のゴールデンカムイに参戦不可避やないけ!!! / J-STAG…
RT @machida_77: 海外の忍者忍術情報とスパイが結びついた古い例。 “本稿ではソ連の忍者とも呼べる作家ロマン・キム(1899 ~ 1967)の伝記について新知見を含めて紹介する。ロマン・キムはソ連で初めて忍者・忍術を紹介した人物である” J-STAGE Artic…
何故だろ?と思ってググってみたら「現場ネコ」案件が出てきた。開放になった側からの汚染が問題のようだ(pdf) https://t.co/RIPtDt6Rzi https://t.co/5mJG9RbB7e https://t.co/wzHt73f9KU
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 技術事始 小水力発電 工場やオフィスの水で電力創出、RPS法見直しで市場が広がるか(藤田 香),2007 https://t.co/OxPMi5IRMD 工場排水やオフィスの空調用冷却水、農業用水などの水を利用して、水車と…
RT @MiZONO_rad: あと、丸呑みされたシイタケはCTで同定可能という事実も共有しておきます。https://t.co/cIdZrTlp7J https://t.co/htVd7mbzPG
RT @torikameinu: 毎年柿の季節に言ってるんですけど、柿を食べすぎて胃に「柿胃石」が出来た爺さんが、コカコーラ飲んで溶かす治療を受けたけど、炭酸キツくて炭酸抜けたの飲んでたのが医者にバレて怒られた話を置いておきます。https://t.co/yuSI6ZQjWy…
やはり、鼻腔、口腔、腸内など粘膜には、IgA抗体があって、これがウィルスなどを撃退している。 ワクチン接種では、IgAはできない。 つまり、上気道感染から肺感染するコロナやインフルエンザには、IgAを誘導するワクチンが必要か。 https://t.co/fvE29J3tLt
RT @japanfossil: @holozoa55 @Mushi_Kurotowa 縄文中ー後期の土器から、キマワリとカミキリムシの幼虫を潰した痕跡が見つかっているようです(文献あり)。他に、糞石からの調査でも昆虫が見つかっているそうですが元文献は見つかりませんでした。久々…
血液型抗原(6)―Rh式血液型 (検査と技術 31巻7号) | 医書.jp https://t.co/Lx9LnHgoG4
細胞膜糖脂質の構造と機能 https://t.co/3srWSu3TqH
生体膜糖脂質の抗原性とレセプター活性 https://t.co/qos5FH42yx 膜蛋白質と抗原性 : 血液型 https://t.co/Oj74gc2mkk
生体膜糖脂質の抗原性とレセプター活性 https://t.co/qos5FH42yx 膜蛋白質と抗原性 : 血液型 https://t.co/Oj74gc2mkk
Rh血液型の分子レベルでの考察 https://t.co/ERvKyjwuA6
RT @japanfossil: @holozoa55 @Mushi_Kurotowa 縄文中ー後期の土器から、キマワリとカミキリムシの幼虫を潰した痕跡が見つかっているようです(文献あり)。他に、糞石からの調査でも昆虫が見つかっているそうですが元文献は見つかりませんでした。久々…
#統計 たぶん、 lim_{n→∞}(対数尤度函数)/n = (KL情報量) + (定数) は赤池弘次さんに由来する見方で、最尤法の開発者のFisherさんは分かっていなかったと思われます↓ https://t.co/rVEPngIsM6 統計的推論のパラダイムの変遷について https://t.co/foCDt7FZBK エントロピーとモデルの尤度 https://t.co/88N4AX43AV

38 5 4 2 OA 夫婦別姓

RT @nana77rey1: @5qsn1cUvDsEucla @ToruKunishige 「ドイツ民法を輸入した国(日本、トルコなど)では、 かつては夫婦同姓が強制された。しかし、ドイツを含めて法改正された結果、 法的に夫婦同姓を強制する国は日本だけである。」 【佐藤一明…
RT @totoro_rule: @eikouarucroatia 文革に対して割と正確に見通してたリアリストの国際政治学者である衛藤瀋吉が天皇訪中賛成論で、ちょっと引くレベルで右の小堀桂一郎が天皇訪中反対論だったけど、今読み返すと圧倒的に小堀が正しいんですよね… https…
@KabuTaro @kz_itakura ニュートリノはその実験的観測でノーベル物理学賞まで、ちゃんと出て、常識になっていて、広く知られて評価もされているのに。文系の方が書いてチェックもされたとしか考えられません。「もっと理工系の人をマスメディアに!国民運動」の代表としては(嘘です)、でも残念。https://t.co/oAkkgtcusA
RT @torikameinu: 毎年柿の季節に言ってるんですけど、柿を食べすぎて胃に「柿胃石」が出来た爺さんが、コカコーラ飲んで溶かす治療を受けたけど、炭酸キツくて炭酸抜けたの飲んでたのが医者にバレて怒られた話を置いておきます。https://t.co/yuSI6ZQjWy…