言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 2 posts)

旧日本軍の軍人が、軍刀の鞘の先端を自分より前側に持ってくる状態で佩刀しているのは、陸軍の礼儀作法に従ったからです。 日本陸軍は、陸軍礼式や操典で儀式での刀の佩び方を規定していました。 その中では、柄を後ろにするとしていたので、佩環を支点として反対側にある鞘の先はおのずと前になります。 陸軍礼式 第二章 軍人の敬禮 第一節 最敬禮 第二十五條 天皇ニ拝謁スルトキ室内ニ・(略)・刀ヲ佩フ ...
きれいな隊列の大隊の長さは、500m余りになるかもしれません。 日本陸軍の大隊は、昭和のころは戦時のみ編成される1,000人くらいの組織(連隊内の結節)でした。 整列して行進する部隊は、4列の縦隊で、兵の前後の距離は1.3m、各部隊はそれぞれ指揮官を置き、少し間をおいて前進しました。 敵と接触するかもしれない場合の前進は、大隊としては固まらず、中隊や小隊ごと2列(道路の左右に1列ずつ ...

レファレンス協同データベース (1 libraries, 1 posts)

太平洋戦争の時に陸軍の兵士がポケットに入れて携行していた「歩兵操典」があるか。

はてなブックマーク (1 users, 2 posts)

Twitter (27 users, 29 posts, 38 favorites)

その前にあなたがソース元とされた「兵隊の手記」をご提示ください。 ちなみに歩兵操典は誰でも読めます。 https://t.co/LEBXsDk3de https://t.co/785t44kH4b
高度なジョーク……w <RT https://t.co/prLPBAjw4B https://t.co/vriXYqyx3n
あった。『歩兵操典』(昭和十五年)。第二篇 中隊教練・第二章 戦闘・第二節 小隊・ 第一款 攻撃・突撃、陣内の攻撃 第百五八 https://t.co/XmU5SIgHgD
数年ぶりに再版されるらしい帝国歩兵野戦教本 載っているのはユニットのポイントや能力ではなく、 ミリタルム歩兵に向けた軍隊生活の心得、基本戦闘術、異種族解説、編制や装備の図説、応急処置方法、祈りの言葉、英雄の半生...など 文字通り「40k版 歩兵操典」な内容です https://t.co/h0gissouWa https://t.co/Gt3GZEipoF
@J_geiste @SatoshiMasutani これで十字砲火に自ら突っ込むことになる。 歩兵操典(1940年版) 「兵ハ我ガ白兵ノ優越ヲ信ジ勇奮身ヲ挺シテ突入シ敵ヲ圧倒殲滅スベシ(以下略)」 (P47 第六十八) https://t.co/zGxdnON0t0
『歩兵操典』第二篇「中隊教練」 第一章「密集」 第二節「密集ノ動作」 第百五 “…一叉銃ハ五挺ヲ超ユべカラズ” https://t.co/O5RyOOnlxs https://t.co/O5td7jMwxp
@yamashiro1990 https://t.co/0OXL84rqIE 歩兵操典S15年版だそうです
@nemipeople おすすめロリ同人誌の情報です。https://t.co/HuS9h63k5y
近代デジタルライブラリー 歩兵操典 https://t.co/RSLaoUNNG4

Wikipedia (1 pages, 2 posts, 2 contributors)

編集者: Momijiro
2016-04-27 00:20:15 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト