言及状況

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

「弦(つる)」と漢語をあてるようです。 出典: 大鋸のない時代には「ツルカケ」という技法があり、「大木の根には三方から斧を入れ、鼎の脚のやうに三つの脚を残す。之を弦掛けといふのである。」(柳田国男, 倉田一郎 共編「分類山村語彙」) http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1824821/60?viewMode=

Twitter (2 users, 3 posts, 2 favorites)

[蒐書日誌]メモ(7):柳田國男・倉田一郎(編)『分類山村語彙』(1941年5月,信濃教育會 https://t.co/fwXSl2SVhx )※日本各地の山村で採集されたことばの時間的・地理的関連性について系統学的視点を提示して… https://t.co/fmLksUrYOR
柳田國男の『分類語彙』三部作はいずれも国立国会図書館デジタルコレクションで公開されている:『分類山村語彙』https://t.co/fwXSl3aw95 『分類漁村語彙』https://t.co/iXxRpvuwJ0 『分類農村語彙』https://t.co/hqP8pMhcUg
飲んでたって話が本当なら民俗学的意味があったかも知れないじゃん……????? と思ってあまり関係ない本に辿り着いたので謎の満足を得た 分類山村語彙 https://t.co/xOXL8esfdS

収集済み URL リスト