著者
信夫淳平 著
出版者
信夫淳平
巻号頁・発行日
1932

言及状況

Yahoo!知恵袋 (1 users, 2 posts)

正当防衛は、 日本の刑法では 第36条 1.急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為は、罰しない。 2.防衛の程度を超えた行為は、情状により、その刑を減軽し、又は免除することができる。 日本の民法では、 第720条 1.他人の不法行為に対し、自己又は第三者の権利又は法律上保護される利益を防衛するため、やむを得ず加 ...
正当防衛は、 日本の刑法では 第36条 1.急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為は、罰しない。 2.防衛の程度を超えた行為は、情状により、その刑を減軽し、又は免除することができる。 日本の民法では、 第720条 1.他人の不法行為に対し、自己又は第三者の権利又は法律上保護される利益を防衛するため、やむを得ず加 ...

Twitter (1 users, 3 posts, 3 favorites)

収集済み URL リスト