著者
信夫淳平 著
出版者
信夫淳平
巻号頁・発行日
1932

言及状況

Yahoo!知恵袋 (1 users, 2 posts)

正当防衛は、 日本の刑法では 第36条 1.急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為は、罰しない。 2.防衛の程度を超えた行為は、情状により、その刑を減軽し、又は免除することができる。 日本の民法では、 第720条 1.他人の不法行為に対し、自己又は第三者の権利又は法律上保護される利益を防衛するため、やむを得ず加 ...
正当防衛は、 日本の刑法では 第36条 1.急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為は、罰しない。 2.防衛の程度を超えた行為は、情状により、その刑を減軽し、又は免除することができる。 日本の民法では、 第720条 1.他人の不法行為に対し、自己又は第三者の権利又は法律上保護される利益を防衛するため、やむを得ず加 ...

Twitter (8 users, 20 posts, 7 favorites)

@MagnaCarta2 【問1】以下の信夫淳平の論旨を140字以内ことで要約せよ。 【解答例】(0点) 「1932年の第一次上海事変で海軍陸戦隊と居留日本人有志の自警団は上海の市民を便衣隊と見誤って拉致・殺害したというのは根拠な… https://t.co/XJSt3VxQGq
@MagnaCarta2 信夫純平『上海戦と国際法』1932年 p.126~p.127 https://t.co/c8ZNepA70I https://t.co/WoWktQZtdw https://t.co/YjRmrF2MLC
信夫純平『上海戦と国際法』1932年 p.127 https://t.co/c8ZNepA70I https://t.co/WoWktQZtdw
信夫淳平 著『上海戦と国際法』1932年(昭和7年) https://t.co/K6uB1nQ7Kt https://t.co/PfMWMjyxOK

収集済み URL リスト