2 1 0 0 OA 群書類従

著者
塙保己一 編
出版者
経済雑誌社
巻号頁・発行日
vol.第四輯, 1902

言及状況

Yahoo!知恵袋 (2 users, 5 posts)

一般論としては、埋葬されているのが誰かがわかるような墓が広まったのは鎌倉~室町時代ぐらいです。だから、例えば藤原道長の墓は、他の摂関家の面々の墓と同じく、現在宇治陵と呼ばれるあたりにある墓の一群のどれかであるのは確かですが、それらの墓を維持管理する浄妙寺という寺が廃絶してしまったので、どれかわからなくなっています。現在、鎌倉にある源頼朝の墓とされているものも、実は江戸時代に建てられた供養塔のような ...
光仁天皇の子で桓武の兄としている資料の一つ(他にもあるかも…)は↓の元亨釈書(鎌倉時代末の成立)です。ページ右半分の中の左上の方を見て下さい。 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/952805/163 聖武天皇の弟としている資料の一つ(他にもあるかも…)は本朝皇胤紹運録(室町時代前半の成立)です。ページ左半分の真ん中上あたりに聖武天皇の弟として「 ...
「本朝皇胤紹運録」には、以下のように書かれています。(コマ番号15/494) http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1879458/6?viewMode= 「厩戸皇子(聖徳太子是也。・・・敏達天皇二年癸巳正月一日誕生。・・・) おそらくWikipediaの記事は、この系図を元にしていると思われます。
神功皇后は天皇の子ではないので、天皇にはなれなかったようですね。 以下の系図でもわかるとおり、神功皇后は開化天皇の皇子の彦坐命の曽孫であり、皇位継承からは遠ざかっています。(コマ番号9/494) http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1879458/6?viewMode= 持統天皇や元明天皇をはじめ、女帝の位についた女性は、すべて天皇の ...
「新撰美濃志」には、確かに山本姓の由来について同じことが書かれていますね。(コマ番号161/347) http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1211634/151?viewMode= でも、この「山本中納言藤原貞興」という人物は、名前にもあるとおり「藤原氏」なのではないですか? なぜ「大江貞興」なのでしょうか? 以下は「群書類 ...

収集済み URL リスト