著者
西川祐信 画
出版者
菊屋喜兵衛
巻号頁・発行日
1740

西川祐信画の徒然草絵本。大本3巻合1冊。元文5年(1740)正月、京都・菊屋喜兵衛版。絵師等署名「皇都画工 文華堂西川祐信」「彫工 洛陽かい川 山本喜兵衛」。奥目録「謡曲画誌」以下43点の広告。元文3年(1738)冬の祐信の序に「よつて三巻となして其儘絵本徒然艸と名づけ、かの詞のはし/\書ちらして梓になす」とあり、見開きごとにゆったりと1図を配し、余白に『徒然草』の本文を簡略化して書き入れる。『徒然草』の絵入り本が少なくない中、通常の体裁を逆転させ、絵を主、文を従にしたもの。文の書体も美しい。また序に「無下にいやしき今様の絵なれば、かいやり捨べきことにて、人の見るべくもあらずと独翫びぬるを、菊秀軒の主ひたすらに求めて」云々とあるが、絵風における王朝風と当世風は半々ほどで、王朝風の絵は古風に努めており、土佐派の絵巻などに学んだ跡が窺われる。(鈴木淳)(2016.2)

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

絵本徒然草序 つれ/゛\なるまゝに日暮し硯にむかひて彼法師の古ことをそこはかとなく絵にうつせばあやしうこそ物ぐるおしけれいでや此世のことども絵にかかざるはなし先神さびたる九重の御景色ゆゆしげに舎人なんどつき従ひたる御形勢それより下… https://t.co/k8vtnY9NbM

収集済み URL リスト