言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

https://rnavi.ndl.go.jp/books/2016/09/027446086.php この本に戸来姓の人が出てきます。 https://www.kishimotoyoshinobu.com/八戸藩/ ここのページの作者は、由来調査に詳しい方のようです。 https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2937059/757?tocOpened=1 コマ番号 ...

Facebook (1 users, 1 posts)

涸沼川下流における感潮区間の通船は,明治40年には,常識であったようです。 吉田東伍 1907 『大日本地名辞典 下巻(2版)』3678頁(国立国会図書館近代ライブラリー コマ番号279) 「涸沼川 涸沼の下流にして,夏海村神山と,大場村入野との間より,東北に進み,二里許にして,那珂湊に達す,或は海老沢川と云う。 涸沼川は,古書に蒜間の江と言える流海の水派なれば,細溝なれど,潮汐の進退ありて, ...

Facebook における性別

教えて!goo (1 users, 2 posts)

当初より興味を抱いて注目させていただいておりましたが、 残念ながら現時点では何方様からも投稿がございませんので、 我慢出来ず(><)地元民でもない私が投稿する御無礼をお許し下さいm(_"_)m 御質問の「坦」のうち、少なくとも「天正坦」に関しましては、 GoogleBooksの『郡山の歴史』『郡山市史 第2巻』などの書籍断片情報と、 下記URLの引用書籍 『天正の太閤検地 ...
当初より興味を抱いて注目させていただいておりましたが、 残念ながら現時点では何方様からも投稿がございませんので、 我慢出来ず(><)地元民でもない私が投稿する御無礼をお許し下さいm(_"_)m 御質問の「坦」のうち、少なくとも「天正坦」に関しましては、 GoogleBooksの『郡山の歴史』『郡山市史 第2巻』などの書籍断片情報と、 下記URLの引用書籍 『天正の太閤検地 ...

OKWave (1 users, 2 posts)

当初より興味を抱いて注目させていただいておりましたが、 残念ながら現時点では何方様からも投稿がございませんので、 我慢出来ず(><)地元民でもない私が投稿する御無礼をお許し下さいm(_"_)m 御質問の「坦」のうち、少なくとも「天正坦」に関しましては、 GoogleBooksの『郡山の歴史』『郡山市史 第2巻』などの書籍断片情報と、 下記URLの引用書籍 『天正の太閤検地・ ...
当初より興味を抱いて注目させていただいておりましたが、 残念ながら現時点では何方様からも投稿がございませんので、 我慢出来ず(><)地元民でもない私が投稿する御無礼をお許し下さいm(_"_)m 御質問の「坦」のうち、少なくとも「天正坦」に関しましては、 GoogleBooksの『郡山の歴史』『郡山市史 第2巻』などの書籍断片情報と、 下記URLの引用書籍 『天正の太閤検地・ ...

Twitter (9 users, 11 posts, 5 favorites)

@Molice その後、以下の資料も確認しましたが、同様でした。 吉田東伍『大日本地名辞書』より千葉神社の項(『君島系図』を引用) https://t.co/sut3Wuu8gp 太田亮『姓氏家系大辞典』より千葉氏の項(『君島系図』を引用) https://t.co/7Eit1n2W0v 後は江戸時代の略縁起か、明治以降の由緒書くらいですね。
第日本地名辞書の当該ページはこちら 国立国会図書館デジタルコレクション 吉田東伍 1907 『第日本地名辞書』下巻二版 https://t.co/mD63Cu0ykn
@Kino_see @goshuinchou 青森県にアシタカはいたのですね「易國澗イコクマ 今、風間浦村と改む……〇新撰國志云……昔、アシタカという夷此に住み、イコンクマ村と名づく、アシタカの子孫は奥戸に遺る。」 https://t.co/dVwhBKFVx1 https://t.co/Sl9wIvjIDk
吉田東伍氏の陸奥国の頁、興味深い「蠣崎松前家譜の趣は、昔、津軽に安日長髓彦の裔なりといひ傳へたる安日の氏人ありて、世々其地の十三湊に住て、其わたりを領き居て、蝦夷を併せ知りたりけるが、安倍盛季、安東太郎といふが時に……」 #東日流外三郡誌 https://t.co/QhVCPIAMt2
もののけ姫のアシタカのモデル? イコクマは大阪府・奈良県の生駒イコマと似てる。 「易國澗イコクマ 今、風間浦村と改む……〇新撰國志云……昔、アシタカという夷此に住み、イコンクマ村と名づく、アシタカの子孫は奥戸に遺る。」 #東日流外三郡誌 https://t.co/XXfyhYGkPy
アテルイと同時代。十三湊の爾散南は桓武帝から厚待遇を受けてたのか「爾散南 十三の古名なるべし,……延暦十一年……夷爾散南公阿破蘇、遠慕王化、情望入朝、 ……宣路次之國擇壮健軍士三百騎、迎接國界……隠賀、竝授爵一等、荒島外従五下、以懐荒也、」 #東日流外三郡誌 https://t.co/QhVCPIAMt2

Wikipedia (5 pages, 7 posts, 6 contributors)

編集者: 郊外生活
2019-09-17 07:12:41 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: 匿名001
2019-01-08 04:59:03 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: Froggieboy
2015-11-27 00:49:08 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト