言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (32 users, 60 posts, 34 favorites)

東日本大震災後の放射線と防護の基準をめぐる議論  ―福島第一原子力発電所の事故を受けて― 2012 https://t.co/CGUOHHCCX1
周辺監視区域の外側(公衆が立ち入る可能性のある場所)における実効線量の限度が、年間1mSvと定められている。 http://t.co/i3ztGMvWgz
これを規制体系の中で担保することが適当である。」としている。これを受けて、「核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律(昭和32年法律第166号)」に基づく複数の原子炉の設置、運転等に関する規則等によって、 http://t.co/i3ztGMvWgz
(意見具申)』を示し、これが現在の我が国の放射線安全規制の基礎となっている。この意見具申の中で、公衆被ばくに関する年実効線量限度を1mSvとする勧告に従い、「公衆の被ばくに関する限度は、実効線量については年1mSv、…(中略)…とし、 http://t.co/i3ztGMvWgz
2 放射線審議会 ⑴ 現在の規制体系の基礎 平成10年、放射線審議会は、ICRPによる1990年の勧告を国内の法体系に取り入れるために行った検討の結果に基づいて『ICRP1990年勧告(Pub.60)の国内制度等への取入れについて・・ http://t.co/i3ztGMvWgz
平時の公衆被曝線量限度1mSv/年は、法令による規定が「ある」。 下記資料でも、その点をしっかり述べている。 ・東日本大震災後の放射線と防護の基準をめぐる議論、2012年3月公開  http://t.co/i3ztGMvWgz https://t.co/UV3rb47OMo
周辺監視区域の外側(公衆が立ち入る可能性のある場所)における実効線量の限度が、年間1mSvと定められている。 http://t.co/i3ztGMvWgz
これを規制体系の中で担保することが適当である。」としている。これを受けて、「核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律(昭和32年法律第166号)」に基づく複数の原子炉の設置、運転等に関する規則等によって、 http://t.co/i3ztGMvWgz
(意見具申)』を示し、これが現在の我が国の放射線安全規制の基礎となっている。この意見具申の中で、公衆被ばくに関する年実効線量限度を1mSvとする勧告に従い、「公衆の被ばくに関する限度は、実効線量については年1mSv、…(中略)…とし、 http://t.co/i3ztGMvWgz
2 放射線審議会 ⑴ 現在の規制体系の基礎 平成10年、放射線審議会は、ICRPによる1990年の勧告を国内の法体系に取り入れるために行った検討の結果に基づいて『ICRP1990年勧告(Pub.60)の国内制度等への取入れについて・・ http://t.co/i3ztGMvWgz
平時の公衆被曝浅慮限度1mSv/年は、法令による規定が「ある」。 下記資料でも、その点をしっかり述べている。 ・東日本大震災後の放射線と防護の基準をめぐる議論、2012年3月公開  http://t.co/i3ztGMvWgz https://t.co/UV3rb47OMo
(資料として便利)国立国会図書館 調査資料 「東日本大震災後の放射線と防護の基準をめぐる議論 ―福島第一原子力発電所の事故を受けて― 2012年3月公開」PDF → http://t.co/jhlcRcqBtS
@kikumaco @h_okumura @buvery @birdtaka  この件は、(PDF)http://t.co/lVnhfoIaVl 保健物理の側からも評価があるんですが、ここでは「親が怒るのは無理はない」という言い方になっています。(泣いた人だけのせいではなく)
っていうか、これを受けての、1mSv/y以上は除染します!宣言だったと思うんだが。。。→基本部会は10月初旬までに、「現存被ばく状況」の考え方を取り入れ年間1~20mSvの範囲 で「参考レベル」を設けることを妥当とするhttp://t.co/SIVf5qU3
いつ設けるんだろうね。RT @newingnew: 夜中に読んで飽きた。 RT @iina_kobe: 基本部会は10月初旬までに、「現存被ばく状況」の考え方を取り入れ年間1~20mSvの範囲 で「参考レベル」を設けることを妥当 http://t.co/SIVf5qU3
参考レベルの概念について、「許容される範囲に幅があることや、逸脱する範囲があってもそれ を徐々に下げていけばよいという考え方」は「日本人にはしっくりこないと思う」との指摘が なされ(130) http://t.co/SIVf5qU3
基本部会は10月初旬までに、「現存被ばく状況」の考え方を取り入れ年間1~20mSvの範囲 で「参考レベル」を設けることを妥当とする報告案文(129)をまとめた。 http://t.co/SIVf5qU3
ICRPが、そもそも日本のために作られたものじゃないでしょ。世界基準じゃ?RT @newingnew: http://t.co/SIVf5qU3 これ飲食物の制限って、日本以外の基準でそ?(´・ω・`)それを政府が取り入れたってことでok? @iina_kobe
この値はICRPの緊急時被ばく状況 の参考レベルの範囲である20~100mSvから一番下の値の20mSvを採用したものであり →http://t.co/SIVf5qU3  ICRP関係ないとかいうやつは以降無視します。 @iina_kobe
これに対して「計画的避難区域」の設定は放射線量を基準として行われ、事故後1年以内の 積算線量が20mSvに達することが避難の基準とされた(94)。→ http://t.co/SIVf5qU3 もう、陰謀論は飽きました。 @iina_kobe
@newingnew 2つ目:東日本大震災後の放射線と防護の基準をめぐる議論( http://t.co/ZbA0VQ0U )← いろいろことが綺麗に整理されて入っています。分からなくことが合った時に戻って見ると良いと思います。まずは流し読みしてキーワードを頭の中に入れて下さい。
@takanori_hirai 平井さん、前にいってた現存被曝状況の話なんですが、資料です →東日本大震災後の放射線と防護の基準をめぐる議論 ―福島第一原子力発電所の事故を受けて― 井上(PDF) http://t.co/NAOD2VWP
Fukushima_Bot:(参考)「東日本大震災後の放射線と防護の基準をめぐる議論 ―福島第一原子力発電所の事故を受けて―」井上佐知子 http://t.co/jWU9QGOr #福島
(参考)「東日本大震災後の放射線と防護の基準をめぐる議論 ―福島第一原子力発電所の事故を受けて―」井上佐知子 http://t.co/WvSaKvqf
@Slight_Bright さっき流したこのドキュメントはとてもいい分析です。ぜひ東日本大震災後の放射線と防護の基準をめぐる議論(PDF)http://t.co/NAOD2VWP
@leaf_parsley @M_shirabe 井上先生の「東日本大震災後の放射線と防護の基準をめぐる議論―福島第一原子力発電所の事故を受けて―」 (PDF)http://t.co/NAOD2VWP の検証が実体に近いのではと感じています。
経済的及び社会的な要因を考慮した上で合理性を追求すれば、ある程度の放射線被ばくを受忍することになるため、結果的に一部の人が被ばくを強いられるとの懸念は少なくない。(国会図書館調査資料) http://t.co/ESlBTGcu
ICRP勧告は、特定の政府や特定の企業等に縛られないという意味での中立性が確保されているとされるが、その妥当性に関して懐疑的な見方もある(続 (国会図書館調査資料) http://t.co/ESlBTGcu

収集済み URL リスト

http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_3487580_po_20110408.pdf?contentNo=1 (32)

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3487580 (1)