NPAGW (@NPwrAGW)

投稿一覧(最新100件)

最初のほうでご紹介した鈴木眞一氏の論考については、一般でも読める新しいものとして下記がある。 ・検診発見での甲状腺癌の取り扱い 手術の適応/鈴木 眞一  https://t.co/89BBzd3RdS @vegdeighty… https://t.co/4Die2rgLTJ
RT @CordwainersCat: @shun148 6.高橋真二.潜在性甲状腺癌の臨床病理学的研究.日本内分 泌学会雑誌 45:65-79,1969 https://t.co/2XKk35gV7a すなわち、未成年に見つかる甲状腺癌と成人に見つかる甲状腺癌ではその性質…
RT @NPwrAGW: @nagaya2013 @NATROM @SciCom_hayashi @ahare_asayaka @sivad 「癌死する危険のほとんどない低危険度癌に対しては,できるだけ後遺症の少ない手術を行い患者の負担となる補助療法は行わないのも正当な考え方で…
@nagaya2013 @NATROM @SciCom_hayashi @ahare_asayaka @sivad 「癌死する危険のほとんどない低危険度癌に対しては,できるだけ後遺症の少ない手術を行い患者の負担となる補助療法は行わ… https://t.co/SB57d7HorA
RT @NPwrAGW: @nagaya2013 @NATROM NATROM氏には無理な背伸び? ・超音波検査による甲状腺癌検診の成績について(日本人間ドック学会誌、1997年)  https://t.co/u4rFxnRYbC 「審判者ヅラで傍観してないで医師であるあな…
@nagaya2013 @NATROM NATROM氏には無理な背伸び? ・超音波検査による甲状腺癌検診の成績について(日本人間ドック学会誌、1997年)  https://t.co/u4rFxnRYbC 「審判者ヅラで傍観し… https://t.co/VXCKHSO0FR
RT @NPwrAGW: @SciCom_hayashi @sivad @nagaya2013 @ahare_asayaka 「過去に被ばく歴がある場合に,一律な超音波画像診断検査の必要性は,  どちらとも言えない」 ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下…
@SciCom_hayashi @sivad @nagaya2013 @ahare_asayaka 「過去に被ばく歴がある場合に,一律な超音波画像診断検査の必要性は,  どちらとも言えない」 ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイ… https://t.co/6TIoOpQW66
やや新しめの資料として、下記などをご参考にどうぞ。 遺伝子異常のタイプと年齢との関係性や放射線感受性についても言及され、そこそこ分かり易い模式図も示されている。 ・甲状腺がんと放射線障害… https://t.co/07aQW7b86G
つまりは被曝によってBRAF「以外」の割合が上がることが示唆されるということかと思われる。 「甲状腺癌における遺伝子の役割と分子標的治療」(山下俊一)  https://t.co/zRzCtQfIri https://t.co/W6J5IIMv7s
腫瘍径15mm以上でも構わないのではないかと考えられ,今後さらに検討を加えていきたい。」 ●超音波検査による甲状腺癌検診の成績について(日本人間 ドック学会誌、1997年)  https://t.co/u4rFxnRYbC https://t.co/5GhTC3taXi
<アンケート実施中> 【受診は任意】  https://t.co/PmDbuosdVP 【過剰診断】  https://t.co/Zv9AaV6UI8 ■福島県における原発事故後の放射線影響と福島県民健康調査に対する意識調査… https://t.co/bYgAnEQhRF
・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一   https://t.co/s3Wl7gf7uS →「あるサイズ以上のものを検診で見つける」事が即、「有効な検診」であるとはなりません。  余剰発見を防ぐ→検診… https://t.co/cdvcFrlKGU
「わが国おける甲状腺超音波診断は,諸外国に比して10年以上早期より発展進化してきたものと言えよう。」 ・甲状腺腫瘍の超音波診断と穿刺吸引細胞診の適応基準  福成信博(昭和大学横浜市北部病院外科)  https://t.co/WvfTPAng4b
(ご参考) ■福島県における原発事故後の放射線影響と福島県民健康調査に対する意識調査  https://t.co/bAUozxuNf7 ・「受診は任意」、「過剰診断(潜在癌)の可能性」への認知度… https://t.co/RF32SKwSAA
■福島県における原発事故後の放射線影響と福島県民健康調査に対する意識調査  https://t.co/bAUozxuNf7 https://t.co/59hXGZPDtQ

3 0 0 0 OA 地震被害情報

@craft_box ・平成23年(2011年)4月18日、原子力安全・保安院  https://t.co/6MyEygfl2t 僕自身も「だからそれがメルトダウンだわな」的な事を官僚か東電社員かにぶら下がりでぶつけた https://t.co/7bBjr4e5ZH
「過去に被ばく歴がある場合に,一律な超音波画像診断検査の必要性は,どちらとも言えない」、小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下俊一 https://t.co/58cLfRx28u / “だから、検診の有効性が高…” https://t.co/ZWG2pD6lm4
@higuma_saikyou @gen305 「過去に被ばく歴がある場合に,一律な超音波画像診断検査の必要性は,  どちらとも言えない」 ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一… https://t.co/9qdkvHEIpR
@yoshi_exe @NATROM 「過去に被ばく歴がある場合に,一律な超音波画像診断検査の必要性は,  どちらとも言えない」 ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一… https://t.co/sPaMwkUvGT
「過去に被ばく歴がある場合に,一律な超音波画像診断検査の必要性は,  どちらとも言えない」 ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一  https://t.co/58cLfRx28u… https://t.co/tPN4lfHcOU
@Lxung (ご参考) 「過去に被ばく歴がある場合に,一律な超音波画像診断検査の必要性は,  どちらとも言えない」 ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一… https://t.co/smjprVmaj4
・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一  https://t.co/58cLfRx28u … https://t.co/J332Ugkcuy @skull_ride @iPatrioticmom @SciCom_hayashi @kikumaco
・福島県における原発事故後の放射線影響と福島県民健康調査に対する意識 調査 https://t.co/bAUozxdbQx
・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一  https://t.co/58cLfRx28u 術前高リスクグループへのアプローチとして,下記の注意点が喚起されている。 (1)家族性・遺伝性甲状腺がんの家族歴… https://t.co/veg7kdKvx6

33 0 0 0 OA シンポジウム

@onkapi @iPatrioticmom @SciCom_hayashi @ahare_asayaka 下記も読まれると良い。→@onkapi ・検診発見での甲状腺癌の取り扱い 手術の適応(SY3-1)  鈴木眞一/福島県立… https://t.co/k07Myj7x58

33 0 0 0 OA シンポジウム

@kinokeng @SciCom_hayashi 下記のご参照もどうぞ。 ・検診発見での甲状腺癌の取り扱い 手術の適応(SY3-1)  鈴木眞一/福島県立医科大学 甲状腺内分泌学講座… https://t.co/Jo6SoX4yUI
@uffn0 「相当因果関係とは、原因が複数存在する場合に、「業務が相対的に有力な原因である」ときに業務起因性があるとする考え方/この相当因果関係の考え方は、最高裁判所の判例で示されており、既に社会的に定着」 ・電離放射線障害の労… https://t.co/9kxVwLCmC2
@parasite2006 @SciCom_hayashi @Bibleblack3 (ご参考) ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一  https://t.co/58cLfRx28u
@KazuhiroSoda @takuramix 「相当因果関係とは、原因が複数存在する場合に、「業務が相対的に有力な原因である」ときに業務起因性があるとする考え方/この相当因果関係の考え方は、最高裁判所の判例で示されており、既に… https://t.co/rB79BDfejb
(ご参考) 「相当因果関係とは、原因が複数存在する場合に、「業務が相対的に有力な原因である」ときに業務起因性があるとする考え方/この相当因果関係の考え方は、最高裁判所の判例で示されており、既に社会的に定着」 ・電離放射線障害の労災… https://t.co/Trr42I5vvz
・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一  https://t.co/58cLfRx28u
@shun148 @chanchan_papa ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一  https://t.co/58cLfRx28u https://t.co/OhZ2ALBjKz

33 0 0 0 OA シンポジウム

@SciCom_hayashi ・検診発見での甲状腺癌の取り扱い 手術の適応(SY3-1)  鈴木眞一/福島県立医科大学 甲状腺内分泌学講座 https://t.co/AAcSxvlPx7 (テキスト)… https://t.co/nLiMSNaEHV

33 0 0 0 OA シンポジウム

・検診発見での甲状腺癌の取り扱い 手術の適応(SY3-1)  鈴木眞一/福島県立医科大学 甲状腺内分泌学講座 https://t.co/AAcSxvlPx7
@eleky_a @tsuharayasumi (ご参考) ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一 https://t.co/58cLfRx28u … (3)小児がん患者で放射線治療を受けている場合 (4… https://t.co/GI9C6fYHob
・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下俊一  https://t.co/A7cpl8r5v3
だから、資料をちゃんと読むこと。細胞診で「被曝歴」などを確かめられるのか? →@NATROM ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下俊一 https://t.co/58cLfRx28u / “資料をちゃんと読…” https://t.co/hLnsRoo60Z
@SciCom_hayashi @ahare_asayaka @NATROM ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下俊一  https://t.co/58cLfRx28u
資料をちゃんと読んでは? かなり恥ずかしいことを言っているが。→@NATROM ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下俊一 https://t.co/58cLfRx28u / “「甲状腺がんのスクリーニングに…” https://t.co/CWnJORM3FS
(ご参考)「術前高リスクグループへのアプローチとして,下記の注意点が喚起されている。」 ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて、https://t.co/58cLfRx28u / “NPwrAGWさんのツイート: …” https://t.co/MI4XXiTaDF
@Anti_Jigokudama ・解説:新たな水晶体等価線量限度に関する放射線防護の課題  https://t.co/hYrl2Phx5z
@NATROM @SciCom_hayashi @ahare_asayaka @nagaya2013 ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一 https://t.co/58cLfRx28u (3)小児がん… https://t.co/ugUcZPk0JD
@SciCom_hayashi @NATROM @ahare_asayaka @sivad @reemayufu @nagaya2013 過剰「治療」は過剰診断に包含。 ・キーワード(Web)/索引用語(pdf):乳癌検診, 過… https://t.co/JWKirlyot8
@SciCom_hayashi @NATROM @ahare_asayaka @sivad @reemayufu @nagaya2013 過剰「治療」は過剰診断に包含。 ・キーワード(Web)/索引用語(pdf):乳癌検診, 過… https://t.co/JWKirlyot8
@SciCom_hayashi @NATROM @ahare_asayaka @sivad @reemayufu @shun148 @nagaya2013 (ご参考)過剰診断を「避ける」「回避」 ・乳癌検診の過剰診断について―避け… https://t.co/LMQFO0qcgi
RT @NPwrAGW: @NATROM @nagaya2013 @SciCom_hayashi (ご参考)過剰診断を「避ける」「回避」 ・乳癌検診の過剰診断について―避けるための対応策―  https://t.co/P8yAOqGnlw なとろむ氏の国語力だと、こうした表現…
@NATROM @SciCom_hayashi @Tom2305_ @nagaya2013 @ahare_asayaka @shun148 @sivad 「日本からの情報発信がアメリカのガイドラインを大きく変えた快挙と言ってよい。… https://t.co/ehJJJwAt2G
@NATROM @SciCom_hayashi @nagaya2013 @ahare_asayaka @sivad @shun148 ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一… https://t.co/u8UEuJujBp
@ronja_yty @SciCom_hayashi ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一 https://t.co/58cLfRx28u (3)小児がん患者で放射線治療を受けている場合 (4)放射性ヨ… https://t.co/ZW6Hid6iM5
・9.19シンポジウムを踏まえて、春日 文子  https://t.co/udrnxE4cR5
・原発事故後における福島県相馬地区住民の健康について ―相馬・南相馬市の健診結果から、坪倉 正治  https://t.co/vdpqRCEioK
・原発事故の精神的影響と放射線の健康影響 ―「過剰な放射線健康不安」を強調する見方の偏り、島薗 進  https://t.co/jeSDP3u48y
・福島県でのリスクコミュニケーションと健康対策の欠如 ─医学的根拠に基づいた放射線の人体影響とは、津田 敏秀  https://t.co/bUS47V3cmX
@kikumaco ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一 https://t.co/58cLfRx28u (3)小児がん患者で放射線治療を受けている場合 (4)放射性ヨウ素の内部被ばくの可能性がある乳幼… https://t.co/wBd0manW4F
@kikumaco ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一 https://t.co/58cLfRx28u (3)小児がん患者で放射線治療を受けている場合 (4)放射性ヨウ素の内部被ばくの可能性がある乳幼… https://t.co/tQ1baMfsc7
@NATROM ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一 https://t.co/58cLfRx28u (3)小児がん患者で放射線治療を受けている場合 (4)放射性ヨウ素の内部被ばくの可能性がある乳幼児~… https://t.co/zKI2s625G1
@kikumaco ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一 https://t.co/58cLfRx28u (3)小児がん患者で放射線治療を受けている場合 (4)放射性ヨウ素の内部被ばくの可能性がある乳幼… https://t.co/k41HHX4Bbt
@nagaya2013 @ahare_asayaka @kusosyounikai @NATROM がん検診歴→Pap smear history ・子宮頸癌および cervical intraepithelial neopla… https://t.co/5i8Jpz1giz
@ahare_asayaka @saintarrow @kazooooya 「悪性ないし悪性疑い」で1分類なのではなく、「悪性」ないし「悪性疑い」の2分類(の一括り)。 「細胞診で30%以上の症例は,良性・悪性の結論が出ない「検… https://t.co/8boiQSkdRk
@SciCom_hayashi @ahare_asayaka @NATROM @cyborg0012 @sivad @nagaya2013 @shun148 ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一… https://t.co/gAvRWPDbLT
@saintarrow @kazooooya 「悪性及び悪性疑い症例」 ・原子力災害後の健康状況と取り組み~甲状腺検査~(第20回日本内分泌病理学会学術総会、p.32) https://t.co/IkqfhgU7iU
@saintarrow @kazooooya ※悪性「および」悪性疑い 「当院では液状処理細胞診を採用しているが、悪性および悪性疑いが194例(76.7%)、・・・」 ・P―294 当科における甲状腺癌手術症例の検討  https://t.co/Tfhr1hwBCP
・ATA2015小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて  https://t.co/58cLfRx28u
・甲状腺腫瘍の超音波診断と穿刺吸引細胞診の適応基準  https://t.co/Ev8b313lWN
・甲状腺微小乳頭癌の取り扱い(経過観察を中心に)  https://t.co/VrI9yA0rFP https://t.co/sDz9r7tZXT
・微小乳頭癌経過観察例における超音波所見の特徴と解析―経過観察中に増大しやすい症例とそうでない症例  https://t.co/HCbEXtC6Oh https://t.co/xePaFDbiS8
@SciCom_hayashi @NATROM @kawalle @makoamd @nagaya2013 @sivad @cyborg0012 ・乳癌検診の過剰診断について―避けるための対応策―… https://t.co/6vAQNj9dTL
@kayukawajunji @NATROM (ご参考)過剰診断を「避ける」「回避」 ・乳癌検診の過剰診断について―避けるための対応策―  https://t.co/P8yAOqGnlw なとろむ氏の国語力だと、こうした表現ぶり… https://t.co/QNeTsDOPHH
RT @SciCom_hayashi: (3)小児がん患者で放射線治療を受けている場合 (4)放射性ヨウ素の内部被ばくの可能性がある乳幼児〜小児の場合 診断法としては,年一度の診療を推薦し,理学的所見が明らかな場合に追加画像診断を推奨… https://t.co/RMMMjZ…
RT @SciCom_hayashi: (3)小児がん患者で放射線治療を受けている場合 (4)放射性ヨウ素の内部被ばくの可能性がある乳幼児〜小児の場合 診断法としては,年一度の診療を推薦し,理学的所見が明らかな場合に追加画像診断を推奨… https://t.co/RMMMjZ…
RT @SciCom_hayashi: @engeikana (3)小児がん患者で放射線治療を受けている場合 (4)放射性ヨウ素の内部被ばくの可能性がある乳幼児〜小児の場合 診断法としては,年一度の診療を推薦し,理学的所見が明らかな場合に追加画像診断を推奨… https://…
@NATROM @nagaya2013 @SciCom_hayashi (ご参考)過剰診断を「避ける」「回避」 ・乳癌検診の過剰診断について―避けるための対応策―  https://t.co/P8yAOqGnlw なとろむ氏の国… https://t.co/xjpZKuPxEh
・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一  https://t.co/58cLfRx28u @kikumaco @takeshi_kine @hamagikukai
・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一  https://t.co/58cLfRx28u https://t.co/cYbvLd5fS7 @sivad @nagaya2013 @NATROM
RT @SciCom_hayashi: 2007年勧告に向けた議論で,功利主義・年1mSvでは済まない現実が具体的に想定。 林:放射線被曝情報の誤解と混乱は、なぜ生じたか? https://t.co/k644BAwo8D @NPwrAGW @TAKASHIMA724 @Cord…
RT @SciCom_hayashi: チェルノブイリ事故前から議論していた90年勧告は,事故の現実を横でみながら公表にいたったため,過酷事故の際にどうするのかの議論は,2000年ごろから始まったわけですが(https://t.co/k644BAwo8D),年1mSvは公衆被曝…
RT @miakiza20100906: あるいは、本職の専門家の論文がよろしければ、例えば無料のこれ https://t.co/ZOAQo7GB3m などいかがでしょうか。これら全ての資料に Bq/h もしくは Bq/時 という単位が出てきます。 @konamih
RT @parasite2006: https://t.co/Yxvx53EknN 論文はここに出ていました(有料)https://t.co/iPCInXAul9 やっぱり純系の実験動物を使うと閾値が見える(知る限りではこの日本語論文https://t.co/MoVvvkdNB…
RT @ahare_asayaka: 参考 https://t.co/dWXbLcJ9G9  あらゆる自然放射線を対象とするというのは間違い。具体的にはラドンが挙げられ移住によるコントロールなどが想定されている。 @2ewsHQJgnvkGNPr @NPwrAGW @motok…
・自然放射能による人体線量(1965年、田島英三氏)  https://t.co/yyI02V5HEN @motoken_tw @pandasukidesu @naitoasao
RT @reemayufu: https://t.co/JJBPN1g5Vx #メモree 小児甲状腺結節、分化がんの治療ガイドラインについて https://t.co/NJOvYGqmsJ
RT @PriamalFear: [メモ] 小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて 山下 俊一 https://t.co/z9qzBnVF9y https://t.co/d0dFQTqdBm
特に,家族性・遺伝性甲状腺がんが疑われる場合には,甲状腺専門病院への紹介と適切な評価,フォローアップとともに,遺伝カウンセリングをベースとした治療指針を立てることが重要である。 https://t.co/x72O7232X9
・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一  https://t.co/58cLfRx28u
それは様々な研究の「一つ」になってしまうので、それ一つでは、LNT仮説に対抗できない。→@wotya2015 あ、じゃぁこれどうぞ→ https://t.co/FVvHhVTjIL @saintarrow
RT @wotya2015: @conAGW_proNuc @saintarrow あ、じゃぁこれどうぞ→ https://t.co/J5W3CumvEd
・新規制基準と原子力発電所の再稼働―川内原発再稼働をめぐる論点を中心に―、国立国会図書館(2015. 1. 8.)  https://t.co/ykvujcEDzB 活断層 真下 直上

3 0 0 0 OA 地震被害情報

朝日の記事にも、その元である保安院の資料にも、「炉心溶融」との言葉は出てこない。 https://t.co/6MyEygfl2t →菊池誠氏(原子力・放射線防護の素人)/@kikumaco炉心溶融が判定できたと言わなくてはならない。 https://t.co/QjoHQNd47r

3 0 0 0 OA 地震被害情報

「炉心損傷」「燃料ペレットの溶融」「メルトダウン」 ・福島第一原子力発電所1号炉、2号炉、3号炉の炉内状況について  平成23年4月18日 原子力安全・保安院  https://t.co/6MyEygfl2t
RT: @kanna07409 ・クラーク論文に対する私見 草間朋子、https://t.co/ZYzxuTYvNs @yoka72 @SciCom_hayashi
・クラーク論文に対する私見 草間朋子  https://t.co/ZYzxuTYvNs RT: @kanna07409
周辺監視区域の外側(公衆が立ち入る可能性のある場所)における実効線量の限度が、年間1mSvと定められている。 http://t.co/i3ztGMvWgz
これを規制体系の中で担保することが適当である。」としている。これを受けて、「核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律(昭和32年法律第166号)」に基づく複数の原子炉の設置、運転等に関する規則等によって、 http://t.co/i3ztGMvWgz
(意見具申)』を示し、これが現在の我が国の放射線安全規制の基礎となっている。この意見具申の中で、公衆被ばくに関する年実効線量限度を1mSvとする勧告に従い、「公衆の被ばくに関する限度は、実効線量については年1mSv、…(中略)…とし、 http://t.co/i3ztGMvWgz
2 放射線審議会 ⑴ 現在の規制体系の基礎 平成10年、放射線審議会は、ICRPによる1990年の勧告を国内の法体系に取り入れるために行った検討の結果に基づいて『ICRP1990年勧告(Pub.60)の国内制度等への取入れについて・・ http://t.co/i3ztGMvWgz
周辺監視区域の外側(公衆が立ち入る可能性のある場所)における実効線量の限度が、年間1mSvと定められている。 http://t.co/i3ztGMvWgz
これを規制体系の中で担保することが適当である。」としている。これを受けて、「核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律(昭和32年法律第166号)」に基づく複数の原子炉の設置、運転等に関する規則等によって、 http://t.co/i3ztGMvWgz
(意見具申)』を示し、これが現在の我が国の放射線安全規制の基礎となっている。この意見具申の中で、公衆被ばくに関する年実効線量限度を1mSvとする勧告に従い、「公衆の被ばくに関する限度は、実効線量については年1mSv、…(中略)…とし、 http://t.co/i3ztGMvWgz
2 放射線審議会 ⑴ 現在の規制体系の基礎 平成10年、放射線審議会は、ICRPによる1990年の勧告を国内の法体系に取り入れるために行った検討の結果に基づいて『ICRP1990年勧告(Pub.60)の国内制度等への取入れについて・・ http://t.co/i3ztGMvWgz

お気に入り一覧(最新100件)

やや新しめの資料として、下記などをご参考にどうぞ。 遺伝子異常のタイプと年齢との関係性や放射線感受性についても言及され、そこそこ分かり易い模式図も示されている。 ・甲状腺がんと放射線障害… https://t.co/07aQW7b86G
こんな研究ありました:大気大循環モデルを利用した長期気候予測に関する研究(住 明正) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/05F05063

フォロー(408ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @Kelangdbn: 「会社」の起源 オランダ東インド会社(1602年設立)は、1出資者全員の有限責任制,2取締役会の設置,3資本の証券化,4永続企業 という今日の会社の特徴を有していた。一方英国東インド会社(1600年設立)は1航海ごとの資金を集め元本と利益を分配する…
比較的新しい科学分野でまだ日本語の学術誌があると今知った。オススメ “@hkakeya: 国会会議録に基づく短命議員・短命大臣の特徴分析 知能と情報 vol.31 No.2 pp.617-625… https://t.co/PlguCBeuoc
RT @SciCom_hayashi: 「メディアの編集者が放射能汚染食品や人々の健康被害に関する情報を制限する背景として,社会的不安などが生じることへの配慮もあると思われるが,正しい情報が伝えられないことにより,福島での原発事故の忘却が早められ…原発について考えようとする流れ…
「メディアの編集者が放射能汚染食品や人々の健康被害に関する情報を制限する背景として,社会的不安などが生じることへの配慮もあると思われるが,正しい情報が伝えられないことにより,福島での原発事故の忘却が早められ…原発について考えようと… https://t.co/uTr8cGck3N
RT @BB45_Colorado: "CiNii 論文 -  原子力ムラの秩序はいかにして可能か" https://t.co/6RUFZ3tMZm ←このオッサン、福島核災害前からこういうことしていたのか。
核爆発による魚類の汚染https://t.co/6jqcpEzDvU https://t.co/kpQuu0xc3H
RT @mansaqu: #線維筋痛症 に伴う難治性の #慢性疼痛 に #温経湯加延胡索 が有効であった た一例 北里大学東洋医学総合研究所 https://t.co/InyIa951TF 川鍋 伊晃先生 石毛 達也先生 花輸 壽彦先生 引用元 https://t.co/z1…
RT @Shusaku_SASAKI: 上野千鶴子さんの祝辞を読んで思い出したのは、下の論文と一連の先行研究: https://t.co/sTsyfTWR7l https://t.co/iJTxRtBBSq
RT @Shusaku_SASAKI: 上野千鶴子さんの祝辞を読んで思い出したのは、下の論文と一連の先行研究: https://t.co/sTsyfTWR7l https://t.co/iJTxRtBBSq
RT @BB45_Colorado: なお、飯田氏の原子力ムラは、こちらで公開しているのだが、要は簡単にネットで見つかるものをもとに年会発表しているに過ぎない。 https://t.co/kVuGLUdR2A https://t.co/AMGnb9oI27 こんなの原典引用に…
RT @msmsaito: 加害者更生プログラムの内容などについては、こちらの論文が参考になるかもしれません。これはDVからの「更生」についてですが、「更生させること」がなかなか困難だということだけは伝わってきます。https://t.co/w7qn96f62k
RT @ekesete1: @tezmiya 同化政策の実例> 「基督教信者を強制的に神社の前に額ずかせて,その態度を後方から刑事等数人が厳しい監視をする」https://t.co/Yebi0CcNs1
ブラックホールがスパースモデリングによって見えるようになった原理が書かれている。非常にわかりやすい。(池田思朗, 本間希樹, 植村誠、スパースモデリングと天文学、応用数理、25、15-19、2015) https://t.co/atcY7QxRSc
RT @FanTaiyo: 政治的な立場はいろいろあれど、経緯の基礎知識として 全国新幹線鉄道網の形成過程(PDF) https://t.co/njahwCypeY は読んでおいた方がいいです
RT @BB45_Colorado: "CiNii 論文 -  原子力ムラの秩序はいかにして可能か" https://t.co/6RUFZ3tMZm ←このオッサン、福島核災害前からこういうことしていたのか。

フォロワー(407ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)