NPwrAGW (@NPwrAGW)

投稿一覧(最新100件)

・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一  https://t.co/58cLfRx28u 術前高リスクグループへのアプローチとして,下記の注意点が喚起されている。 (1)家族性・遺伝性甲状腺がんの家族歴… https://t.co/veg7kdKvx6

32 25 0 0 OA シンポジウム

@onkapi @iPatrioticmom @SciCom_hayashi @ahare_asayaka 下記も読まれると良い。→@onkapi ・検診発見での甲状腺癌の取り扱い 手術の適応(SY3-1)  鈴木眞一/福島県立… https://t.co/k07Myj7x58

32 25 0 0 OA シンポジウム

@kinokeng @SciCom_hayashi 下記のご参照もどうぞ。 ・検診発見での甲状腺癌の取り扱い 手術の適応(SY3-1)  鈴木眞一/福島県立医科大学 甲状腺内分泌学講座… https://t.co/Jo6SoX4yUI
@uffn0 「相当因果関係とは、原因が複数存在する場合に、「業務が相対的に有力な原因である」ときに業務起因性があるとする考え方/この相当因果関係の考え方は、最高裁判所の判例で示されており、既に社会的に定着」 ・電離放射線障害の労… https://t.co/9kxVwLCmC2
@parasite2006 @SciCom_hayashi @Bibleblack3 (ご参考) ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一  https://t.co/58cLfRx28u
@KazuhiroSoda @takuramix 「相当因果関係とは、原因が複数存在する場合に、「業務が相対的に有力な原因である」ときに業務起因性があるとする考え方/この相当因果関係の考え方は、最高裁判所の判例で示されており、既に… https://t.co/rB79BDfejb
(ご参考) 「相当因果関係とは、原因が複数存在する場合に、「業務が相対的に有力な原因である」ときに業務起因性があるとする考え方/この相当因果関係の考え方は、最高裁判所の判例で示されており、既に社会的に定着」 ・電離放射線障害の労災… https://t.co/Trr42I5vvz
・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一  https://t.co/58cLfRx28u
@shun148 @chanchan_papa ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一  https://t.co/58cLfRx28u https://t.co/OhZ2ALBjKz

32 25 0 0 OA シンポジウム

@SciCom_hayashi ・検診発見での甲状腺癌の取り扱い 手術の適応(SY3-1)  鈴木眞一/福島県立医科大学 甲状腺内分泌学講座 https://t.co/AAcSxvlPx7 (テキスト)… https://t.co/nLiMSNaEHV

32 25 0 0 OA シンポジウム

・検診発見での甲状腺癌の取り扱い 手術の適応(SY3-1)  鈴木眞一/福島県立医科大学 甲状腺内分泌学講座 https://t.co/AAcSxvlPx7
@eleky_a @tsuharayasumi (ご参考) ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一 https://t.co/58cLfRx28u … (3)小児がん患者で放射線治療を受けている場合 (4… https://t.co/GI9C6fYHob
・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下俊一  https://t.co/A7cpl8r5v3
だから、資料をちゃんと読むこと。細胞診で「被曝歴」などを確かめられるのか? →@NATROM ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下俊一 https://t.co/58cLfRx28u / “資料をちゃんと読…” https://t.co/hLnsRoo60Z
@SciCom_hayashi @ahare_asayaka @NATROM ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下俊一  https://t.co/58cLfRx28u
資料をちゃんと読んでは? かなり恥ずかしいことを言っているが。→@NATROM ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下俊一 https://t.co/58cLfRx28u / “「甲状腺がんのスクリーニングに…” https://t.co/CWnJORM3FS
(ご参考)「術前高リスクグループへのアプローチとして,下記の注意点が喚起されている。」 ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて、https://t.co/58cLfRx28u / “NPwrAGWさんのツイート: …” https://t.co/MI4XXiTaDF
@Anti_Jigokudama ・解説:新たな水晶体等価線量限度に関する放射線防護の課題  https://t.co/hYrl2Phx5z
@NATROM @SciCom_hayashi @ahare_asayaka @nagaya2013 ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一 https://t.co/58cLfRx28u (3)小児がん… https://t.co/ugUcZPk0JD
@SciCom_hayashi @NATROM @ahare_asayaka @sivad @reemayufu @nagaya2013 過剰「治療」は過剰診断に包含。 ・キーワード(Web)/索引用語(pdf):乳癌検診, 過… https://t.co/JWKirlyot8
@SciCom_hayashi @NATROM @ahare_asayaka @sivad @reemayufu @nagaya2013 過剰「治療」は過剰診断に包含。 ・キーワード(Web)/索引用語(pdf):乳癌検診, 過… https://t.co/JWKirlyot8
@SciCom_hayashi @NATROM @ahare_asayaka @sivad @reemayufu @shun148 @nagaya2013 (ご参考)過剰診断を「避ける」「回避」 ・乳癌検診の過剰診断について―避け… https://t.co/LMQFO0qcgi
RT @NPwrAGW: @NATROM @nagaya2013 @SciCom_hayashi (ご参考)過剰診断を「避ける」「回避」 ・乳癌検診の過剰診断について―避けるための対応策―  https://t.co/P8yAOqGnlw なとろむ氏の国語力だと、こうした表現…
@NATROM @SciCom_hayashi @Tom2305_ @nagaya2013 @ahare_asayaka @shun148 @sivad 「日本からの情報発信がアメリカのガイドラインを大きく変えた快挙と言ってよい。… https://t.co/ehJJJwAt2G
@NATROM @SciCom_hayashi @nagaya2013 @ahare_asayaka @sivad @shun148 ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一… https://t.co/u8UEuJujBp
@ronja_yty @SciCom_hayashi ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一 https://t.co/58cLfRx28u (3)小児がん患者で放射線治療を受けている場合 (4)放射性ヨ… https://t.co/ZW6Hid6iM5
・9.19シンポジウムを踏まえて、春日 文子  https://t.co/udrnxE4cR5
・原発事故後における福島県相馬地区住民の健康について ―相馬・南相馬市の健診結果から、坪倉 正治  https://t.co/vdpqRCEioK
・原発事故の精神的影響と放射線の健康影響 ―「過剰な放射線健康不安」を強調する見方の偏り、島薗 進  https://t.co/jeSDP3u48y
・福島県でのリスクコミュニケーションと健康対策の欠如 ─医学的根拠に基づいた放射線の人体影響とは、津田 敏秀  https://t.co/bUS47V3cmX
@kikumaco ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一 https://t.co/58cLfRx28u (3)小児がん患者で放射線治療を受けている場合 (4)放射性ヨウ素の内部被ばくの可能性がある乳幼… https://t.co/wBd0manW4F
@kikumaco ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一 https://t.co/58cLfRx28u (3)小児がん患者で放射線治療を受けている場合 (4)放射性ヨウ素の内部被ばくの可能性がある乳幼… https://t.co/tQ1baMfsc7
@NATROM ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一 https://t.co/58cLfRx28u (3)小児がん患者で放射線治療を受けている場合 (4)放射性ヨウ素の内部被ばくの可能性がある乳幼児~… https://t.co/zKI2s625G1
@kikumaco ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一 https://t.co/58cLfRx28u (3)小児がん患者で放射線治療を受けている場合 (4)放射性ヨウ素の内部被ばくの可能性がある乳幼… https://t.co/k41HHX4Bbt
@nagaya2013 @ahare_asayaka @kusosyounikai @NATROM がん検診歴→Pap smear history ・子宮頸癌および cervical intraepithelial neopla… https://t.co/5i8Jpz1giz
@ahare_asayaka @saintarrow @kazooooya 「悪性ないし悪性疑い」で1分類なのではなく、「悪性」ないし「悪性疑い」の2分類(の一括り)。 「細胞診で30%以上の症例は,良性・悪性の結論が出ない「検… https://t.co/8boiQSkdRk
@SciCom_hayashi @ahare_asayaka @NATROM @cyborg0012 @sivad @nagaya2013 @shun148 ・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一… https://t.co/gAvRWPDbLT
@saintarrow @kazooooya 「悪性及び悪性疑い症例」 ・原子力災害後の健康状況と取り組み~甲状腺検査~(第20回日本内分泌病理学会学術総会、p.32) https://t.co/IkqfhgU7iU
@saintarrow @kazooooya ※悪性「および」悪性疑い 「当院では液状処理細胞診を採用しているが、悪性および悪性疑いが194例(76.7%)、・・・」 ・P―294 当科における甲状腺癌手術症例の検討  https://t.co/Tfhr1hwBCP
・ATA2015小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて  https://t.co/58cLfRx28u
・甲状腺腫瘍の超音波診断と穿刺吸引細胞診の適応基準  https://t.co/Ev8b313lWN
・甲状腺微小乳頭癌の取り扱い(経過観察を中心に)  https://t.co/VrI9yA0rFP https://t.co/sDz9r7tZXT
・微小乳頭癌経過観察例における超音波所見の特徴と解析―経過観察中に増大しやすい症例とそうでない症例  https://t.co/HCbEXtC6Oh https://t.co/xePaFDbiS8
@SciCom_hayashi @NATROM @kawalle @makoamd @nagaya2013 @sivad @cyborg0012 ・乳癌検診の過剰診断について―避けるための対応策―… https://t.co/6vAQNj9dTL
@kayukawajunji @NATROM (ご参考)過剰診断を「避ける」「回避」 ・乳癌検診の過剰診断について―避けるための対応策―  https://t.co/P8yAOqGnlw なとろむ氏の国語力だと、こうした表現ぶり… https://t.co/QNeTsDOPHH
RT @SciCom_hayashi: (3)小児がん患者で放射線治療を受けている場合 (4)放射性ヨウ素の内部被ばくの可能性がある乳幼児〜小児の場合 診断法としては,年一度の診療を推薦し,理学的所見が明らかな場合に追加画像診断を推奨… https://t.co/RMMMjZ…
RT @SciCom_hayashi: (3)小児がん患者で放射線治療を受けている場合 (4)放射性ヨウ素の内部被ばくの可能性がある乳幼児〜小児の場合 診断法としては,年一度の診療を推薦し,理学的所見が明らかな場合に追加画像診断を推奨… https://t.co/RMMMjZ…
RT @SciCom_hayashi: @engeikana (3)小児がん患者で放射線治療を受けている場合 (4)放射性ヨウ素の内部被ばくの可能性がある乳幼児〜小児の場合 診断法としては,年一度の診療を推薦し,理学的所見が明らかな場合に追加画像診断を推奨… https://…
@NATROM @nagaya2013 @SciCom_hayashi (ご参考)過剰診断を「避ける」「回避」 ・乳癌検診の過剰診断について―避けるための対応策―  https://t.co/P8yAOqGnlw なとろむ氏の国… https://t.co/xjpZKuPxEh
・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一  https://t.co/58cLfRx28u @kikumaco @takeshi_kine @hamagikukai
・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一  https://t.co/58cLfRx28u https://t.co/cYbvLd5fS7 @sivad @nagaya2013 @NATROM
RT @SciCom_hayashi: 2007年勧告に向けた議論で,功利主義・年1mSvでは済まない現実が具体的に想定。 林:放射線被曝情報の誤解と混乱は、なぜ生じたか? https://t.co/k644BAwo8D @NPwrAGW @TAKASHIMA724 @Cord…
RT @SciCom_hayashi: チェルノブイリ事故前から議論していた90年勧告は,事故の現実を横でみながら公表にいたったため,過酷事故の際にどうするのかの議論は,2000年ごろから始まったわけですが(https://t.co/k644BAwo8D),年1mSvは公衆被曝…
RT @miakiza20100906: あるいは、本職の専門家の論文がよろしければ、例えば無料のこれ https://t.co/ZOAQo7GB3m などいかがでしょうか。これら全ての資料に Bq/h もしくは Bq/時 という単位が出てきます。 @konamih
RT @parasite2006: https://t.co/Yxvx53EknN 論文はここに出ていました(有料)https://t.co/iPCInXAul9 やっぱり純系の実験動物を使うと閾値が見える(知る限りではこの日本語論文https://t.co/MoVvvkdNB…
RT @ahare_asayaka: 参考 https://t.co/dWXbLcJ9G9  あらゆる自然放射線を対象とするというのは間違い。具体的にはラドンが挙げられ移住によるコントロールなどが想定されている。 @2ewsHQJgnvkGNPr @NPwrAGW @motok…
・自然放射能による人体線量(1965年、田島英三氏)  https://t.co/yyI02V5HEN @motoken_tw @pandasukidesu @naitoasao
RT @drsteppenwolf: @kazooooya @parasite2006 山下俊一:ATA2015小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて.日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌Vol32No4 p274-279(公開日 20160304) https://t…
RT @reemayufu: https://t.co/JJBPN1g5Vx #メモree 小児甲状腺結節、分化がんの治療ガイドラインについて https://t.co/NJOvYGqmsJ
RT @PriamalFear: [メモ] 小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて 山下 俊一 https://t.co/z9qzBnVF9y https://t.co/d0dFQTqdBm
特に,家族性・遺伝性甲状腺がんが疑われる場合には,甲状腺専門病院への紹介と適切な評価,フォローアップとともに,遺伝カウンセリングをベースとした治療指針を立てることが重要である。 https://t.co/x72O7232X9
・小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて/山下 俊一  https://t.co/58cLfRx28u
それは様々な研究の「一つ」になってしまうので、それ一つでは、LNT仮説に対抗できない。→@wotya2015 あ、じゃぁこれどうぞ→ https://t.co/FVvHhVTjIL @saintarrow
RT @wotya2015: @conAGW_proNuc @saintarrow あ、じゃぁこれどうぞ→ https://t.co/J5W3CumvEd
RT @miakiza20100906: 日本原子力学会誌の論文例(無料) https://t.co/wd7dHkr592 https://t.co/gJB7PVZaKi https://t.co/En4wy1iLbL https://t.co/sv4qcUQtSd @Donn…
RT @miakiza20100906: 日本原子力学会誌の論文例(無料) https://t.co/wd7dHkr592 https://t.co/gJB7PVZaKi https://t.co/En4wy1iLbL https://t.co/sv4qcUQtSd @Donn…
RT @miakiza20100906: 日本原子力学会誌の論文例(無料) https://t.co/wd7dHkr592 https://t.co/gJB7PVZaKi https://t.co/En4wy1iLbL https://t.co/sv4qcUQtSd @Donn…
RT @miakiza20100906: 日本原子力学会誌の論文例(無料) https://t.co/wd7dHkr592 https://t.co/gJB7PVZaKi https://t.co/En4wy1iLbL https://t.co/sv4qcUQtSd @Donn…
RT @miakiza20100906: 日本原子力学会誌の論文例(無料) https://t.co/nLVcmdBzCY https://t.co/1Wt8bR8sVf https://t.co/j87tTRJ2Ch https://t.co/9plsuPx56e @Donn…
RT @miakiza20100906: 日本原子力学会誌の論文例(無料) https://t.co/nLVcmdBzCY https://t.co/1Wt8bR8sVf https://t.co/j87tTRJ2Ch https://t.co/9plsuPx56e @Donn…
RT @miakiza20100906: 日本原子力学会誌の論文例(無料) https://t.co/nLVcmdBzCY https://t.co/1Wt8bR8sVf https://t.co/j87tTRJ2Ch https://t.co/9plsuPx56e @Donn…
RT @miakiza20100906: 日本原子力学会誌の論文例(無料) https://t.co/nLVcmdBzCY https://t.co/1Wt8bR8sVf https://t.co/j87tTRJ2Ch https://t.co/9plsuPx56e @Donn…
・新規制基準と原子力発電所の再稼働―川内原発再稼働をめぐる論点を中心に―、国立国会図書館(2015. 1. 8.)  https://t.co/ykvujcEDzB 活断層 真下 直上
RT @miakiza20100906: 学士院のHP http://t.co/FfMovgx7 をサッと当たった限りでは、無さそうですね。RT @Historyoflife 日本語版はないのか? RT@み 解説論文(無料!): 福島原発事故―概要と教訓 https://t.c…
RT @Historyoflife: 日本語版はないのか? RT @miakiza20100906: 解説論文(無料!): 福島原発事故―概要と教訓 https://t.co/VH6QHwgS  2012年、田中俊一。事故の経緯、緊急避難、SPEEDI、線量限度にまつわる大混乱…
RT @miakiza20100906: 解説論文(無料!): 福島原発事故―概要と教訓 https://t.co/lldp4J1q  2012年、田中俊一。事故の経緯、緊急避難、SPEEDI、線量限度にまつわる大混乱、除染活動などについて。 #hibaku

2 0 0 0 OA 地震被害情報

朝日の記事にも、その元である保安院の資料にも、「炉心溶融」との言葉は出てこない。 https://t.co/6MyEygfl2t →菊池誠氏(原子力・放射線防護の素人)/@kikumaco炉心溶融が判定できたと言わなくてはならない。 https://t.co/QjoHQNd47r

2 0 0 0 OA 地震被害情報

「炉心損傷」「燃料ペレットの溶融」「メルトダウン」 ・福島第一原子力発電所1号炉、2号炉、3号炉の炉内状況について  平成23年4月18日 原子力安全・保安院  https://t.co/6MyEygfl2t
RT @sitesirius: 別ですね。 核事故前のキノコ類のセシウム137Csとカリウム40K → https://t.co/HRU8TOCm7o #NoNUKE @0ax471143885c3r: …昔騒がれたお茶や椎茸の放射線だって乾燥させて元々の体積が小さくなった結…
RT @ahare_asayaka: 参考「水晶体等価線量限度は,実効線量限度とは独立して設 けられており,がんとのリスク管理が統一されていない」@SciCom_hayashi @konamih @conAGW_proNuc  https://t.co/7K2orU5EAR
RT @raycy: 費用vs受忍押し付け線量図かな… 横軸を 線量限度みたく読み替える… Wikmanにhttps://t.co/nr1S3veVvb原発事故処理やリスク費用は、放出放射能の多さと、周辺人口が多さ次第とあるような… これにはhttps://t.co/4P8cL…
RT: @kanna07409 ・クラーク論文に対する私見 草間朋子、https://t.co/ZYzxuTYvNs @yoka72 @SciCom_hayashi
・クラーク論文に対する私見 草間朋子  https://t.co/ZYzxuTYvNs RT: @kanna07409
周辺監視区域の外側(公衆が立ち入る可能性のある場所)における実効線量の限度が、年間1mSvと定められている。 http://t.co/i3ztGMvWgz
これを規制体系の中で担保することが適当である。」としている。これを受けて、「核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律(昭和32年法律第166号)」に基づく複数の原子炉の設置、運転等に関する規則等によって、 http://t.co/i3ztGMvWgz
(意見具申)』を示し、これが現在の我が国の放射線安全規制の基礎となっている。この意見具申の中で、公衆被ばくに関する年実効線量限度を1mSvとする勧告に従い、「公衆の被ばくに関する限度は、実効線量については年1mSv、…(中略)…とし、 http://t.co/i3ztGMvWgz
2 放射線審議会 ⑴ 現在の規制体系の基礎 平成10年、放射線審議会は、ICRPによる1990年の勧告を国内の法体系に取り入れるために行った検討の結果に基づいて『ICRP1990年勧告(Pub.60)の国内制度等への取入れについて・・ http://t.co/i3ztGMvWgz
平時の公衆被曝線量限度1mSv/年は、法令による規定が「ある」。 下記資料でも、その点をしっかり述べている。 ・東日本大震災後の放射線と防護の基準をめぐる議論、2012年3月公開  http://t.co/i3ztGMvWgz https://t.co/UV3rb47OMo
周辺監視区域の外側(公衆が立ち入る可能性のある場所)における実効線量の限度が、年間1mSvと定められている。 http://t.co/i3ztGMvWgz
これを規制体系の中で担保することが適当である。」としている。これを受けて、「核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律(昭和32年法律第166号)」に基づく複数の原子炉の設置、運転等に関する規則等によって、 http://t.co/i3ztGMvWgz
(意見具申)』を示し、これが現在の我が国の放射線安全規制の基礎となっている。この意見具申の中で、公衆被ばくに関する年実効線量限度を1mSvとする勧告に従い、「公衆の被ばくに関する限度は、実効線量については年1mSv、…(中略)…とし、 http://t.co/i3ztGMvWgz
2 放射線審議会 ⑴ 現在の規制体系の基礎 平成10年、放射線審議会は、ICRPによる1990年の勧告を国内の法体系に取り入れるために行った検討の結果に基づいて『ICRP1990年勧告(Pub.60)の国内制度等への取入れについて・・ http://t.co/i3ztGMvWgz
平時の公衆被曝浅慮限度1mSv/年は、法令による規定が「ある」。 下記資料でも、その点をしっかり述べている。 ・東日本大震災後の放射線と防護の基準をめぐる議論、2012年3月公開  http://t.co/i3ztGMvWgz https://t.co/UV3rb47OMo
RT @hayano: (資料として便利)国立国会図書館 調査資料 「東日本大震災後の放射線と防護の基準をめぐる議論 ―福島第一原子力発電所の事故を受けて― 2012年3月公開」PDF → http://t.co/jhlcRcqBtS
RT @YuriHiranuma: 日本衛生学雑誌 Vol. 70 (2015) No. 2 p. 149-160 大規模原子力事故時の遠隔地における放射線被ばくへの対処 ―長崎に飛来した福島第一原子力発電所の放射性物質からの推測― https://t.co/ktYa9yT…
RT @hayano: 著者の吉田先生は今日のダイアログで講演 @tos_1048: 「宮城県南部地域の子どもを対象とした福島第一原子力発電所事故後の被ばく線量及び屋内外滞在時間調査結果報告」 RADIOISOTOPES, 64, 312 (2015) https://t.co…
RT @hayano: (福島民報)【3年連続で未検出 三春の小中学生内部被ばく検査】 http://t.co/HhtBRdXt9m 論文はこれ http://t.co/AeBoogq6Rt 和訳はここ http://t.co/ir7J4BcjyT http://t.co/eV…
RT @hayano: (本日公開された査読付き英文論文)早野・坪倉・宮崎ほか 「福島第一原子力発電所事故後、4 年間連続して行われた三春町児童生徒のホールボ ディカウンター検査について」http://t.co/AeBoogHIg3 (和訳はここ http://t.co/ir7…
RT @ahare_asayaka: 菌類も食物連載の中にあり、細菌でのCs蓄積との比較研究がなされている:土壌細菌から始まる食物連鎖によるキノコへのセシウム蓄積に関する研究 http://t.co/lO6Tk8wEKP
RT @Natsuhori_Guts: 調べ方が足りないですね。勝手に判断・解釈する前に,これをよく読んでみては? 【環境汚染性重金属のトキシコロジー】 1)生体内成分との結合 https://t.co/trxg0A2j4s @ahare_asayaka @conAGW_pro…

お気に入り一覧(最新100件)

こんな研究ありました:大気大循環モデルを利用した長期気候予測に関する研究(住 明正) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/05F05063

フォロー(436ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

https://t.co/cPhp3wCwbw 嚥下ゼリーは名城大ですね。
RT @CordwainersCat: hpvワクチンの重篤な副反応を気楽に「心因性だ」「少女期に特有の集団ヒステリーだ」「身体表現性障害だ」とか言う、あるいは考える人達はまあ、これでも読んで落ち着いてね。斎藤環とか言う精神科医さんもね。 https://t.co/7ncfm1…
RT @CordwainersCat: hpvワクチンの重篤な副反応を気楽に「心因性だ」「少女期に特有の集団ヒステリーだ」「身体表現性障害だ」とか言う、あるいは考える人達はまあ、これでも読んで落ち着いてね。斎藤環とか言う精神科医さんもね。 https://t.co/7ncfm1…
RT @CordwainersCat: hpvワクチンの重篤な副反応を気楽に「心因性だ」「少女期に特有の集団ヒステリーだ」「身体表現性障害だ」とか言う、あるいは考える人達はまあ、これでも読んで落ち着いてね。斎藤環とか言う精神科医さんもね。 https://t.co/7ncfm1…
RT @ishtarist: 身体表現性障害と診断されてきたものは、実は脳炎なのではないかという。 こりゃまたすごい論文だな。 https://t.co/W6ffBK2b0r
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  <論文>薬害エイズ問題と官僚機構 https://t.co/CkfTzy76b2 #CiNii
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  <論文>薬害エイズ問題と官僚機構 https://t.co/CkfTzy76b2 #CiNii
RT @nagaya2013: 「甲状腺癌における遺伝子の役割と分子標的治療」(山下俊一) https://t.co/BSxuvameFa →ヨード摂取量が高いとBRAF遺伝子異常が高くなる。 →BRAF遺伝子は臨床上も悪性度と相関がある(甲状腺癌湿潤、リンパ節転移、進行度、再…
RT @risa_mama117: @irukatodouro @tcv2catnap 荒川一郎ですかね? 若年女性の健康を考える子宮頸がん予防ワクチン接種の意義と課題https://t.co/4RScPHDjNj 厚労省が子宮頸がんワクチンを定期接種化する際判断材料は3本…
RT @nagaya2013: 「甲状腺癌における遺伝子の役割と分子標的治療」(山下俊一) https://t.co/BSxuvameFa →ヨード摂取量が高いとBRAF遺伝子異常が高くなる。 →BRAF遺伝子は臨床上も悪性度と相関がある(甲状腺癌湿潤、リンパ節転移、進行度、再…
RT @risa_mama117: @irukatodouro @tcv2catnap 荒川一郎ですかね? 若年女性の健康を考える子宮頸がん予防ワクチン接種の意義と課題https://t.co/4RScPHDjNj 厚労省が子宮頸がんワクチンを定期接種化する際判断材料は3本…

フォロワー(438ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

https://t.co/cPhp3wCwbw 嚥下ゼリーは名城大ですね。
RT @CordwainersCat: hpvワクチンの重篤な副反応を気楽に「心因性だ」「少女期に特有の集団ヒステリーだ」「身体表現性障害だ」とか言う、あるいは考える人達はまあ、これでも読んで落ち着いてね。斎藤環とか言う精神科医さんもね。 https://t.co/7ncfm1…
RT @CordwainersCat: hpvワクチンの重篤な副反応を気楽に「心因性だ」「少女期に特有の集団ヒステリーだ」「身体表現性障害だ」とか言う、あるいは考える人達はまあ、これでも読んで落ち着いてね。斎藤環とか言う精神科医さんもね。 https://t.co/7ncfm1…
RT @CordwainersCat: hpvワクチンの重篤な副反応を気楽に「心因性だ」「少女期に特有の集団ヒステリーだ」「身体表現性障害だ」とか言う、あるいは考える人達はまあ、これでも読んで落ち着いてね。斎藤環とか言う精神科医さんもね。 https://t.co/7ncfm1…
RT @ishtarist: 身体表現性障害と診断されてきたものは、実は脳炎なのではないかという。 こりゃまたすごい論文だな。 https://t.co/W6ffBK2b0r
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  <論文>薬害エイズ問題と官僚機構 https://t.co/CkfTzy76b2 #CiNii
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  <論文>薬害エイズ問題と官僚機構 https://t.co/CkfTzy76b2 #CiNii
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  朝鮮土地調査事業の実態をめぐって (未公開資料 朝鮮総督府関係者 録音記録(7) : 東洋文化研究所所蔵 友邦文庫) https://t.co/IcMtuld8GW #CiNii
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  朝鮮における土地収用令 : 1910〜20年代を中心に https://t.co/xubnPhM96z #CiNii これは読めるよ。東洋拓殖による土地収奪の流れは南洋興発とかノウハウの蓄積があったからね。
RT @nagaya2013: 「甲状腺癌における遺伝子の役割と分子標的治療」(山下俊一) https://t.co/BSxuvameFa →ヨード摂取量が高いとBRAF遺伝子異常が高くなる。 →BRAF遺伝子は臨床上も悪性度と相関がある(甲状腺癌湿潤、リンパ節転移、進行度、再…
RT @risa_mama117: @irukatodouro @tcv2catnap 荒川一郎ですかね? 若年女性の健康を考える子宮頸がん予防ワクチン接種の意義と課題https://t.co/4RScPHDjNj 厚労省が子宮頸がんワクチンを定期接種化する際判断材料は3本…
RT @risa_mama117: @irukatodouro @tcv2catnap 荒川一郎ですかね? 若年女性の健康を考える子宮頸がん予防ワクチン接種の意義と課題https://t.co/4RScPHDjNj 厚労省が子宮頸がんワクチンを定期接種化する際判断材料は3本…