10 1 0 0 OA 法令全書

出版者
内閣官報局
巻号頁・発行日
vol.明治12年, 1912

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (8 users, 9 posts, 0 favorites)

明治政府は古老の口承でもOK( 華園,1981,41頁 https://t.co/IRfjIbJs8k )としてる https://t.co/0NcJyZssPp から口承から縁起書を作成し延命した神社もあったと思う。 その歴史的事件を読者へ知らせず零細神社が作成or購入した縁起書(椿井文書含む)をやり玉に挙げるのは、歴史学の虐めじゃないかな? https://t.co/yKaxS6XNj2
米原市世継の蛭子神社の由緒が椿井政隆が書いた証拠は存在しない。 明朝体は誰でも書けし、エピソードは伝承か古老の口承で、年号は適当に付けたかも。 明治政府は口承OK https://t.co/0NcJyZssPp 。 椿井文書が出回った近江国ということは明朝体で口承書けばいいと気が付くだろうし。 https://t.co/ydk0NJNvny
椿井文書ファンは明治政府より厳しい社歴調査 https://t.co/M5ces45Hro をし、淫祠と呼ぶ事なく攻撃してくる。誰よりも幕末維新の宗教改革を熟知した上で、中小零細神社の経済的苦境を熟知した上であざ笑う。 しかしけしてその背景にある歴史については語らない。誰よりもとてもよく知っているけれど https://t.co/2YV3wgMXpg
凡学校に於ては生徒に体罰を加ふへからず 明治12年太政官布告40号 教育令第46条 近代デジタルライブラリhttps://t.co/kkrb5BliUS
どうやら明治12年太政官布告第15号で「大島郡」が設置され「大隅国」になったようだ。明治12年ってことは第2次琉球処分で沖縄県が設置されたことに関係するか。 https://t.co/r3QrgwLqP4

Wikipedia (2 pages, 3 posts, 3 contributors)

編集者: 笛吹岬
2020-07-16 08:52:30 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト