言及状況

Facebook (1 users, 1 posts)

58ペイジにいはゆる最終回の場面が出てゐるヨ。 長く辛い浮世に漂泊ふよりも死ぬるは却つて両個の幸せであらう。 って、翻訳の一文だが心中物が成り立つ本朝なら共感だノー。 発行 明治四十一年 http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/875928/1

Facebook における性別

Twitter (22 users, 22 posts, 8 favorites)

@tabako_ya @ryan_che 「清と斑(ぶち)は世に頼る蔭なき寂しい身の上である」で始まる。https://t.co/b37j4mTZKd
>RT マジだった。 フランダースの犬 図書 ウイダ (ルイス・デ・レミイ) 著, 日高善一 (柿軒) 訳 (内外出版協会, 1908) https://t.co/bhZCPCRVV7
日本にはじめて導入された『フランダースの犬』。主人公が清とぶち。 https://t.co/nDzgygEWCI
翻訳は「日高善一 」なんと、日基の牧師。だから「清」なのか https://t.co/AMuQe6jVkY 国会図書館にあった。今の時代はスゴイな。す感謝。 https://t.co/4xN4qPGyMa
近代デジタルライブラリー - フランダースの犬 検索したら読めるやんwwwww https://t.co/TgA3akfyOs
国会図書館のデジタル図書にあった https://t.co/4VC67rh5Du ええ…
明治・大正4)日高柿軒・述「フランダースの犬」http://t.co/JsCJoKZOTT 島村抱月「人形の家」http://t.co/o4gDdcAW2N 中島孤島「グリム御伽話」http://t.co/GKtg7NWvxB すごいな、近代デジタルライブラリー。<続く>
1908年に出版された日本語訳の『フランダースの犬』で、ネロとパトラッシュは「清」と「斑」だった…。http://t.co/JQwjG2bqDb
フランダースの犬、日本で初めて訳された時(明治41年)、ネロは「清(きよし)」、パトラッシュは「斑(ぶち)」、アロアは「綾子」だったんですね(≧∇≦)!しかもそれを国会図書館デジタル資料としてネットで全文読めます♪ http://t.co/V2NKHyIYxb
>RT はいこれもガセ 古い役奈良国立図書館のデジタル書籍ですぐにフランダースの犬読めますが、ちゃんと(?)犬と一緒に死んでます http://t.co/Z7q8awhz
そしてフランダースの犬の清 http://t.co/2pvp9xtx
@andochin これかなあ http://t.co/K863Ylke [Windows reimagined]

Wikipedia (2 pages, 2 posts, 2 contributors)

編集者: 敷島健一
2011-01-11 22:47:18 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト