著者
宮武外骨 編
出版者
半狂堂
巻号頁・発行日
1924

言及状況

Twitter (4 users, 5 posts, 0 favorites)

https://t.co/hjYnGn13fQ 戦前の本でビイドロ玉という語が出てる事例(プルダウンの15を選択)
川柳や狂句に見えた外来語 https://t.co/d0NMEFZ0Nd なお通説との事。「カンボジアでは自分の国を「カンプチャ」と呼んでいて、建国者といわれるインドのバラモン僧「カンプー」とその子孫を意味する「チャ」に由来すると… https://t.co/9f3UTooNDj
https://t.co/hjYnGniEEq 国会図書館デジタルコレクションで宮武外骨 編「川柳や狂句に見えた外来語」(大正13年)というのを読んでいる。16頁のビイドロの語源解説の中で「ビイドロ玉」という言葉が出ている。
川柳や狂句に見えた外来語 宮武外骨 1924 http://t.co/hhXGrIwj0i #近デジ
川柳や狂句に見えた外来語「ウニコウル」 http://t.co/PPscrplN0w

収集済み URL リスト