言及状況

Yahoo!知恵袋 (2 users, 3 posts)

まず、実例を見るのが早道と思います。 清和源氏の祖は清和天皇の孫(貞純親王の子)源経基とされています。源経基は、平将門の乱の「前段階」として、武蔵介として関東に下り郡司の武蔵武芝と衝突した事でも知られています。最終的には正四位上鎮守府将軍までなりました。 因みに、源経基の子満仲も、いくつもの国司を経て、正四位下、左馬権利頭、鎮守府将軍までなりましたが、源高明らを失脚に追い込んだ安和の変では ...
「平治物語」には、以下のように書かれています。(コマ番号124/466) http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1018053/84?tocOpened=1 「昔将門が首を獄門に梟けられたりけるを、藤六左近といふ数寄の者が見て、 将門は米かみよりぞ切られけるたはら藤太がはかりごとにて と詠みたりければ、しいと笑ひけるなり。」 ...
以下の系図を参照してください。(コマ番号24/52) http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991583/10?tocOpened=1 藤原道長の長兄・道隆の長男が伊周です。 太宰帥に任命されたので「帥殿」と呼ばれたみたいですね。

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (7 users, 12 posts, 6 favorites)

あったhttps://t.co/016kyXNcEw
不比等さんの誕生年の根拠、あった~。 斉明天皇五年ということは、659年生まれか。 新編纂図本朝尊卑分脈系譜雑類要集. 1 https://t.co/SiGCJ58oYP https://t.co/mHPI5FO1X0
11コマ目で発見。ナシトミさんの次にカムキキカツさんつながってる~。 新編纂図本朝尊卑分脈系譜雑類要集. 1 https://t.co/SiGCJ58oYP
伊勢守藤原義孝はここ https://t.co/XMOuUawwZL 。母の父とされる従五位下朝野と同じ名はここに見える https://t.co/wt0IwZDXvl 。また、天台座主教円はここ https://t.co/3xKZ3QpMmU 。
こづかみのうら、は鳴門市撫養町木津らしい。基房は朝経の子で常陸守正四下というこの方 https://t.co/XvR1ud6CaH か。「長元二(1029)阿波守」という断片的情報がインターネット上に見られる。
藤原師尹の子済時(941-995)が右大将であったのは貞元から永祚(977-990)のころ。尊卑分脈で時代の重なる可能性のあるのは藤原福当麻呂の流れで遠江権守であった方https://t.co/u2yse5FFuOと陸奥守であった方https://t.co/W8e0zeFJpp。
大蔵卿従三位藤原師経は兼通の子朝光の子登<朝>の子 https://t.co/XvR1ud6CaH 。

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト