言及状況

Twitter (7 users, 7 posts, 0 favorites)

第2次大戦期におけるアメリカ戦時生産の実態について「41年から45年の間の軍需品生産量(略)航空機295,959機 (爆撃機97,800機,戦開機100,000機,輸送機23,900機) 、戦艦8隻、航空母艦 27隻、巡洋艦48隻… https://t.co/5tAYXBltCe
第2次大戦期におけるアメリカ戦時生産の実態について (1) https://t.co/epMDHP8XFM 素敵こんな資料がただで読めるなんて。ありがたいことです。
使用側に有利で有名なアメリカだが、太平洋戦争中でも、「ストはしない」っていう成約を出してた労組がストをして、勝利してる。 そのくらいストは伝家の宝刀のハズなんだが。 日本の労働者意識は日本人徴用工時代からなんも変わってない… https://t.co/NE039aMn4X
WW2でのアメリカのチート生産力がどうやって発揮されたかを知りたくて調べたけどあまり資料がない。北大の論文が一番詳しそうだったので頑張って読んだ。結果、アメリカは日本でもやってそうな現実的なことを普通に遂行しただけという印象だった… https://t.co/LL2g9cg1PQ
[PDF] 第2次大戦期におけるアメリカ戦時生産の実態について (1) - HUSCAP https://t.co/PDLG9DGGWs
1940年9月には選抜徴兵法を制定し、史上初めて平時下で徴兵制を施行。また'41年3月には武器貸与法が制定され、武器,食糧その他の「国防物資」の製造,調達そして譲渡を指命する権限を大統領に与えた。http://t.co/bzeSps1fAS 11~13頁  
アメリカと戦争してはいけなかったとよくわかる論文 その1: http://t.co/vj6epi8nlW その2 http://t.co/BliNaxtAHt

収集済み URL リスト