著者
土田 幸男
出版者
北海道大学大学院教育学研究院
雑誌
北海道大学大学院教育学研究院紀要 (ISSN:18821669)
巻号頁・発行日
vol.109, pp.81-92, 2009-12-21

さまざまな認知活動を支える動的な記憶のシステムであるワーキングメモリには,制限された容量が存在する。本論文では,ワーキングメモリにおける容量とは何なのか,これまでの知見を概観し,解説した。加えて,その個人差がどのような認知パフォーマンスに影響するのか知見をまとめた。これらに基づき,記憶それ自体が関わっていない選択的注意においてもワーキングメモリ容量の個人差が影響を与えるという仮説を検証した。事象関連脳電位を用いた研究から,ワーキングメモリ容量の個人差は課題非関連刺激に対する注意を抑制する可能性を示唆した。最後に,ワーキングメモリ容量と発達障害の関係,トレーニングによる容量向上の可能性について論じ,将来の研究可能性を示した。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (3 users, 5 posts)

ほほー "ワーキングメモリ容量はトレーニングで増大することは古典的に明らかであったが,近年, ワーキングメモリ容量のトレーニング効果がその他の課題パフォーマンスにも影響を与える"

Twitter (4 users, 5 posts, 0 favorites)

@sakuraikeizo ワーキングメモリの容量は制限があることは論文にも示されているし、一般の人は4~5チャンクしかないことは実験的にも示すことが可能です。 https://t.co/etKyxe4w4l
@sakuraikeizo ワーキングメモリの容量に制限があることは、こちらの論文にも明記されています。 https://t.co/etKyxe4w4l
ほほー "ワーキングメモリ容量はトレーニングで増大することは古典的に明らかであったが,近年, ワーキングメモリ容量のトレーニング効果がその他の課題パフォーマンスにも影響を与える" / “109_004.pdf” https://t.co/LfAb7GZykZ
http://t.co/pntEbpj8S4 これ面白い

収集済み URL リスト