著者
北野 信彦
巻号頁・発行日
pp.186-195, 2012-03-31

新しいアイヌ史の構築 : 先史編・古代編・中世編 : 「新しいアイヌ史の構築」プロジェクト報告書2012

言及状況

Twitter (2 users, 13 posts, 1 favorites)

中・近世アイヌ史の解明に対する漆器分析の可能性(2012) https://t.co/GYsxC815rK
中・近世アイヌ史の解明に対する漆器分析の可能性(2012) https://t.co/GYsxC815rK
中・近世アイヌ史の解明に対する漆器分析の可能性(2012) https://t.co/GYsxC815rK
出典:「中・近世アイヌ史の解明に対する漆器分析の可能性」著者:北野 信彦 https://t.co/MRgmJhVBS6 余市町の入舟遺跡ではアイヌ墓副葬品,高台寺蒔絵椀が出土し、高台寺蒔絵は桃山文化期を代表する漆器で本資料と以外では豊臣政権との関係が深い宇喜多・小早川氏関連の岡山城の二の丸跡出土品のみです https://t.co/o7ZkqL4oAy
出典:北海道学術成果コレクションHUSCAP 「中・近世アイヌ史の解明に対する漆器分析の可能性」 著者:北野 信彦/発行日:2012年3月31日 https://t.co/MRgmJhVBS6 桃山文化期には南蛮漆器,江戸文化期には長崎交易で輸出された輸出漆器があり,これらを通じてヨーロッパでは和製漆器の評価が高かったようで https://t.co/UDDfkppQbB
中・近世アイヌ史の解明に対する漆器分析の可能性(2012) https://t.co/GYsxC815rK
中・近世アイヌ史の解明に対する漆器分析の可能性(2012) https://t.co/GYsxC815rK
中・近世アイヌ史の解明に対する漆器分析の可能性(2012) https://t.co/GYsxC815rK
中・近世アイヌ史の解明に対する漆器分析の可能性(2012) https://t.co/GYsxC815rK
中・近世アイヌ史の解明に対する漆器分析の可能性(2012) https://t.co/GYsxC815rK
中・近世アイヌ史の解明に対する漆器分析の可能性(2012) https://t.co/GYsxC815rK
中・近世アイヌ史の解明に対する漆器分析の可能性(2012) https://t.co/GYsxC815rK
中・近世アイヌ史の解明に対する漆器分析の可能性(2012) https://t.co/GYsxC815rK

収集済み URL リスト