言及状況

Twitter (9 users, 12 posts, 8 favorites)

「今後における PTA の 活動の方向性を考えるに際しても、「任意」であることを全ての出発点に置くことが必須」〈論説〉PTAの法的地位(3・完)星野豊。つくばレポジトリより。https://t.co/Yiuzpp7mSF https://t.co/dL215VGPeD
〈論説〉PTAの法的地位(3・完)https://t.co/NUjRRs46QY
@Poison_R 私はあくまでPTAは任意団体だと思ってます。任意団体なので、この文書の脚注で降られている「② Y が任意団体である以上、Y の構成員の子と X の子との間で取扱いの差異が生ずることはやむを得ないところ」という事… https://t.co/VLY1pODM6u
”控訴審は、1 X が Y を退会して構成員としての地位を失った以上、Y には X の申出の全てを受け入れるべき義務はなく、2 Y が任意団体である以上、Y の構成員の 子と X の子との間で取扱いの差異が生ずることはやむを得ない… https://t.co/Bzmf8Iz6i1
@keemaokitchen ソースは https://t.co/fkJNjOd870
@XCTvf3BMtHyAC9R 3だけざっと読みました。 ここでの大阪裁判の詳細を見ると、単なるコサージュ問題とは方向が違うようですね。 まるおさんと同様な感想です。 https://t.co/D48AAzFgUW

収集済み URL リスト