著者
田中 宏樹
出版者
東京大学大学院教育学研究科総合教育科学専攻生涯学習基盤経営コース
巻号頁・発行日
2009-03-23

報告番号 : ;学位授与年月日 : 2009-3-23 ;学位の種別 : 修士 ;学位の種別 : 修士(教育学);学位記番号 : ; 研究科・専攻: 教育学研究科総合教育科学専攻

言及状況

はてなブックマーク (5 users, 5 posts)

「指定管理者制度と公立図書館~制度面から見る指定管理者制度の問題点と可能性~」東京大学根本彰教授指導修士論文
[あとで読む][本] 図書館への指定管理者制度導入には異論もあるようだ。
08年度修論「指定管理者制度と公立図書館―制度面から見る指定管理者制度の問題点と可能性―[図書館]
[公共図書館][指定管理者] 所属研究室の修論。状況は変わっているけれど先行研究を押さえるならこれで十分かも。

Twitter (30 users, 33 posts, 19 favorites)

指定管理者制度導入と、図書館長の「任命」問題について、行革推進派の圧力に文科省が方針転換をやむなくされたという事情もあります。 http://t.co/xPxQrWaAUc / “武雄市図書館のCCC・ツタヤによる図書の選書を行政…” http://t.co/uaM2nsI7LH
指定管理者制度と公立図書館 制度面からみる指定管理者制度の問題点と可能性(田中 宏樹) http://t.co/yWy9UeMxdR
「指定管理者制度と公立図書館~制度面から見る指定管理者制度の問題点と可能性~」東京大学根本彰教授指導修士論文 B! http://t.co/dNNLIdLu
http://t.co/JuhLRJkq 指定管理者制度と公立図書館 —制度面から見る指定管理者制度の問題点と可能性—
@hiwa1118 いろんな意見がありますが、頭の体操としてこんなのどうですか(^^)→「指定管理者制度と公立図書館」 http://t.co/qrKZSz7F
前出の論文、公共図書館における自治体直営と指定管理者制度下の職員構成の問題とかクリティカル。個人情報保護についての指摘もある(pp47-48)。 「指定管理者制度と公立図書館――制度面から見る指定管理者制度の問題点と可能性」(田中宏樹) http://t.co/9SWOvwsF
「図書館 指定管理者」でググったら、2番目に「指定管理者制度と公立図書館」という修論が出てきて、武雄市図書館問題についていろいろ予言的だなぁと思った http://t.co/1sbj4PAv
メモ:「指定管理者制度と公共図書館」 http://t.co/lcZYdEmf
なかなか興味深かった。知ってる名称もいろいろ出てきたし。ところでPFIとSPCって違うと思ってたけど、PFIの一形態としてSPCがあるってことなのかな。 / 指定管理者制度と公立図書館 : 制度面から見る指定管理者制度の問題点と可能性 http://t.co/PKoSvhXO
後で読む。 / UT Repository: 指定管理者制度と公立図書館 : 制度面から見る指定管理者制度の問題点と可能性 http://t.co/PKoSvhXO
図書館への指定管理者制度導入には異論もあるようだ。 / “2008 年度修士論文 指定管理者制度と公立図書館 —制度面から見る指定管理者制度の問題点と可能性— 東京大学大学院 教育学研究科 生涯学習基盤経営コース 23-076048 …” http://t.co/OI6vSbc6
あとでよむ / 指定管理者制度と公立図書館 : 制度面から見る指定管理者制度の問題点と可能性 / 田中, 宏樹 http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/handle/2261/25545
@yuki_o 筑波LISでもないですし,相手も筑波の方ではありませんが,こういうのがあります。 つ http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/handle/2261/25545

収集済み URL リスト

http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/25545/1/23-076048.pdf (29)

http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/handle/2261/25545 (6)