言及状況

Twitter (75 users, 75 posts, 66 favorites)

1970年代くらいまでは、「できるかぎり、できるだけ」という意味の用法がありました>「せいぜい」。 こちらの論文が参考になります。 https://t.co/UT45ByxvvW https://t.co/TptUZdit51
副詞「せいぜい」の意味変化 http://t.co/NKqFvdyTEw
そうか、今は「せいぜい」は「たかだか」の意味が主で、「できるかぎり」という意味では使われなくなってるのか、、、「副詞「せいぜい」の意味変化 : 近代語を中心に http://t.co/OgXwkuZSl0
『日本語学論集』第 9号 2013年 3月 【副詞「せいぜい」の意味変化 一近代語を中心に一】 林罷映 http://t.co/DeW7R6TBzM ①の意味、用例にはすでに違和感があるなぁ…
「せいぜい」の用法の研究論文。ざっと見た感じ、これにも「是非とも」の意味は明記されていない気がする。 > http://t.co/Zxvj6UEruV
精々の用法について考察している文献。 精々読んでみると良いと思う。 http://t.co/TyQXWJ3JGq
メモ:『副詞「せいぜい」の意味変化 ー近代語を中心にー』(林 禔映) http://t.co/X2f46XfCfR http://t.co/hNAB3S9tYd
この「せいぜいご利用くださいませ」の「せいぜい」は「できるだけ」という意味なのね。「せいぜい」は「精々」と漢字表記するがその元の意味に近い用法。「たかだか」「たかが」の意味に押されほぼ廃れてしまった用法でもある。この論文に詳しいhttp://t.co/RUWESkOvvz >RT
あとで読む / ※PDF注意※ / 副詞「せいぜい」の意味変化 http://t.co/7zbqZo6NY3

収集済み URL リスト