著者
安藤英由樹 渡邊 淳司 杉本 麻樹 前田 太郎
雑誌
情報処理学会論文誌 (ISSN:18827764)
巻号頁・発行日
vol.48, no.3, pp.1326-1335, 2007-03-15

人間の平衡感覚(重力感覚や加速度感覚)に人工的に影響を与える方法として前庭電気刺激が知られている.前庭電気刺激は耳の後ろ(頭部乳様突起部)に装着された小型電極から微小電流を流すだけで,装着者に物理的な加速度を与えることなく平衡感覚に対して影響を与えることが可能であり,小型軽量インタフェースとして実装が可能である.本論文では,インタフェースを実装するうえでの設計指針を記すとともに,インタフェースとしての応用について,装着者への情報支援,前庭感覚付与による没入感・臨場感の向上,前庭感覚を含めたコミュニケーション,という3 つの視点から実現例を含めて示す.

言及状況

Twitter (6 users, 7 posts, 9 favorites)

知らなかったので個人的に面白かったのが GVSを利用して加速度を感じることができるやつ。耳後ろの三半規管に微弱な電流(2mA程度)を流して反応させるらしい。VRでもヘッドホン単体でも使えて面白かった~ 参考論文:… https://t.co/ZASWB74DtF
1 1 https://t.co/w7PilQy1jO
人間コントロールの前庭電気刺激(GVS: Galvanic Vestibular Stimulation)についてはこちらかな 前庭感覚インタフェース技術の理論と応用 https://t.co/pchdiIcKyl
@GOROman 安藤先生の論文. 前庭感覚インタフェース技術の理論と応用 https://t.co/pchdiIcKyl

収集済み URL リスト