著者
白鳥 嘉勇 小橋 史彦
雑誌
情報処理学会論文誌 (ISSN:18827764)
巻号頁・発行日
vol.28, no.6, pp.658-667, 1987-06-15

本報告は 文字キー数が少なく かつシフトキー操作を必要としない利点を有するローマ字入力について日本語入力に適したキー配列を検討したものである.キーボードの打けん速度を向上することをねらいとして ?交互打けん率の向上 ?キーストローク数の低減 ?ホーム段キー使用率の向上 ?各指使用率のバランス ?同指段越え打ちの減少の5項目を設計指針として取上げた.この結果 子音と母音を左右に分離し かつ1キーに複数の文字を割りつけた複合キーを含む3段10列のローマ字配列を得た.この配列の交互打けん率は91% ホーム段キー使用率は68%であり 従来のQWERTY配列を用いたローマ字入力の場合(同:各69 29%)に比べて高い操作特性値を有する.3名の被験者について操作実験を行った結果 文字入力速度の習熟曲線は各被験者とも早い立上り特性を示した.うち1名のかな文入力速度は 約330時間の練習後に 240字/分(360ストローク/分)の高い値に達した.また エラー率は 練習によって0.5%に低下し操作上の問題はみられない.以上のことから 本配列が日本語入力に適していることが分かった.

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (1 users, 2 posts, 0 favorites)

MS-DOS のころは、 WXII+ のかなテーブルをいじって SKY 風の配列を使ってた。 https://t.co/S1YgDN4KgJ Windows でそういうのがやりにくくなり、やむをえずデ QWERTY ローマ字打ちに… https://t.co/Zs4aLUxG7D
“白鳥 嘉勇 + 小橋 史彦 (1987) 日本語入力用新キー配列とその操作性評価 | 情報処理学会論文誌 28(6):658-667 | 情報学広場:情報処理学会電子図書館” https://t.co/LSNeuZUhjs

収集済み URL リスト