著者
木下 修一
雑誌
情報処理
巻号頁・発行日
vol.50, no.1, pp.15-21, 2009-01-15

多様な昆虫の世界で色情報がどのように生成され,利用されているか概説する.ここでは特に,微細構造が関係した発色現象に着目した.微細構造が生み出す「構造色」の例として,タマムシ,コガネムシ,モルフォチョウなどの多層膜構造,マエモンジャコウアゲハなどのフォトニック結晶,さらに,イトトンボに見られる乱雑な構造がつくる色について詳述する.また,色素による発色も単に色素だけではなく,ミクロな構造が深く関係していることをモンシロチョウの白,キチョウの黄色,アゲハチョウの黒などの例をあげて説明する.これらの色情報は,メスやオスに対するアピールであったり,捕食者に対する警戒や隠ぺいなどさまざまに利用されている.

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 4 favorites)

@yukapoo2017 @KOH16 ググったらタマムシは薄膜干渉ですがコガネムシ系は少し構造が違うようで読んでみると面白いです。 昆虫による色情報の生成と利用 - 情報学広場 https://t.co/zRpXwD5EET
昆虫による色情報の生成と利用 https://t.co/G552KfNXvR

収集済み URL リスト