著者
土肥 紳一
雑誌
情報教育シンポジウム論文集
巻号頁・発行日
vol.2017, no.43, pp.271-276, 2017-08-10

プログラミング教育では,学生が情報端末を購入し,大学へ持ち込む BYOD (Bring Your Own Device) が普及している.教室内の気温は,人や情報端末によって上昇する.教室内の気温や湿度は空調によって容易に制御できるが,二酸化炭素濃度の上昇は気付きにくく,換気を行わないと下げられない.厚生労働省の二酸化炭素濃度の基準は 1000 ppmである.一般的に,二酸化炭素濃度が 1000 ppm を超えると眠気などを誘発すると言われている.眠気の誘発は,モチベーションの低下につながる.本論文では,教室内の空気の調査結果について述べる.

言及状況

Twitter (19 users, 23 posts, 13 favorites)

https://t.co/VhX1M2ruQI これですかね
@miyayam_setare リンク壊れてました https://t.co/dIdvoSwLZ4
@miyayam_setare 教室の酸素濃度と眠気の関係の論文ですが教室の酸素は薄いらしいですよ https://t.co/YT2jDwTPVm
プログラミング教育における教室内の空気の調査 https://t.co/yOog8NllAg #ipsjsss #jnsg 建築物における衛生的環境の確保に関する法律施行令 第2条第1号イ 三 二酸化炭素の含有率 百万分の千以下 https://t.co/cOroEEma6o
『プログラミング教育における教室内の空気の調査』#ipsjsss https://t.co/p161O1jXss 雰囲気とかムードではなく,気体の空気の問題です.

収集済み URL リスト