著者
村上 正行 飯山 将晃 美濃 導彦
雑誌
情報処理
巻号頁・発行日
vol.60, no.1, pp.66-69, 2018-12-15

筆者らは,2014年度から2016年度にかけて「京都ICT教育モデル構築プロジェクト」として,京都市立西京高等学校附属中学3年生を対象に,タブレットを活用したさまざまな教育実践を行い,多様な学習ログを取得した.その学習ログを分析して得られた成果として,(1)学習している時間帯や解答時間などの学習状況の可視化,(2)問題を解く際のペンストロークの分析による解答停滞個所の検出,(3)数学の図形問題を対象に,解答に至る過程を可視化した上で特徴毎に分類,を紹介した.

言及状況

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

中学校でのタブレット活用の実践と学習ログの分析 ―京都ICT教育モデル構築プロジェクト―, 情報処理,Vol.60,No.1 (2019). https://t.co/vlxPzz4An6 https://t.co/u26gxkMHUD #jnsg

収集済み URL リスト