著者
美濃 導彦 橋本 敦史 森 信介 飯山 将晃 椋木 雅之 舩冨 卓哉 山肩 洋子 中村 和晃
巻号頁・発行日
2012-04-01 (Released:2013-05-15)

本研究では,道具の使用,および論理や推論による問題解決能力を利用して行う「知的行動」の認識を目指してきた.この題材として調理を対象に,レシピ等の言語で表現される「概念的行動」と調理者を観測して得られる「表出動作」の関係を明らかにしてきた.このうち,「概念的行動」に関しては,H25年度までにレシピテキストから自然言語処理によって,作業の流れの構造を抽出したフローグラフのコーパスを整備した.「表出動作」についてはH26年度において,半自動でのタグの付与を行うことでデータセットの大規模化を図った.H27年度はこれまでに作成した上記データセットを元に機械学習を行い,手に取られり,置かれたりした物体を画像処理により自動的に認識する識別器を作成し,その性能評価を行なった.また,これをH25年度に構築した「概念的行動」の予測を行うシステムに識別器を組み込むことで,「表出動作」に基づく「概念的行動」の認識システムを構築した.H25年度に構築した概念的行動の認識システムでは入力として,フローグラフと,直前までに行われた「表出動作」の履歴を用いた.この段階では「表出動作」の入力は手動で行なっており,認識アルゴリズムも「表出動作」の認識結果が決定的に与えられることを前提としていた.このため,識別器の誤りに対する頑健性には改善の余地があった.今回「表出動作」の入力を識別器により自動化したのと平行して,「表出動作」の認識結果が非決定的に与えられた場合を想定して,「概念的行動」の認識アルゴリズムの改良について検討を行い,対外発表を行なった.自然言語処理としては手法や語彙ラベルの見直しによるレシピテキストに対する解析精度の向上を図った.この他,本研究課題に関連する応用システムを構築し,論文として発表するなど,積極的な対外発表を行なった.
著者
村上 正行 飯山 将晃 美濃 導彦
雑誌
情報処理
巻号頁・発行日
vol.60, no.1, pp.66-69, 2018-12-15

筆者らは,2014年度から2016年度にかけて「京都ICT教育モデル構築プロジェクト」として,京都市立西京高等学校附属中学3年生を対象に,タブレットを活用したさまざまな教育実践を行い,多様な学習ログを取得した.その学習ログを分析して得られた成果として,(1)学習している時間帯や解答時間などの学習状況の可視化,(2)問題を解く際のペンストロークの分析による解答停滞個所の検出,(3)数学の図形問題を対象に,解答に至る過程を可視化した上で特徴毎に分類,を紹介した.
著者
森 信介 橋本 敦史 飯山 将晃 舩冨 卓哉
巻号頁・発行日
2014-04-01 (Released:2014-04-04)

自動でフローグラフを構築する枠組みを構築した。この枠組みは、既存の単語分割に加えて、自動用語認識と用語間の関係を自動推定からなる。自動用語認識は、固有表現認識と同じ枠組みで解けるが、部分的アノテーションを用いることができるように改良し、この精度を大きく改善した。また、フローグラフを構築する手法については、係り受け解析の手法のひとつである最大全域木に基づく手法を応用し、辺の追加の仕組みを加えることで実現した。これを、前年度までに構築したレシピのフローグラフコーパスを用いて評価した。また、フローグラフからレシピ文を生成する方法の改良を行い、精度向上を確認した。さらに、フローグラフコーパスの一部のレシピについて、調理映像を収録し、映像を入力とするレシピ文の生成に取り組む準備を整えた。以上の成果は以下のサイトで公開している。レシピ言語処理マニュアル: http://plata.ar.media.kyoto-u.ac.jp/kadowaki/, レシピフローグラフコーパス (r-FG corpus): http://plata.ar.media.kyoto-u.ac.jp/mori/research/NLR/FGC/main.html, 調理映像 (KUSK dataset): http://kusk.mm.media.kyoto-u.ac.jp/ja/
著者
舩冨 卓哉 飯山 将晃 角所 考 美濃 導彦
出版者
一般社団法人電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-パターン処理 (ISSN:09151923)
巻号頁・発行日
vol.88, no.8, pp.1530-1538, 2005-08-01
参考文献数
8
被引用文献数
3

光切断法による人体の三次元形状計測では, 人が完全に静止できないことに起因する計測形状のひずみを軽減するため, 計測の高速化が図られてきた. これに対し, 本研究では, 形状計測中の体の揺れである身体動揺を部位ごとに計測し, これに基づいて計測形状を補正することにより, 計測の高速化をしなくても計測精度を向上させる手法を提案する. 実験により, 光切断法による計測精度が1mm以下であっても, 身体動揺の影響で計測形状の誤差が10程度になること, 提案手法では2mm程度の計測精度を達成できることを示した.