著者
大塚 駿 遠藤 雅伸
雑誌
エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2019論文集
巻号頁・発行日
vol.2019, pp.294-297, 2019-09-13

対戦相手のないデジタルゲームでは、コンテンツが与えた課題に成功することがプレイヤーの目標となる。我々は、より高い難易度の課題を成功させれば、より大きな達成感が得られるという検証を、実験用ゲームを実装して行った。その結果、成功までの試行回数が多い方が、大きな達成感が得られていた。しかし、プレイ技術が低いプレイヤーは、自分のプレイ技術が高いと誤認している場合、達成感が抑制されることが示唆された。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

なかなか興味深い ◆難易度 高い難易度の課題ほど成功時に大きな達成感 ◆試行回数 初回クリアより、複数回での成功の方が達成感あり ※あまりにも多過ぎると、ライト層はゲームから離脱、コア層は義務感が増して苦痛! だそうで

収集済み URL リスト