著者
大髙 実奈
出版者
東洋大学大学院
雑誌
東洋大学大学院紀要 = Bulletin of the Graduate School, Toyo University (ISSN:02890445)
巻号頁・発行日
vol.54, pp.65-76, 2017

電車内痴漢被害の多くは若い女性が被害者となるが,一部で男性の被害者も存在する。本研究では,大学生の男女を対象に電車内痴漢被害の実態調査を実施した。被害経験率は女性で約37%,男性で約6%であった。女性は数回程度の被害経験の者が多く,一部に突出して被害経験回数の多い者が存在し,男性は被害経験のある者は少ないが,被害経験者の中では複数回の被害を受けている割合が高かった。また,被害の分類では,「持続型」と「一瞬型」の2つの類型に分類された。被害時の感情と対処行動については,何らかの対処行動を講じることができた場合は,対処を講じることができなかった場合と比較して,被害時に「気持ち悪い」と感じている程度が高い傾向があり,「怒り」を感じている程度が高かった。今後は被害経験や性格特性などの内的要因にも着目し,被害時の自助的な対処行動の促進要因を明らかにし,効果的な広報や教育に繋がる研究に発展させたい。In Japan, a criminal act called ”Chikan” - is an act of touching and mischieving a stranger's body in a crowded train - have occurring very often. This victims of ”Chikan” were mostly females, owever sometimes, cases of males become victims occur. Therefore, in this study, it researched a questionnaire survey about ”Chikan” in the train to undergraduates, and analyzed to clarify the attributes and types of victims. As a result, it was become clear that 37.39% of female students and 5.97% of male students were suffering from ”Chikan”. In correspondence analysis, it was categorized to 2 types of victims as ”lasting victimization” and ”victimization for an instant”. These unpaired t tests showed that the victims who can cope with ”Chikan” damage were anaerobic and angry over those who can’t deal with it.

言及状況

Twitter (3 users, 4 posts, 2 favorites)

@usa_w_houseznro @masbobobo 大学生だと37% https://t.co/l5oCQgwnyX
@ifmari https://t.co/l5oCQgwnyX 全体の平均回数は女性の方が多い一方、被害経験のある人の平均回数では男性の方が多いという興味深い結果が出ています。大抵の女性が化粧で美しくなるのに対して化粧しない男性… https://t.co/nt3K6ePhOj
@dora_peace https://t.co/9r5TYD6dvS こんな研究もあるくらいですからね、
@ponpin_oshirase お、探してたらちゃんとした調査が出てきたな。 これ見たら被害経験率は30%だけど、平均経験数が0.7回/人だから、僕の試算より相当多い事になるねえ。 https://t.co/sd34V5S98j

収集済み URL リスト