著者
芳之内 雄二
出版者
北九州市立大学文学部
雑誌
北九州市立大学文学部紀要 = Journal of the Faculty of Humanities, the University of Kitakyushu (ISSN:13470728)
巻号頁・発行日
no.74, pp.47-61, 2008

ソ連崩壊後独立した新興独立国家では、それまで公用語、教育言語として優位な立場を占めていたロシア語に代って民族共和国の言語が国家言語と規定され、ロシア語の社会的地位が低下している一般的な傾向がある。そうしたなかで、ロシアの歴史要素や文化要素が大きなウクライナでは、家庭内での使用言語や図書出版、読書、マスコミの分野で依然としてロシア語の優位性が維持されている。

言及状況

Twitter (8 users, 8 posts, 6 favorites)

https://t.co/bAn90SJVcC あった!!!やった!!!
大雑把に東側はロシア語、西側はウクライナ語が優勢。ウクライナの言語状況について書かれた日本語論文があります。https://t.co/M5JTzLNJqt #peing #質問箱 https://t.co/BHPhyvLWYr
2 2 https://t.co/Dh1boGpxrn
@Conflictwatcher 珍しいパターンかと。下記資料によるとウクライナ人の9割はある程度ロシア語が話せるようです。いずれにしても「大きく異なる」は書きすぎでした https://t.co/PdTUJ6EOun

収集済み URL リスト