著者
早川 洋行
出版者
名古屋学院大学総合研究所
雑誌
名古屋学院大学論集 社会科学篇 = THE NAGOYA GAKUIN DAIGAKU RONSHU; Journal of Nagoya Gakuin University; SOCIAL SCIENCES (ISSN:03850048)
巻号頁・発行日
vol.54, no.4, pp.31-66, 2018-03-31

本論文は,戦後期の双六を題材にした知識社会学的研究である。1では,双六を研究する視角と,とくに戦後期を扱ううえでの留意点を説明する。2では,双六のテーマに注目し「モビリティ」と「冒険」を描く双六について,いくつかのタイプに分けて分析するとともに,双六にあらわれた「アメリカニゼーション」,「女性ジェンダー」の問題について考察を行う。そして3では,これまでの分析を踏まえて,戦後期双六がもっていたイデオロギーとそれがその後の日本社会に与えた影響について考える。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

早川洋行さんの双六論文はこちら>「戦後期双六にみる日本人のエートス」https://t.co/sKHnJAM1g0
すごろくっておもしろいんだなぁ。人生ゲームまで手を広げてくれないかな。 https://t.co/k0z76d6Rb8

収集済み URL リスト