著者
松野 隆則 Takanori MATSUNO
雑誌
昭和女子大学生活心理研究所紀要 = Annual bulletin of Institute of Psychological Studies, Showa Women's University (ISSN:18800548)
巻号頁・発行日
vol.14, pp.31-40, 2012-03-31

Handwriting samples of a given Japanese text were collected from female student participants (N=50). Affective impressions regarding the appearance of the handwriting samples were assessed using the Semantic Differential technique. A factor analysis revealed three dimensions of impressions about handwriting, which were semantically similar to the dimensions of person perception. Another panel of female students inferred the big-five personality traits of the writers from the handwriting samples. All inferred personality traits were moderately or strongly correlated with at least one dimension of the impressions about handwriting. However, there were no satistically significant correlations between the dimensions of impressions about the handwriting and the writer's actual personality traits as assessed by the Big-Five Scales. The process and the fallaciousness of naive graphological inferences are discussed.

言及状況

Twitter (11 users, 11 posts, 12 favorites)

RT そういえば「筆跡による書き手のパーソナリティ診断」は我々が思いたがってるほど真実ではない、みたいな論文あったかと。筆跡からの性格鑑定は眉に唾つけつつ、我々人間の傾向として存在している事を認識しておいた方がよいのだろうな。人間生活難しい… (https://t.co/Hks5E999hf) https://t.co/lHL7j8T4UZ
この研究でも、「書は人なり」ではないこと、つまり筆跡から人格は予想することができないことが明らかにされています。 松野隆則(2012)「手書き文字の感性印象と筆跡から推測されたおよび実際の書き手のパーソナリティ特性との関連について」 https://t.co/a6sAg3ae0l https://t.co/XAunHBsAXM
@TMura78 日本語文字&日本語文献もあったので,ぶら下げさせて下さい! 小サンプル(日本人50人)なのですが, ・「手書き文字から類推される印象・性格」と「実際の本人のbig five性格特性」に明確な関連は見られない ということです。 松野隆則 (2012). PDF→https://t.co/05OYqBOQR2
履歴書手書きの件で面白い紀要論文見つけた。 「一般の人が行なう筆跡からのパーソナリティ特性の推測は、プロセスが誤謬的であるだけでなく結果にも妥当性を欠いており、信用性の低いものであると言うことができよう。」 https://t.co/PheOBXuR7X
ちなみに、性格と文字は関係なさそうだという論文がコチラ https://t.co/lySSSS0Ezv

収集済み URL リスト