Nawata, Kengo (@nawaken)

投稿一覧(最新100件)

RT @asarin: @hideman2009 広瀬先生がちょうど今年ふりかえりの論文を書いていらっしゃるみたいです. 心理学者 SIMSOC に出会う:社会心理学の研究・教育法としてのゲームシミュレーション https://t.co/TTRn8kDLu4
RT @jgda_pr: 優秀論文賞のお知らせ 第58巻の論文(原著、資料、展望、Short Note)について、以下が優秀論文賞に決定いたしました。 宮島 健・山口裕幸 「印象管理戦略としての偽りの実効化:多元的無知のプロセスにおける社会的機能」 https://t.c…
RT @satoshi_0630: 大学生のリーダーシップ行動に関する尺度がついにリリース!!著者のみなさま、採録おめでとうございます! 大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討(木村 充・舘野 泰一・松井 彩子・…
RT @matiasauquebaux: 日本語がないと自分とその周り以外は使えないよね。使われたくないんだったりして。俺なんか使って欲しいのに対して使われないぞ。きちんと論文になってる唯一の日本語版の利き手尺度です。使ってね。許諾なんかいらないです。引用してくれれば良いです。…
RT @Fumiaki_Taka: 【告知】日本教育心理学会第61回総会/研究委員会企画 シンポジウム 「今,差別を考える:社会心理学からの提言」9月15日(日) 09:30 〜 12:00 3号館 2階 (3206) https://t.co/K4wKmeVF3W
あおり運転の論文見つけた。日本での事例調査38件。 攻撃的運転の要因は, ・年齢:若い ・性別:加害者はほとんど男性。被害者も男性が多い。 ・車種:加害者高級車→被害者大衆車 ・場所:一般道(特に複数車線の追越車線上)が多く,高速… https://t.co/s3n46mFyv4
RT @oshio_at: 東京でも気温上昇と犯罪件数増加の研究があります。 「強姦と猥褻の月別犯罪件数比(当該年における1 カ月あたりの平均件数に対する当該月の犯罪件数の比)は,それぞれ冬季,夏季に平均気温の上昇とともに有意に上昇」 東京都における気温上昇と犯罪件数増加の関…
RT @uranus_2: それまで共通語を話していた自閉症スペクトラムの人が方言を話すようになる場合、方言使用開始時の前後において,対人的スキル・対人的認知スキルの獲得が顕著に見られる、共同注意が方言使用の必要条件である可能性。https://t.co/HaOwqpTgUk…
鑑別所に入った非行少年たちへの調査。 「他集団に移動できない」かつ「自集団が差別された」ときに,非行集団への同一化が強くなる。 --- 中川・仲本・國吉・森・山入端・大渕 (2019) なぜ非行集団に同一化するのか――集団間関係に… https://t.co/Bqdwc0KiIE
@Hiro_IMADA 後は,手前味噌ながら私の展望論文でも触れていますので,こちらも何か参考になれば幸いです! 縄田健悟. (2013). 集団間紛争の発生と激化に関する社会心理学的研究の概観と展望. 実験社会心理学研究, 53… https://t.co/NO8gvR5bcX
@TMura78 日本語文字&日本語文献もあったので,ぶら下げさせて下さい! 小サンプル(日本人50人)なのですが, ・「手書き文字から類推される印象・性格」と「実際の本人のbig five性格特性」に明確な関連は見られない とい… https://t.co/E5WpC7iWEB
出典: 武石恵美子. (2016). 転勤政策の現状と課題. 生涯学習とキャリアデザイン, 14(1), 49-65. https://t.co/IgibyMU7Ax
転勤の効果を検討した論文見つけた。 「配置転換や転勤がある」ことで,女性正社員の生活満足度が下がるとのこと。 一方で,男性正社員では関連なし。仕事満足度に関しても,男女ともに関連なし。 久米, 鶴, & 戸田. (2017).… https://t.co/b6QWThTwO2
RT @nihsenimakan: 早期公開されました。新しく心理尺度を作る理由について、論文ではどのように書かれているかを調べた研究です。 J-STAGE Articles - 「心理学研究」の新心理尺度作成論文に記載された尺度作成の必要性 https://t.co/0zET…
熊谷さんの論文。 代理報復の話を中心に,ヘイトスピーチ問題を読み解く。 --- 熊谷 智博 (2019) 攻撃行動としてのヘイトスピーチの社会診療学的検討 https://t.co/aWzUxSUa08
Lau and Murnighan (1998) による組織内のフォルトライン(断層)の紹介・解説論文(日本語) サブグループ間の対立関係。 https://t.co/A7EAwgeMuy こっちも↓ フォートラインの概念と… https://t.co/Ujs7n5J7ig
RT @tanaka_jeonjung: NISTEPの報告書見ていたら、すごいものを見つけた。 博士を採用する予定のない企業ほど、博士に求めるスキルが「ビジネスマナー」。 https://t.co/2xeOpH3QmN https://t.co/k02UpwTdKP
RT @jssp_pr: 【社会心理学研究・新着早期公開論文】秋保・縄田・池田・山口(2018) 「チームの振り返りで促進される暗黙の協調:協調課題による実験的検討」 https://t.co/Y03JcCuF0j
私が2ndで一緒にやった実験論文が公開されてました! 4年前の冬休みに参加学生と大量のメールのやり取りしてました。 秋保亮太, 縄田健悟, 池田浩, 山口裕幸 (早期公開). チームの振り返りで促進される暗黙の協調:協調課題によ… https://t.co/O33DbjGXNK

お気に入り一覧(最新100件)

ファシズムがどのように起こったか、第二次世界大戦時の日独伊仏の資料からテキストマイニングで分析。人に同調を迫る演説の特徴 とはhttps://t.co/ZijkFx8TlA
18巻5号<経営学輪講>不正行為はなぜ常態化するのか, 経営学輪講 Ashforth and Anand (2003), 會澤綾子 https://t.co/4q5uCQOuD6
優秀論文賞のお知らせ 第58巻の論文(原著、資料、展望、Short Note)について、以下が優秀論文賞に決定いたしました。 宮島 健・山口裕幸 「印象管理戦略としての偽りの実効化:多元的無知のプロセスにおける社会的機能」 https://t.co/qPEFoRAo9U
大学生のリーダーシップ行動に関する尺度がついにリリース!!著者のみなさま、採録おめでとうございます! 大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討(木村 充・舘野 泰一・… https://t.co/kSet3gH2IC
とは言え日本語の論文ですので気になる方のために先に論文のリンクだけ貼っておきます(すみませんがまとめは少し時間を頂きます) ・小学生対象の意識調査 https://t.co/ys9L6dGZsn ・現職教員対象の意識調査… https://t.co/3KoWCkuz7c
【告知】日本教育心理学会第61回総会/研究委員会企画 シンポジウム 「今,差別を考える:社会心理学からの提言」9月15日(日) 09:30 〜 12:00 3号館 2階 (3206) https://t.co/K4wKmeVF3W
査読有り論文だよ。 内田良「学校事故の「リスク」分析」 https://t.co/4r6g2xpihs
東京でも気温上昇と犯罪件数増加の研究があります。 「強姦と猥褻の月別犯罪件数比(当該年における1 カ月あたりの平均件数に対する当該月の犯罪件数の比)は,それぞれ冬季,夏季に平均気温の上昇とともに有意に上昇」 東京都における気温上… https://t.co/QrRPhFxuHW
J-STAGE Articles - 上司の男らしさ要求による男性の職場感情と精神的不健康への影響 https://t.co/nwqSeg5dQX マッチョ
鈴木晃志郎・于燕楠 「心霊スポットの空間分布パターンにみる超常現象観の時代変化」 『日本地理学会発表要旨集 2019』 https://t.co/Lz5eQGqGV8
『実験社会心理学研究』論文早期公開のお知らせ 以下の論文がJ-STAGEで早期公開されました.是非ご一読下さい. Hirofumi Hashimoto Interdependence in a Japanese Cultural… https://t.co/C9k0IOjw7z

フォロー(831ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @jssp_pr: 【社会心理学研究・掲載論文】中村・三浦(2019) 「2者から異なる方向に説得される状況での被説得者の認知資源と態度変容プロセスの関連の検討」 https://t.co/TYrkhW2sQX
RT @jssp_pr: 【社会心理学研究・掲載論文】中村・三浦(2019) 「2者から異なる方向に説得される状況での被説得者の認知資源と態度変容プロセスの関連の検討」 https://t.co/TYrkhW2sQX
【社会心理学研究・掲載論文】中村・三浦(2019) 「2者から異なる方向に説得される状況での被説得者の認知資源と態度変容プロセスの関連の検討」 https://t.co/TYrkhW2sQX
RT @namicha_1: この記事すごい面白かった!!感情研究がテーマではあるんだけど割とジェネラルな心理学研究の話で、これまでの心理学理論は制約条件や適用範囲が限定されたものばかりでグランドセオリーがないって話とか、それな〜だった| 感情の心理学的構成主義に見るこれからの…
#研究事例リストに追加しました:松下元則 2019 「函館西部地区バル街の参加店コメントのテキストマイニング分析 ―参加店が参加者に向けて発するメッセージの変化―」 『福井県立大学経済経営研究』 41: 13-36… https://t.co/rh7X3MJEs9
RT @twremcat: とりあえずこの2本: https://t.co/vBa7JtgeIG 松田 茂樹, 鈴木 征男 (2001) 夫婦の労働時間と家事時間の関係 _家族社会学研究_ 13(2) https://t.co/cSMEu6nkJv Tsuya NO + B…
RT @momentumyy: 九州大学の心理学事情 https://t.co/SP5l2DitOi
RT @momentumyy: 九州大学の心理学事情 https://t.co/SP5l2DitOi
九州大学の心理学事情 https://t.co/SP5l2DitOi
今日はこれを読んできた人がいた。かなり難しい内容だと思うんだけどちゃんと理解してきて、凄いと思った。 集団と個人の地位が社会的支配志向性に及ぼす影響 https://t.co/bwcNDHBMHY
RT @kpu_htmsk2: @gori_mts あ,飯田・松林.2011.『選挙研究における因果推論の研究動向』よんだ?個人的に,日本語だとこれのレビューが一番いいと思う. https://t.co/xyZ4S9qJMY
@kiyotakihiro 文章表現系の科目をそういう運営しているところもありますね。何年かやってそれなりに問題点も見つかったとは聴きますが詳細は知らず… https://t.co/zP5wUMoctY
RT @namicha_1: この記事すごい面白かった!!感情研究がテーマではあるんだけど割とジェネラルな心理学研究の話で、これまでの心理学理論は制約条件や適用範囲が限定されたものばかりでグランドセオリーがないって話とか、それな〜だった| 感情の心理学的構成主義に見るこれからの…
RT @namicha_1: この記事すごい面白かった!!感情研究がテーマではあるんだけど割とジェネラルな心理学研究の話で、これまでの心理学理論は制約条件や適用範囲が限定されたものばかりでグランドセオリーがないって話とか、それな〜だった| 感情の心理学的構成主義に見るこれからの…
RT @namicha_1: この記事すごい面白かった!!感情研究がテーマではあるんだけど割とジェネラルな心理学研究の話で、これまでの心理学理論は制約条件や適用範囲が限定されたものばかりでグランドセオリーがないって話とか、それな〜だった| 感情の心理学的構成主義に見るこれからの…
RT @namicha_1: この記事すごい面白かった!!感情研究がテーマではあるんだけど割とジェネラルな心理学研究の話で、これまでの心理学理論は制約条件や適用範囲が限定されたものばかりでグランドセオリーがないって話とか、それな〜だった| 感情の心理学的構成主義に見るこれからの…
RT @namicha_1: この記事すごい面白かった!!感情研究がテーマではあるんだけど割とジェネラルな心理学研究の話で、これまでの心理学理論は制約条件や適用範囲が限定されたものばかりでグランドセオリーがないって話とか、それな〜だった| 感情の心理学的構成主義に見るこれからの…
RT @namicha_1: この記事すごい面白かった!!感情研究がテーマではあるんだけど割とジェネラルな心理学研究の話で、これまでの心理学理論は制約条件や適用範囲が限定されたものばかりでグランドセオリーがないって話とか、それな〜だった| 感情の心理学的構成主義に見るこれからの…
この座談会、おもしろい。「感情の心理学的構成主義に見るこれからの感情研究」 https://t.co/VukEEcVqbT 「ルドゥ博士なんてもろに影響を受けていますね。彼は,素朴な人だと思います。これまで,感情とは何 かについて… https://t.co/MIHyPvwtaJ
宮内さんによるLoomisの評伝第2弾 https://t.co/Zd0bLYndDl 「Loomis は Bohr の原子模型のアナロジーとして睡眠段階を考えていたようにも思える」など、今回も胸アツな内容
RT @shima__shima: 人工知能 2019年3月号 に掲載された解説記事「機械学習・データマイニングにおける公平性」がまだ2年経っていませんが,特別に一般公開となりました: https://t.co/hoHthIrcu5 正誤表も新たに公開しましたので併せてご覧くだ…
RT @h_okumura: この論文らしい>高齢者、運転やめたら…要介護リスク2倍 https://t.co/hILGyINuah JAGES Cohort Study https://t.co/dTXCmCa0lw
この論文らしい>高齢者、運転やめたら…要介護リスク2倍 https://t.co/hILGyINuah JAGES Cohort Study https://t.co/dTXCmCa0lw
【社会心理学研究・掲載論文】戸谷・中島(2017) 「存在脅威管理理論におけるAffect-free claimの再考:死の不可避性に対する脅威がその後の気分に与える影響」 https://t.co/tT1phzdCeR
【社会心理学研究・掲載論文】宮川・谷口(2018) 「セルフコンパッションが就職活動における不採用への対処に及ぼす影響の検討」 https://t.co/5Gr7PLIZQv
参考文献としては拙論 https://t.co/DNKY0FUpWj の最初の4ページでも。オノマトペについては那須さんの博論 https://t.co/EswRoRgsqi の5章に詳しく
ScopusとWeb of Scienceでハゲタカジャーナルに関し,どのような文献が,いつ,どのような学術雑誌に発表されているか調査。文献検索の過程でpredatoryという比喩的な語が検索の精度を落とすことが確認され…⇒いわゆ… https://t.co/ypd0k2OT4I
CiNii 論文 -  人間行動の進化的説明--進化心理学と人間行動生態学 https://t.co/cWSswfMwCT

フォロワー(852ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @jssp_pr: 【社会心理学研究・掲載論文】中村・三浦(2019) 「2者から異なる方向に説得される状況での被説得者の認知資源と態度変容プロセスの関連の検討」 https://t.co/TYrkhW2sQX
【社会心理学研究・掲載論文】中村・三浦(2019) 「2者から異なる方向に説得される状況での被説得者の認知資源と態度変容プロセスの関連の検討」 https://t.co/TYrkhW2sQX
RT @momentumyy: 九州大学の心理学事情 https://t.co/SP5l2DitOi
RT @momentumyy: 九州大学の心理学事情 https://t.co/SP5l2DitOi
今日はこれを読んできた人がいた。かなり難しい内容だと思うんだけどちゃんと理解してきて、凄いと思った。 集団と個人の地位が社会的支配志向性に及ぼす影響 https://t.co/bwcNDHBMHY
【社会心理学研究・掲載論文】戸谷・中島(2017) 「存在脅威管理理論におけるAffect-free claimの再考:死の不可避性に対する脅威がその後の気分に与える影響」 https://t.co/tT1phzdCeR
RT @jssp_pr: 【社会心理学研究・掲載論文】宮川・谷口(2018) 「セルフコンパッションが就職活動における不採用への対処に及ぼす影響の検討」 https://t.co/5Gr7PLIZQv
【社会心理学研究・掲載論文】宮川・谷口(2018) 「セルフコンパッションが就職活動における不採用への対処に及ぼす影響の検討」 https://t.co/5Gr7PLIZQv