著者
斉藤 博
雑誌
埼玉医科大学進学課程紀要
巻号頁・発行日
vol.8, pp.15-25, 2000-03-31

アテネの疫病は, トゥキュディデスの『戦史』2巻には記載されているが, 『ヒポクラテス全集』(『全集』)には記載されていない.アテネの疫病は, 出血性, 発熱性ウイルス性感染症であるマールブルグ病, エボラ熱, 或いは, その類似疾患と考えられる.『戦史』と『全集』の色彩表現は関連性があったと推測される.『戦史』の3巻以降には色彩表現は殆ど認められないが, トゥキュディデスが疫病に罹り, その合併症であるブドウ膜炎による後天性色覚異常になったためと推測される.ヒポクラテスの生年をBC 460年頃とすると, アテネの疫病はBC 430年であるから, 彼は当時30歳代と推測される.『全集』にはアテネの疫病の記載がないが, ヒポクラテスがアテネの疫病に関与しなかったか, 或いは, 後に記載が脱落したかは不明である.

言及状況

Twitter (12 users, 12 posts, 19 favorites)

この疫病そのものについては埼玉医科大学のレポジトリにある「アテネの疫病はマールブルグ病, または, エボラ熱か?」(斉藤 博)という論文が詳しい。 歴史における疫病に関する表現を精査し、様々な症状の一致からマールブルグ病ではないかと仮説を立てている。 https://t.co/bXgqHNNXZZ
世界史上最初の疫病を経験したのがアテーナイだが、「密集」が原因であった。その疫病が何であったかは大きな謎だが、ペストだという意見はむしろ少ない。 斉藤博「アテネの疫病はマールブルグ病, または, エボラ熱 か?」 https://t.co/aGMI7LEVlS https://t.co/br3wOZdQuX
なんだこの論文は。。。 アテネの疫病はマールブルグ病, または, エボラ熱 か? 著者名(日) 斉藤 博 雑誌名 埼玉医科大学進学課程紀要 巻 8 ページ 15-25 発行年 2000-03-31 https://t.co/fDXxsseTbb

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

編集者: X-enon147
2020-06-04 21:30:50 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト