著者
加藤 宏幸 KATOU Hiroyuki
出版者
岩手大学人文社会科学部
雑誌
言語と文化
巻号頁・発行日
pp.199-212, 1993-03-20

サン・テグジュペリSaint-Expéry(1900-1944)のほとんどすべての作品にはその背景に砂漠が存在している.『星の王子さま』Le Petit Prince(1943)の24章で砂漠に不時着した飛行士は次のように述べている。「ぼくはいつも砂漠がすきだった。砂丘の上に座る。何も見えない。何も聞こえない。しかしながら,何かが沈黙の中で輝いている……」1)。サン・テグジュペリがどうして砂漠を一生涯愛し続けたのか,彼にとって砂漠はどのような意味を持っていたのかについて,彼の砂漠での実際の体験,彼の作品の背景として存在する砂漠を通して明らかにしたい。

言及状況

Twitter (7 users, 7 posts, 11 favorites)

加藤宏幸(1993)「サン・テグジュペリと砂漠」『言語と文化』: 199-212. https://t.co/t8QkTfYTwj 『星の王子さま』に代表される「砂漠」像の形成をサハラ〜北アフリカでのパイロットとしての作家の経歴を… https://t.co/Swer7NaRqy

収集済み URL リスト