著者
大川 なつか
出版者
湘北短期大学
雑誌
湘北紀要 = Journal of Shohoku College (ISSN:03859096)
巻号頁・発行日
no.40, pp.49-59, 2019-03-31

西洋において記憶術は、修辞学の一つとして古い歴史をもつ。しかし、我が国の西洋教育史において、記憶術はこれまであまり着目されてこなかった。そこで本稿では、記憶術の歴史をエラスムスにみる教育方法を中心に検討する。キケロの記憶術は、クインテリアヌスによって批判的に受け入れられ、エラスムスによって受け継がれる。他方、エラスムスは、キケロ主義者であり、また新プラトン主義者でもあったカミッロと記憶術を巡って対立する。16世紀当時、彼らの論争は、ルネサンス期の記憶術の在り方において関心を集めたが、その影響は、17世紀に初の子ども向け絵入り教科書『世界図絵』を出版したコメニウスの中に見て取ることができる。

言及状況

Twitter (2 users, 3 posts, 0 favorites)

https://t.co/kwGxELPNDh  教育方法としての記憶術の受容と展開―エラスムスを中心に Acceptance and Development of Ars Memorativa as an Educational Method - with focus on Erasmus 大川なつか
@ARiKA_sho 西洋教育史における修辞学の重要性が絡んでるかもしれない。 大川 なつか 教育方法としての記憶術の受容と展開―エラスムスを中心に 湘北紀要 (40), 49-59, 2019 https://t.co/0ItJ0YirMz

収集済み URL リスト