出版者
兵庫県立人と自然の博物館
雑誌
人と自然 (ISSN:09181725)
巻号頁・発行日
vol.17, pp.1-11, 2007 (Released:2019-03-03)

1. 端午の節句に供えられる全国のかしわもち,ちまきについて,利用植物,もちの名称,葉の利用形態,もちの種類などの調査を文献や聞き取りによって行った. 2. 46都府県よりかしわもち型224地点,ちまき型200地点の情報が得られた. 3. かしわもち型の利用植物は17種類で,サルトリイバラ(127)がもっとも多く,カシワ(57),ホオノキ(7),ミョウガ(7),ナラガシワ(5),コナラ(4)であった.サルトリイバラの利用は西日本に多いが,佐渡や関東地方にも認められた.カシワは東京を中心とした関東地方で利用されていた. 4. ちまき型の利用植物は21種類で,ササ類(108)がもっとも多く,ヨシ(28),ススキ(22),タケ類(14),マコモ(8),ゲットウ(7),トチノキ(4),ナラガシワ(4)であった.裏日本側ではササ類,表日本側ではヨシ,ススキ,マコモ,南九州ではタケ類,九州南端から琉球列島ではゲットウがよく利用されていた. 5. カシワを除く節句もちの利用植物は,各々の地域の里地・里山景観を構成するノイバラクラス,コナラ-イヌシデ群団,アカマツ群団,ヨシクラス,ススキクラスなどの代表的な構成種であり,きわめて身近な植物であった.カシワの利用は17世紀に江戸で始まったが,その拡大は20世紀初頭も関東周辺で止まっていた.その要因として里地・里山の植物ではないカシワの入手が困難なためと考えられた.
出版者
兵庫県立人と自然の博物館
雑誌
人と自然 (ISSN:09181725)
巻号頁・発行日
vol.24, pp.123-134, 2013 (Released:2019-01-22)

森づくり開始から6 年が経過した尼崎の森中央緑地において,森づくりの現状を評価するための調査を行った.調査区数200 の植生調査資料をもとに,森づくりの目標である六甲山などの周辺地域に現存する森林群落の構成種を調査した.その結果,尼崎の森中央緑地で同様の森づくりを行うのに必要となる植物種数は302 種であることがわかった.これに対して2013 年3 月末時点の尼崎の森中央緑地での植栽種数は124 種であり,全体の41%であった.群落構成種に対する植栽種の割合を生活形別にみると,高木,小高木の比率は70%以上と高かった.つる,多年草については今後本格的な導入段階に入るため,現状では33%以下と低かった.中央緑地では種子供給源となる樹林が付近になく,自然状態での群落構成種の新入が不可能な立地条件にあるため,現存群落の種多様性と種組成に近づけるためには現存群落構成種の多くを占める多年草の苗の生産と導入が不可欠である.
出版者
兵庫県立人と自然の博物館
雑誌
人と自然 (ISSN:09181725)
巻号頁・発行日
vol.8, pp.159-174, 1997 (Released:2019-09-29)

More than 100,000 wood buildings collapsed by the Hyogo-ken Nanbu Earthquake (Jan. 17, 1995. M=7.2). We researched the collapse pattern and direction of about 2700 wood buildings from Takarazuka City to the northern part of the Awaji Island to estimate the shock directions of the earthquake in the hypocentral region . The following remarkable features were observed. Most of the collapsed wood buildings were damaged in a similar manner: their basal floors were inclined or collapsed in a direction in the case both of one and two storied buildings, although their second floors and/or roofs were not severely damaged. Predominant collapse direction of the wood buildings was observed in the narrow zone, Shi nsai no Obi (zone heavily damaged by the earthquake), from Suma to Takarazuka. In the zone , five blocks were found out according to the collapse directions of the wood buildings. The predominant collapse direction implies that a strong shock collapsed most of the wood buildings in each block, and suggest that main shock directions were opposite to the collapse direction in the blocks.
出版者
兵庫県立人と自然の博物館
雑誌
人と自然 (ISSN:09181725)
巻号頁・発行日
vol.17, pp.1-11, 2007

1. 端午の節句に供えられる全国のかしわもち,ちまきについて,利用植物,もちの名称,葉の利用形態,もちの種類などの調査を文献や聞き取りによって行った.2. 46都府県よりかしわもち型224地点,ちまき型200地点の情報が得られた.3. かしわもち型の利用植物は17種類で,サルトリイバラ(127)がもっとも多く,カシワ(57),ホオノキ(7),ミョウガ(7),ナラガシワ(5),コナラ(4)であった.サルトリイバラの利用は西日本に多いが,佐渡や関東地方にも認められた.カシワは東京を中心とした関東地方で利用されていた.4. ちまき型の利用植物は21種類で,ササ類(108)がもっとも多く,ヨシ(28),ススキ(22),タケ類(14),マコモ(8),ゲットウ(7),トチノキ(4),ナラガシワ(4)であった.裏日本側ではササ類,表日本側ではヨシ,ススキ,マコモ,南九州ではタケ類,九州南端から琉球列島ではゲットウがよく利用されていた.5. カシワを除く節句もちの利用植物は,各々の地域の里地・里山景観を構成するノイバラクラス,コナラ-イヌシデ群団,アカマツ群団,ヨシクラス,ススキクラスなどの代表的な構成種であり,きわめて身近な植物であった.カシワの利用は17世紀に江戸で始まったが,その拡大は20世紀初頭も関東周辺で止まっていた.その要因として里地・里山の植物ではないカシワの入手が困難なためと考えられた.
出版者
兵庫県立人と自然の博物館
雑誌
人と自然 (ISSN:09181725)
巻号頁・発行日
vol.18, pp.127-150, 2007

日本の食生活全集編集委員会(1984 ~ 1992e)などの文献および聞き取り調査によって,大正末期から昭和初期における植物の葉を包装用材料,食器あるいは調理時の下敷きなどに利用するカシワモチやチマキなどの食物の地域名,利用植物名,材料などの調査を行った.その結果,青森県から沖縄県に至る45 都府県よりカシワモチ,チマキなどに関する512 の情報を得ることができた.これらの情報を一覧表としてまとめ,伝統的食文化の保存,継続,復活のための基礎資料として報告した.
出版者
兵庫県立人と自然の博物館
雑誌
人と自然 (ISSN:09181725)
巻号頁・発行日
vol.17, pp.117-135, 2007 (Released:2019-03-29)

兵庫県の主要14水系における外来植物の分布と優占群落の形成状況を既存文献を元に解析した.外来植物の分布については,14水系に出現した外来植物の合計種数は309種,帰化率は22.1%で,水系別では加古川(186種,31.6%),揖保川(183種,32.6%),猪名川(177種,27.1%)の3水系で外来植物種数,帰化率が高かった.外来植物優占群落については,14水系で209地点31群落が確認され,加古川(14群落),武庫川 (12群落),明石川(12群落)で多く確認された.環境省の指定する特定外来生物指定対象種については,アレチウリ,オオカワジシャ,オオキンケイギク,オオフサモ,ナガエツルノゲイトウ,ボタンウキクサの6種が,要注意外来生物種については43種が確認された.
出版者
兵庫県立人と自然の博物館
雑誌
人と自然 (ISSN:09181725)
巻号頁・発行日
vol.12, pp.55-62, 2001 (Released:2019-06-30)

Unusual appearance of Japanese black bears (Ursus thibetanus) has seemed to increase after the latter half of the 1990s. Since black bears are endangered in western Japan, the viewpoint of protection should be considered along with the avoidance of fatal and injurious human-bear encounters. Prediction about moving-site-selectivit yof irregularly wondering black bears may help responsible administrates and local inhabitants when they select better countermeasures. In this study, we examined predictability of the moving-site-selection of the animals using 73 encounters between humans and an irregularly wondering bear recorded in areas of southeastern Hyogo including Rokkou Mountain, northern Osaka and southwestern Kyoto, in the period of June 29 to October 6, 2000. The predictabili twyas estimated from a model obtained by logistic correlation, with vegetation classifie dinto 27 types and human density as independent variables and the bear used or not used as objective variables. Present individual recorded chose three types of forest vegetation as moving-sites: Japanese cedar - Japanese cyress afforestation, Quercus serrata dominant forest and Pinus densiflora dominant forest. The bear may choose these forests not as habitat but as escape cover. Selected moving-sites also overlapped small-scale residential sections adjoining the forests. On the other hand, the bear avoided places characterized by high human density.
出版者
兵庫県立人と自然の博物館
雑誌
人と自然 (ISSN:09181725)
巻号頁・発行日
vol.17, pp.103-116, 2007 (Released:2019-03-29)

Of the 1,497 specimens collected at Awaji area, Hyogo Prefecture, in 2005, 152 species of 84 genera in 34 families of Bryopsida, 66 species of 35 genera in 23 families of Hepaticopsida, and three species in three genera in one family of Anthocerotopsida were enumerated. Among them, two RDB species of Japan and eight RDB species of Hyogo Prefecture were recognized.
出版者
兵庫県立人と自然の博物館
雑誌
人と自然 (ISSN:09181725)
巻号頁・発行日
vol.27, pp.117-128, 2016 (Released:2019-01-18)

戦前より火入れによる管理が行われてきた兵庫県神河町砥峰高原における戦中・戦後の草原の利用と管理や,集落周辺での農林業の営みについて,火入れ管理を実施している川上集落の古老に聞き取り調査を行った.結果,(1)草原の管理については,火入れは戦中に一時途絶えたが終戦後に再開され,火入れ面積は現在の2 倍はあったこと,ススキの利用が停止した後も山火事防止や観光目的で火入れが継続されてきたことなど,(2)草原の利用については,ススキだけでなく盆花や山菜,薬草などが採集されていたこと,ウサギやヤマドリ, キジ,マムシなどの小動物の狩猟が行われていたこと,採集されたものは販売せず自家消費していたことなど,(3)集落の農林業の営みについては,集落周辺の草地で農耕用の役牛が放牧されていたこと,昭和35 ~ 36 年頃まで炭焼きが行われていたこと,終戦前後の時期に焼き畑が行われていたことなど,が明らかとなった.
出版者
Museum of Nature and Human Activities, Hyogo
雑誌
人と自然 (ISSN:09181725)
巻号頁・発行日
vol.27, pp.1-11, 2016 (Released:2019-01-18)

ミシシッピアカミミガメ(Trachemys scripta elegans: 以下アカミミガメ)はアメリカ合衆国の一部と 隣接するメキシコ合衆国の北東部の在来種である.鮮やかな色彩に富んだ孵化幼体は,人気のペットと して世界的に長く親しまれてきたが,その一方でおびただしい数の個体が自然分布しない地域に持ち込まれ て野外に放され,定着してしまっている.その結果アカミミガメは,現在では南極大陸を除くすべての大陸 と,日本を含む温帯や熱帯の多くの島々に広がり,都市近郊を含む様々な環境で,繁殖個体群を確立してし まっている.そしていったん大規模な個体群として定着すると,在来のカメ類と競合し好ましくない影響を 与えることも珍しくなくなっている.ブリキ製のカメの玩具は何十年にもわたる日本の人気商品であり,第 二次世界大戦後は,重要な輸出品の一つともなってきた.日本における広範囲なアカミミガメ個体群の確立 に先立つ1920 年代から1950 年代にかけては,こうした玩具は,日本の在来カメ類に象徴される地味な色 のものによって特徴づけられていた.ところが1950 年代より後になると,玩具のカメはアカミミガメに典 型的な黄色,赤色,緑色といったより鮮やかな色の組み合わせを示すようになった.このような変化は,単 にアメリカ合衆国をはじめ玩具の輸出先での,より色鮮やかなものを求める需要を反影しただけである可能 性も完全には排除できない.しかしこの傾向が,ペット動物の貿易活動を通した多数の色鮮やかなアカミミ ガメの日本への輸入,そして続く日本の陸水域でのこのカメの定着や,数的優位化の進行の影響を受けて生 じたと捉える方が,よりありそうに思われる.つまり上記のような玩具のカメの色の切り替わりは,日本で 見られる典型的なカメ類における,外観構成の認識の文化的変遷を反映している可能性があり,もしそうで あるならば,アカミミガメは日本においてカメ類の外観の新しい文化的典型と認識され,実生活で遭遇する 事物を真似たアートの新たなモデルとなったとみなすことができる.
出版者
兵庫県立人と自然の博物館
雑誌
人と自然 (ISSN:09181725)
巻号頁・発行日
vol.18, pp.127-150, 2007 (Released:2019-03-03)

日本の食生活全集編集委員会(1984 ~ 1992e)などの文献および聞き取り調査によって,大正末期から 昭和初期における植物の葉を包装用材料,食器あるいは調理時の下敷きなどに利用するカシワモチやチマキ などの食物の地域名,利用植物名,材料などの調査を行った.その結果,青森県から沖縄県に至る45 都府 県よりカシワモチ,チマキなどに関する512 の情報を得ることができた.これらの情報を一覧表としてま とめ,伝統的食文化の保存,継続,復活のための基礎資料として報告した.
出版者
兵庫県立人と自然の博物館
雑誌
人と自然 (ISSN:09181725)
巻号頁・発行日
vol.6, pp.197-243, 1995 (Released:2019-10-31)

Hyogo Prefecture has been known as one of prominent prefectures for metallic and nonmetallic mineral resources in Japan. There are variety of types of (1) metallic deposits and (2) non-metallic deposits in Hyogo Prefecture as shown below: (1) metallic deposits: polymetallic (Cu ・ Zn ・ Pb) vein deposits, Zn ・ Pb skarn deposits, bedded cupriferous pyrite deposits (Kieslager deposits), Au-Ag vein deposits, Ni deposits, podiform Cr deposits, bedded Mn deposits, Mo deposits and Fe skarn deposits, and (2) non-metallic deposits: strata-bound brick-silic astone (Keiseki) deposits, talc deposits, feldspar deposits, pottery stone (Toseki) deposits, and Roseki (pyrophyllite-, kaolin-, or sericite-clay )deposits. Especially, the Ikuno and Akenobe mining region has been famous as one of the largest and significant metallogenic regions in Japan and the large-scale Sn-W-bearing polymetallic vein deposits has been mined for copper, zinc, lead and tin. In this paper, location and type of ore deposit, geological setting, host rock of ore deposit, grade and constituent minerals of ore, metallogenic period and history of mining are briefly reviewed and summarized for each metallic and non-metallic mine in Hyogo Prefecture.
出版者
兵庫県立人と自然の博物館
雑誌
人と自然 (ISSN:09181725)
巻号頁・発行日
vol.27, pp.53-62, 2016 (Released:2019-01-18)

東南アジアの国々では,俗にテンプル・モンキーと俗称される,寺院や公園などにすみついたサルの群れ を見かける.タイ国ロブリ市とインドネシア国西ジャワ州パンガンダラン自然保護区のカニクイザルを中心 に,そのようなテンプル・モンキーの長期にわたる個体数変動を分析した.シンガポールとインドネシア国 バリ州ウブドのモンキー・フォレストの事例を含め,いずれにも共通して見られる特徴があった.1970 年 代までは,すべての地域で個体数は少なかったが,その後,急速に個体数増加に転じ,現在も増加している. この近年の個体数増加は急速な経済発展や都市化の進行と共に人為的にもたらされた.このようなカニクイ ザル集団が今後も人間と共存していくためには,注意深い個体群管理が必要になる.
出版者
兵庫県立人と自然の博物館
雑誌
人と自然 (ISSN:09181725)
巻号頁・発行日
vol.26, pp.71-74, 2015 (Released:2019-01-21)

本州において,シソ科アキギリ属のハルノタムラソウSalvia ranzaniana,ナツノタムラソウS. lutescens var. intermedia, ミヤマタムラソウS. lutescens var. crenata, ダンドタムラソウS. lutescens var. stolonifera の訪花昆虫を調査した.その結果,ツリアブ科1 種(ビロウドツリアブBombylius major)とハナアブ科7 種(ホソヒラタアブEpisyrphus balteatus,ミナミヒメヒラタアブSphaerophoria indiana,ツマグロコシボソハナアブAllobaccha apicalis,マダラコシボソハナアブBaccha maculata,キアシマメヒラタアブParagus haemorrhous,ハナダカハナアブRhingia laevigata,マドヒラタアブ属の1 種Eumerus sp.)を確認した.