著者
斎藤 豊治 前野 育三 西村 春夫 西田 英一 土井 政和 足立 昌勝 林 春男
出版者
甲南大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
1998

日本では、大震災後には無警察状態となり、社会が解体して犯罪が急増するという認識が広がっているが、そのような認識は妥当ではない。一般に自然災害は被災者の間や社会全体で連帯意識を生成、強化させ、犯罪を減少させる効果を持つ。例外的に災害後に犯罪が増加するケースでは、社会解体の状況が先行して存在し、災害が引き金となっている。1923年の関東大震災では朝鮮人に対する殺害が広がったが、それに先行して朝鮮半島の植民地経営による窮乏化と日本本土への人口流出、1929年の三・一独立運動に対する軍事的制圧などが行われ、民族的偏見が強まっていた。戒厳令布告の責任者たちは、三・一独立運動弾圧の当事者であった。阪神大震災後、治安は良好であり、自然災害は犯罪を減少させるという一般的な傾向を裏付けた。阪神大震災後には民族の壁を越えて食糧の配給や相互援助が行われた。もっとも、被災者の間での社会連帯の強化は、外部から侵入する者の犯行を抑止するだけではなく、「よそ者」、とりわけ在日外国人に対する不合理な排除を生み出しかねない。ベトナム人たちは日本人による排除を感じて、避難所を出て公園での集団生活を開始した。また、ボランティアたちはFM局を開設し、外国人への正確な情報の提供につとめた。われわれは、社会連帯の核の一つとして自治会に着目し、神戸市東灘、中央、長田および西宮市の自治会長全員に対し震災後の地域防犯活動についてアンケート調査を実施した。その結果、以下の点が確認さねた。これらの活動は、基本的に警察や行政から独立した自発的な取組であった。自警活動として最も多く行われていたのは、夜の巡回であり、以下危険個所の点検、昼の巡回、立ち番・見張りと続き、さらに立ち入りの禁止・道路の遮断、街灯増設の要望等であった。そうした活動について、多くの回答は不安感の軽減、犯罪予防の双方にとって有効であったとしている。

言及状況

Twitter (26 users, 31 posts, 58 favorites)

@qmFvxJEhEZ6IoHg 学問的研究もされていますが、震災は治安を強化するようです。 https://t.co/Xc5wKYsEJ9 「阪神大震災後、治安は良好であり、自然災害は犯罪を減少させるという一般的な傾向を裏付けた。」
@lisanha123 こういう研究さえなされているのに安田さんは敢えて分断と対立に持っていきたいのかな
@saladin4733 @ken16649608 @wRmoX8dXNhjowAp はい( ´ ▽ ` )ノ
@minorit403 多分、そっちがデマではなく、無法地帯ってのがデマだって話では?ちょっと盛りましたよね。おかげで信用ないツイートになってました。 https://t.co/26eDWeik59 https://t.co/w4wg8wpUPl
@minorit403 神戸にも友人の手助けに何度も通いましたが、住民同士の関係が密になり、警官、消防団員、自衛隊員等が集結しておりむしろ犯罪を行うのは難しかったと思いますね。 阪神大震災後、治安は良好であり、自然災害は犯罪を減少させるという一般的な傾向を裏付けた。 https://t.co/dEtiZ0AR7c
一般に自然災害は被災者の間や社会全体で連帯意識を生成、強化させ、犯罪を減少させる効果を持つ。http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/10420011 らしいが、一応お気をつけください。
阪神時の犯罪の話って遡っても「友だちに聞いた」っていう都市伝説レベル。不安を煽らないように! http://kaken.nii.ac.jp/d/p/10420011 @YousayKawakubo バーバルさんが明確にまとめられています。@ConticsMusic:
いたずらに不安を煽るな。 『日本では、大震災後には無警察状態となり、社会が解体して犯罪が急増するという認識が広がっているが、そのような認識は妥当ではない。』 http://kaken.nii.ac.jp/d/p/10420011 @natalystyle @naokoken77
@LALA_vermilion http://kaken.nii.ac.jp/d/p/10420011

収集済み URL リスト