著者
生田 和良 小野 悦郎
出版者
大阪大学
雑誌
特定領域研究(A)
巻号頁・発行日
1998

ボルナ病ウイルス(BDV)は神径細胞親和性のマイナス鎖、一本鎖のRNAウイルスで、これまでに少なくとも6遺伝子が同定されている。感染細胞には、p40(ヌクレオプロテイン)とp24(リン酸化蛋白)が主要ウイルス蛋白として検出されるが、ウイルス粒子にはp40蛋白が主要で、p24蛋白はほとんど倹出されない。BDVは、ウマに脳炎症状を引き起こすウイルスとして分離された。ヒトにおいては、精神疾患患者とBDV感染との関連性が指摘されている。私たちはこれまでに、パーキンソン病(PD)患者の剖検脳(黒質領域)において、BDV感染が高率(9例中6例)に認められることを初めて見いだした。また、陽性であった6例中の4例において、新生仔スナネズミ脳内へのBDV伝播が可能であった。本研究では、PD病態におけるBDVの関与の可能性を検討した。BDVを脳内接種した新生仔スナネズミにおいて、接種BDVの感染価依存的にBDV脳内伝播が激しく、歩行異常等の症状後、死亡するまでの時間も速く経過した。接種したBDVの感染価にかかわらず、脳幹部でBDVが検出できる時期にほぼ一致して神経症状が観察された。このBDV接種スナネズミでは、抗p40抗体はほとんど検出されずに抗p24抗体が検出された。さらに、p24遺伝子をGFAP、ヒトセロトニン受容体遺伝子プロモーターの下流に導入することにより、脳内でp24蛋白を発現するトランスジェニックマウスを作出したところ、一部の系統で神経症状(首振りや歩様異常など)が認められ、BDV発現が海馬や小脳において認められた。以上、脳内の特定部位へのBDV持続感染が成立し、p24が発現することが神経症状出現へと導く可能性が示唆された。

言及状況

教えて!goo (2 users, 3 posts)

パーキンソン病について 脳はニューロン(神経細胞)とそれを養ったり保護するグリア細胞から構成されています。 ニューロン同士は互いに神経突起(軸策と樹状突起)を出し合って、信号をやり取りしています。その信号のやり取りはニューロンとニューロンの間にあるシナプスという接合部で行われます。 電気信号がシナプスに伝わると、シナプスでは化学伝達物質が放出されて、信号を次のニューロンに伝えるわけです ...
誤診でありなおることもあるご病気ならよろしいですね。 私は誤診でなくパーキンソン病であったとしても免疫療法などで免疫が活性化すれば治る可能性があると思います。 ひょっとしておっしゃる義母さんも何らかで免疫が活性化して治ったのかもしれません。 少し長くなりますが私の知識の中で、参考のページを添付しパーキンソン病の原因について記します。 脳はニューロン(神経細胞)とそれを養ったり保護 ...
個人的な意見ですが、私の場合でしたらハスミワクチンや丸山ワクチンを無駄となっても躊躇なく使用します。 なぜなら、パーキンソン病も何らかのウイルスが原因となる疾患というのが正しいと思いますし、免疫の活性が起きればウイルスの排除において、なにがしかの改善も期待できると思うからです。 パーキンソン病は、脳の黒質という部分の神経細胞が減少することが原因です。 この神経細胞は「ドパミン」という神 ...

収集済み URL リスト