著者
張 子見
出版者
大阪大学
雑誌
特別研究員奨励費
巻号頁・発行日
2014-04-25 (Released:2015-01-22)

今年度は、当初から研究計画であった、福島第一原子力事故由来のホットパーティクル(HP)の破壊分析に史上はじめて成功した。帰宅困難区域で採取された環境試料から、オートラジオグラフィーによって強放射能源の位置を特定し、最終的に顕微鏡下でHP粒子を取り出した。単離されたHPを、高純度ゲルマニウム半導体検出器で測定し、HPに含まれる放射性セシウムを定量した。この放射能測定の結果から、Cs-134/Cs-137放射能比が得られる。この放射能比は、福島第一原子力発電所の原子炉ごとに異なる値をとるため、それらの値との比較から、今回採取されたHPがすべて一号機から放出されたことが推測できた。アルカリ溶融法によってHPを溶液化したのち、固相抽出―イオン交換法によってSr-90を分離した。分離されたSr-90を含む溶液をチェレンコフ光測定することで、Sr-90の放射能を定量した。これまで、計6つのHPに対して上記のSr-90分析を行った。HPに含まれるSr-90は最大で1.3 Bqであった。また、Sr-90/Cs-137放射能比は、すべて0.0001のオーダーであった。これらの結果から、今回分析対象としたHPのSr-90の含有量は低く、Sr-90による人体への被ばく影響はCs-137に比べて無視できると言える。この傾向は、事故後に行われた大規模な陸域の調査からも知られている。一般的に、原子炉過酷事故において、Csは、核燃料から放出されやすい揮発元素として知られており、Srは、比較的放出されにくい非揮発性核種として知られている。定性的にいえば、SrはCsに比べて核燃料からの放出率が低いために、最終的に環境中に放出された放射性物質のSr-90/Cs-137放射能比は低い傾向にある。これら成果は、測定試料の公開手続きを経て、随時論文化して発表する予定である。

言及状況

Twitter (4 users, 8 posts, 6 favorites)

KAKEN — 研究課題をさがす | 福島原子力発電所事故由来のホットパーティクルによる事故状況の解明 (KAKENHI-PROJECT-14J01748) https://t.co/wGnbgEhvck #ss954
HPに含まれるSr-90は最大で1.3 Bqであった。また、Sr-90/Cs-137放射能比は、すべて0.0001のオーダーであった。これらの結果から、今回分析対象としたHPのSr-90の含有量は低く、Sr-90による人体への被ば… https://t.co/lUUu9zhWDy
〜ストロンチウム-90 / ホットパーティクル / アルカリ溶融 / Sr-90/Cs-137 放射能比 / セシウムボール / ストロンチウム90 / チェレンコフ光測定 / Sr-90/Cs-137〜福島第一原子力事故 〜 福… https://t.co/qFE1cuZ2WC
@s_nkd1024 フォロワーさんから教えていただきました。 「セシウムボールに関する論文ならたとえば https://t.co/aibn34P6v5 」
福島原子力発電所事故由来のホットパーティクルによる事故状況の解明 完了(2016年度) https://t.co/IWN1xP1rex 今年度は、当初から研究計画であった、福島第一原子力事故由来のホットパーティクル(HP)の破壊分… https://t.co/a7p1V3Thki
2016 年度 実績報告書 福島原子力発電所事故由来のホットパーティクルによる事故状況の解明 https://t.co/lw4WlF3990 計6つのHPに対して上記のSr-90分析を行った。HPに含まれるSr-90は最大で1.3… https://t.co/nReuOMp0i3
2015 年度 実績報告書 福島原子力発電所事故由来のホットパーティクルによる事故状況の解明 https://t.co/fqj2CiDUkv
2014 年度 実績報告書 福島原子力発電所事故由来のホットパーティクルによる事故状況の解明 https://t.co/I1HGDwDIGB

収集済み URL リスト