著者
斉藤 了文
出版者
関西大学
雑誌
萌芽研究
巻号頁・発行日
2003

今年度は、公開講演会を4回行った。羽原敬二(関西大学教授)、中里公哉(九州大学非常勤講師)、藤本温(名古屋工大助教授)、井上能行(東京新聞)、佐藤健宗(弁護士)、山田健二(北見工大)、張明国(北京化工大学文化法律学院STS研究所)、岡田佳男(雪印)の諸氏の講演である。これによって、研究課題に関する議論を深めることができた。そして、成果としては長い論文が一つ、事例報告が4つある。なお、著書として単著が一つ、編著が一つ、また著書の中での論文として一つが公刊された。また、中国の東北大学で、工学倫理を含めた国際会議に出席して講演を行った。これらによって、制度を手がかりとした、人工物に関わる失敗知識の位置づけに関しては、成果の公表の点でもある程度の成果をあげることができた。去年と今年の研究会を通じて、「制度を手がかりとした、人工物に関わる失敗知識の位置づけ」には、工学内の分野の違いによって、様々な問題領域があることが見取られた。例えば、航空機の分野、船舶の分野、食品の分野、原子力の分野、化学工学の分野、情報システムの分野、等々において、問題とされるポイントも異なり、それに対処する方法も異なっている。従って、単純に「テクノロジー一般」について語る方法は見つからない。ただ、各分野の基本概念を抽出することによって、ある程度の鳥瞰的な見通しを得ることは必要とされる。それを通じて、科学技術の失敗そのものだけでなく、それと深い関連を持つ科学ジャーナリズム、法律、国際関係などの社会技術の寄与も重要になる。これらをどのように整理するかが今後の課題となる。

言及状況

Twitter (2 users, 8 posts, 1 favorites)

こんな研究ありました:制度を手がかりとした、人工物に関わる失敗知識の位置づけ(斉藤 了文) http://t.co/LwUrx7kj
こんな研究ありました:制度を手がかりとした、人工物に関わる失敗知識の位置づけ(斉藤 了文) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/15652003
こんな研究ありました:制度を手がかりとした、人工物に関わる失敗知識の位置づけ(斉藤 了文) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/15652003
こんな研究ありました:制度を手がかりとした、人工物に関わる失敗知識の位置づけ(斉藤 了文) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/15652003
こんな研究ありました:制度を手がかりとした、人工物に関わる失敗知識の位置づけ(斉藤 了文) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/15652003
こんな研究ありました:制度を手がかりとした、人工物に関わる失敗知識の位置づけ(斉藤 了文) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/15652003
RT @kakentter: こんな研究ありました:制度を手がかりとした、人工物に関わる失敗知識の位置づけ(斉藤 了文) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/15652003
こんな研究ありました:制度を手がかりとした、人工物に関わる失敗知識の位置づけ(斉藤 了文) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/15652003

収集済み URL リスト