著者
千田 有紀
出版者
武蔵大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2015-04-01

本研究の最終的な目標は、以下の3点である。1.カルフォルニアにおける運動と日本における運動を比較し、日米社会の比較研究を行う。2.エコロジーとフェミニズムの関係を理論的・思想的に問い直す。3.アメリカのカリフォルニアでの反原子力運動を記録し、日本の運動と比較を分析を行う。また本研究は、母性に代表されるような家族に関する語彙の思想的意味を問いなおし、エコロジーとフェミニズムの関係を精査し、理論的に深化させることを目的としている。今年度はこの部分に集中的に取り掛かり、日本における「母性」、とくに「父性」との関係において、「母性」がどのように使われているのかについて検討した。とくに離婚後の家族における「母性」と「父性」の対立について、考察した。日本女性学会において「法律は、離婚後の親子関係に介入すべきなのか―面会交流は親の権利か、子どもの権利か、それとも義務か」というタイトルで、パネリストとして発表を行った。また『女性学』25号に「法律は、離婚後の親子関係に介入すべきなのか―面会交流は親の権利か、子どもの権利か、それとも義務か」という同名の論文が、掲載された。また家族にはらまれる暴力の問題がどのように日本社会で法的に制度化されているのかについて問い、「家族紛争と司法の役割──社会学の立場から」にまとめた。調査としては、今年度は日本において、福島からの女性避難者の聞き取り調査など、ライフヒストリーを聞き取ることを進めた。

言及状況

Twitter (30 users, 36 posts, 13 favorites)

@COM5THFLT https://t.co/3GTV1ek890 最初の段階では順調に進んでいると書いているのに、徐々に徐々に遅れていると言う記述になってるみたいですが、私には単に見通しが甘いだけだと思うんですが気のせいでしょうか?
.@Dam_midorikawa さんのコメント「.@Dam_midorikawa あった https://t.co/wil9CVFdNV」にいいね!しました。 https://t.co/aTHZNbXXdc
.@Dam_midorikawa さんのコメント「.@Dam_midorikawa あった https://t.co/ueUJO9dsDr」にいいね!しました。 https://t.co/IE0nYq4Raw
.@Dam_midorikawa さんのコメント「@Dam_midorikawa あった https://t.co/BKDZnsZPOO」にいいね!しました。 https://t.co/Nd7DuWlHQN
.@Dam_midorikawa さんのコメント「@Dam_midorikawa あった https://t.co/jVBHgisC7J」にいいね!しました。 https://t.co/wfoRZQ04TI
査読論文が院生時代のみらしいという千田有紀武蔵大学社会学部教授の科研費のHPから。 エコロジカル・フェミニズムの日米比較研究、と称して研究中と。研究中に、安倍政権の「一億総活躍社会」と女性政策、と題して2016年に韓国のPan-Yellow Sea Forumで学会発表したと。 https://t.co/QdoPVwa6v6
@edgeofwsttokyo この内容で455万円の #科研費 もらえるんだって。成果物が特定の団体の季刊雑誌の対談とか師匠のよいしょとか・・・社会学ってなに? エコロジカル・フェミニズムの日米比較研究 https://t.co/HdcGnALW2z
@kAssy0121 https://t.co/iLNIi2bx0H 「有機農法やスローライフといった運動が、放射性物質にどう立ち向かえるのかを考えさせられ、また運動のあり方の再考がせまられたという。」 ???
@PA_ischildabuse 本業で4.5百万円もの科研費を貰って「やや遅れている」、成果物は左翼系の聞いたこともない季刊雑誌への寄稿とは・・・ 民間企業なら最低の業績査定でしょうにw KAKEN — 研究課題をさがす | エコロジカル・フェミニズムの日米比較研究 (KAKENHI-PROJECT-15K01925) https://t.co/8Cl97Ys6C4

収集済み URL リスト